このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
難治性不眠症に対する穿刺および貫通灸療法の臨床効果を観察すること。
方法
合計60人の被験者を無作為に各群30人ずつ治療群と対照群に分けた。治療群は穿刺および浸透灸療法で治療し、浸透灸治療で対照群、毎日1回投与した、2群の患者は20回治療し、有効性、ピンズバーグ睡眠品質指数(PSQI)および伝統的漢方薬の症状、2つのグループ間の安全性評価。
結果
治療後10、20回と比較して、治療群(93.3%)の有効率は対照群(80.0%)のそれより高かった(P P <0.01)。治療後10、20回と比較して、治療群は総スコアとPSQIの積分を改善する点で対照群より優れている(P <0.05またはP P <0.01またはP<0.05); 治療前と比較して、治療後20回では、2群のPSQIおよびTCM症状パターンスコアは有意に減少した(<0.01)。治療群は、TCM症状パターンスコア、眠りにくさ、動悸、健忘症、発汗、発汗、集中力障害の改善において、対照群よりも優れています( <0.05)。 結論 穿刺および浸透灸療法は、難治性不眠症の治療において安全かつ効果的であり、その治療は、浸透灸のみを使用する療法の治療効果を改善することができる。 前の記事次の記事 キーワード 睡眠開始および維持障害穿刺灸療法無作為化対照トレイル 前書き 不眠症は、通常は正常な睡眠をとることができないという患者によって特徴付けられる。現代社会における競争の激化、人々の生存および生命の圧力がますます大きくなってきており、不眠症の発生率は年々上昇している。世界保健機関(WHO)の調査によると、世界中で約27%の人々が不眠症にかかっています。1難治性不眠症の期間はより長く、症状はより重症でした。それは人々の生活の質に悪影響を及ぼす。診療所では、不眠症の治療には鎮痛薬が一般的ですが、そのような鎮痛薬の長期使用は、耐性、薬物離脱症候群、中毒、肝臓および腎臓損傷器官などの深刻な副作用を容易に引き起こします。2、3 したがって、難治性不眠症のための安全で効果的な治療法の開発は非常に重要です。一次実験は、浸透性灸療法が経絡を温め、気と血の流れを促進して複数の急性または慢性症状を治療する機能を有することを明らかにした。4、5、6、7、8、9、10、11 難治性不眠症は病気の長いコースを有し、傷つけることができる内臓を、簡単の停滞につながる気及びうっ血症状。貫通灸療法に基づき、難治性不眠症の治療に穿刺血液療法が追加された。穿刺および貫通灸療法は、陰陽、臓器を調整し、血液循環を活性化し、そして鬱血を除去する能力を有する。 本研究の目的は、難治性不眠症に対する穿刺および浸透灸療法の臨床効果および臨床研究におけるその普及を調査することであった。 材料および方法 この無作為化対照試験は、2015年2月から2016年3月まで、河南省伝統医学大学附属第3附属病院から募集された外来患者で実施されました。 2014-lcyj-10)。この研究はヘルシンキ宣言の倫理的ガイドラインに従った。提供されたすべての患者はインフォームドコンセントを書面で提供した。 診断基準 診断基準と中国医学的症状の診断と治療効果のための基準の程度とアメリカ精神医学会の診断と統計マニュアル‐IV(DSM ‐ IV)に従う。12、13不眠症のコースは、急性(疾患の経過は以下の4週間に等しい)、亜急性(疾患の経過:4週間以上6ヶ月未満以上)に分けることができると遅い期間(疾患の経過であります6か月以上)。本研究では、ケーススタディとして慢性難治性不眠症の患者を選択した。 包含基準 試験の選択基準は以下の通りである:(a)患者は診断基準に適格であった。(b)患者の年齢:65歳以下および18歳以上。患者は、インフォームドコンセントを得てこの研究に自発的に参加し、彼らの治療に固執した。(c)治療を受ける前の1週間以内に経口鎮静薬を服用していなかった患者。(d)患者の疾患期間は6ヶ月以上である。 除外基準 除外基準は以下の通りであった。(a)患者の年齢が18歳未満または65歳以上である。(b)続発性不眠症の患者は精神疾患または身体疾患によって引き起こされます。(c)不眠症の患者は精神科の薬や飲酒によって引き起こされます。(d)妊娠中および授乳中の女性。 無作為化計画の実施 ソフトウェアSPSS 18.0(SPSS Status for Windows、バージョン18.0、米国イリノイ州シカゴのSPSS Inc.)を備えたコンピュータ化ランダムシーケンスジェネレータを使用してランダム化を行った。患者は訪問の順序に従って番号付けされた。乱数は完全無作為化の方法によって生成された。患者を無作為に治療群と対照群(1:1の配分比)に分けた。 手続き この研究は、無作為化、単盲検、対照臨床試験でした。60人の患者が上記の基準に従って登録された。患者は、我々の研究手順とプロトコルに従ってグループ分けされ調査された。治療群の患者は浸透性灸で治療された治療。対照群の患者は、穿刺および貫通灸療法で治療され、治療の各コースは、1回の穿刺血液療法に基づく貫通灸を追加された。2つのグループは1日1回毎日治療されました。1治療期間は5日続き、2日間隔で投与する。評価はそれぞれ10回および20回行った。患者は26日間研究した。研究期間中に患者が何らかの重篤な有害反応を示した場合は、直ちに治療を中止しました。 介入 対照群:患者は浸透性灸療法で治療された。14のツボ:Xinshu(BL 15)、Geshu(BL 17)、Ganshu(BL 18)及びPishu(BL 20)。15のオペレーショナル・アプローチ:患者がかかったうつ伏せバックにして露出を。ツボ領域の皮膚を75%アルコールで消毒し、0.30×25 mmの鍼治療を選択した 針は、針を操作するために片手を使用する方法を採用した。経穴は、脊椎の方向に13〜20mm鍼治療された。針を挿入した後に挿入、ねじりおよび強化 - 減少の鍼治療を行った。ねじれの角度は90から180度の間であり、周波数はわずか60から90です。挿入の大きさは0.3〜0.5 cm、周波数は60〜90分で、その後De Qiの感覚がありました。灸の後棒は点火され、灸箱の中の2つのランクでネット上に6つのセクションの灸スティックが置かれ、そしてそれぞれのランクは3つのセクションから放出された。灸箱を後ろにしっかりと置いて、針挿入で覆いました。箱の中の酸素摂取量および火力を制御するために、灸箱の上部キャップを約1.5cm開けた。まず、灸箱の上をろ布(大きさ:75 cm×75 cm)で覆い、それから箱の周りを4枚の同じ大きさのろ布で覆い、大量の煙を防いだ。リアルタイムで温度を監視するために、デジタル体温計のプローブを灸箱の側壁のプローブ穴に挿入した。温度計の画面には灸箱の中の温度が表示されます。浸透灸の時間は30分であった、16灸が終わった後、患者は暖かく保つために注意を払う必要があります。浸透灸療法は毎日1回行われ、治療コースは5日間であり、2日間の治療コースのために休み、4回の治療は20回治療された。 治療群:患者は、穿刺および貫通灸療法を受けた。(a)浸透灸療法を実施すべきである。(b)各治療コースに1回の穿刺血液療法を追加した。穿刺による血液療法の注意点:Xinshu(BL 15)、Geshu(BL 17)およびGanshu(BL 18)。治療では、経穴の片側を選択し、両側を交互に使用した。手術方法:ツボ領域の皮膚を0.5%ヨードフォアで消毒した。ツボの皮膚をすばやく刺し、三本針で少し出血させ、各ツボを3〜4回刺した。ガラスジャー(外径:6.6cm、内径:4.5cm)は完全な吸引力を形成した。フラッシュファイアカッピング療法による刺した皮膚で、10分間保持する。各ガラス瓶の出血量は約2〜5 mLでした。洗浄された血液の汚れ滅菌ドライコットンボールでは、ガラスの瓶を取り出した後。Xinshu(BL 15)、Ganshu(BL 18)を同期して刺した(1つのガラス瓶で各ツボ)、次にGanshu(BL 18)を手術した。これは、3つのツボが非常に近いために同時にカッピングできないためです。 材料 ニードリング器具 この研究では使い捨ての滅菌針を使用した。鍼は、蘇州、医療用品工場有限会社によって製造されました。製造ライセンスの数:蘇食品監督機械生産xu 20010020によって発行された医療機器生産企業のための許可。登録番号:蘇食品監督機器(準):2012年2270864日。仕様:φ0.30mm×25 mm。 蘇州医薬品工場有限会社によって製造されたこの研究では三角針を使用した。生産許可証の番号:蘇食品監督機械生産xu 20010020によって発行された医療機器生産企業のための許可。登録番号:蘇食品監督機器(準):2012年2270863日。仕様:φ0.16mm×65 mm 三本針は使用前に高圧蒸気滅菌処理した。 モキサスティック 本研究で使用したMoxaスティック(保存年数:3年、品種:Qiai)は、Nanyang baicao tang有限会社によって作成されました。実行基準:Q / NYBC 02-2011。仕様:φ18mm×200 mm 試験中、すべての灸スティックは6つのセクションに分けられました。各区画の長さは約3cmであった。 灸ボックス 試験用灸箱は、国家特許(特許番号:ZL200720092865.0)を取得しています。灸箱の大きさは縦30センチ、横22センチ、高さ17センチでした。箱の網の高さは7 cmで、燃えている灸スティックを網の上に置いた。箱のプローブ穴は1cmの高さであった。箱の中の温度を調べるために、温度計プローブを穴に挿入しました。 デジタル体温計 デジタル温度計は北京一デュ計器工場によって製造されたこの研究で使用された。製品標準コード:No. 01060112。レンジ能力: - 50 + 200℃。 温度計の校正 この温度計は沸騰水(100℃)で校正されています。較正された温度がT 1、ボックス内の温度がT 2、ボックス内の実際の温度がT 3であるとします。Tもし1 = 100℃、T 3 = T 2。T1 ≠100℃の場合、T3= T2 ×100 / T1である。 温度計と灸箱の間の接続 体温計のプローブの長さは約11cmでしたが、その前の敏感な部分は約4cmなので、灸ボックスの中の温度を検出するために前部を約4cmの箱に入れました。プローブがネットに近づきすぎず、燃えている灸スティックが高温を検知して衝撃を与えることによる高温を防ぎます。挿入されたプローブはリアルタイムの温度を監視することができます。温度計スクリーンは箱の中の温度を表示することができます。 結果 ピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI):PSQIは、ピッツバーグ大学の睡眠研究センターのBuysse DJ教授によって設計されました。それは患者の睡眠の質と量によって特徴付けられ、それらは一緒に評価されたので、それは高い信頼性を持っていました。それぞれ、睡眠の質を治療前、治療開始後10回および20回の尺度で評価した。6つの要因が睡眠の質、転倒時間、睡眠時間、睡眠効率、睡眠障害をカバーしますそして日中の機能は等級で構成されていました。各因子は0〜3に従って等級付けされ、各因子の累積スコアはPSQIの合計スコアです。PSQIの合計スコアは0〜18であり、スコアが高いほど睡眠の質が悪くなります。17年 TCM症状スケール:スケールが策定したが、中国医学の臨床研究のためのガイドラインから不眠症を参照してください新薬。体重計に含まれている8つの要因は、眠りにくく、猥褻さと穏やかな眠り、朝の眠気、動悸と恐怖、健忘症、不快感、発汗と不注意が評価されました。ある程度までは、患者との生活の質は反映され得る。各因子は0〜3に従って等級分けされています。スケールは不眠症に関連する最近の症状を評価するために使用されました。18年 臨床効果:臨床効果は、漢方薬用新薬の臨床ガイドラインに従って評価された。回復:患者の睡眠時間は通常に戻るか、夜間に6時間以上眠ります。目覚めた後、患者は深い睡眠をとり、眠気を感じなかった。優:患者は有意に改善した。患者の睡眠時間は3時間を超えて長くなり、より深い睡眠をとった。有効:患者の症状は緩和され、睡眠時間は治療前3時間以内でした。無効:治療後に有意な改善または抗悪化はなかった。 統計分析 収集したデータをSPSS 18.0統計ソフトウェア(SPSS Status for Windows、バージョン18.0、SPSS Inc.、シカゴ、イリノイ州、米国)によって統計的に分析した。電卓情報はχで処理された2試験・臨床的有効性がで分析した順位和検定。測定データは平均値±標準偏差として表される( ± s)。グループ間の差異を検定するために、グループデザインt検定および対応デザインt検定を行った。有意水準はP <0.05 に設定した。 結果 難治性不眠症の合計60人の患者が評価された。それらは治療群(n = 30)と対照群(n = 30)に無作為に割り付けられた。60人の患者は、非脱落及び排除場合(プログラムに従って、臨床試験を完了した図1)。 高解像度画像をダウンロードする(288KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。研究の手順 性別、年齢、疾患の経過、PSQIスコアおよび漢方薬症状(TCMS)スコアなどの患者のベースライン情報は類似しており、グループ間で有意差はなかった(表1)。 表1。2つのグループのベースライン情報 グループ n 性別(n) 年齢(歳) コース(月) PSQIスコア TCMSスコア 男性 女性 分 マックス 平均( ± s) 最短 最長 平均( ± s) 処理 30 13年 17年 23 63 45.3±11.2 12年 120 56.7±35.1 17.2±1.6 17.4±2.0 コントロール 30 14年 16 18年 62 42.1±11.6 6 120 46.1±33.6 17.0±1.0 17.5±1.6 注:ベースライン時の2群の患者の特徴。浸透灸療法で治療された対照群、毎回30分、1日1回、20日間。各治療過程で1回の穿刺式血液浸潤灸療法を追加した治療群。PSQI :ピッツバーグ睡眠品質指数。TCMS:漢方薬の症状 両群間の臨床総実効率の比較 治療群と対照群の合計効果率は73.3%と70.0%であった。10回の治療後に2群間に統計的有意性はなかった(P > 0.05)。治療群の一般的効率は20回後に対照群80.0%より93.3%良かった(P <0.05)。両群とも難治性不眠症の治療に対して良好な治療効果を示したが、その効果は、穿刺血液療法の数が増加するにつれて、対照群よりも治療群において優れていた(表2)。 表2。2群における臨床総実効率 治療時間 グループ n 回復(n) 優秀(n) 有効(n) 無効(n) 実効金利(%) Z値 P値 10年 処理 30 2 10年 10年 8 73.3 0.26 0.79 コントロール 30 2 9 10年 9 70.0 20 処理 30 7 16 5 2 93.3 2.03 0.04 コントロール 30 4 11 9 6 80.0 注:浸透灸療法で治療された対照群、毎回30分、1日1回、20日間。各治療過程で1回の穿刺式血液浸潤灸療法を追加した治療群。P:10または20回の治療後の治療群対対照群。 治療前後の2群間のPSQIスコアの比較 ペアリング後のt 検定、睡眠の質、立ち下がり時間、睡眠効率、睡眠障害、昼間機能およびPSQIスコアは、10回後の治療群における治療前のそれよりも有意に改善した( P <0.05またはP <0.01)。 、改善なしの睡眠時間(P> 0.05)。対照群は、睡眠の質、立ち下がり時間、睡眠時間、睡眠障害およびPSQIスコア(P<0.05)、睡眠効率および改善なしの昼間機能(P> 0.05)において明らかな効果を有する(表3)。 表3。PSQIスコアは10群治療前後の2つのグループで比較された 索引 n 治療グループ 対照群 ± s t値 Pの値 ± s t値 b P値 睡眠の質 30 前 2.43±0.50 4.09 0.00 前 2.57±0.50 2.28 0.03 30 10回 2.07±0.45 10回 2.30±0.47 秋眠時間 30 前 2.43±0.50 3.52 0.00 前 2.40±0.49 3.00 0.01 30 10回 2.03±0.32 10回 2.03±0.56 睡眠時間 30 前 2.50±0.51 1.96 0.06 前 2.40±0.50 0.72 0.48 30 10回 2.20±0.61 10回 2.30±0.54 睡眠効率 30 前 2.37±0.49 2.25 0.03 前 2.43±0.50 0.53 0.60 30 10回 2.13±0.51 10回 2.37±0.49 睡眠障害 30 前 2.67±0.48 4.29 0.00 前 2.53±0.51 3.79 0.00 30 10回 2.03±0.62 10回 2.10±0.40 デイタイム機能 30 前 2.70±0.47 4.94 0.00 前 2.50±0.51 1.36 0.18 30 10回 1.90±0.66 10回 2.30±0.59 PSQIスコア 30 前 17.17±1.56 17.07 0.00 前 17.03±0.96 13.51 0.00 30 10回 12.37±1.07 10回 13.40±0.18 注:浸透灸療法で治療した対照群、毎回30分、1日1回、20日間。各治療過程で1回の穿刺式血液浸潤灸療法を追加した治療群。PSQI:ピッツバーグ睡眠品質指数。 ある P:治療群における治療前対治療後10回の治療後。 b P:対照群において治療前対治療後10回。 20回の治療後、両群のPSQIと各因子のスコアは以前よりはるかに低かった(P <0.01)。両群におけるPSQIおよび各因子のスコアは、複数回治療後に明らかに改善した(表4)。 表4。PSQIスコアは20群の治療の前後に2群で比較された 索引 n 治療グループ 対照群 ± s t値 Pの値 ± s t値 b P値 睡眠の質 30 前 2.4±0.5 9.38 0.00 2.6±0.5より前 6.91 0.00 30 20回 1.2±0.5 20回1.6±0.5 秋眠時間 30 前 2.4±0.5 11.93 0.00 2.4±0.5より前 6.14 0.00 30 20回 1.2±0.4 20倍1.5±0.5 睡眠時間 30 前 2.5±0.5 10.93 0.00 2.4±0.5より前 6.50 0.00 30 20回 1.2±0.4 20倍1.5±0.5 睡眠効率 30 前 2.4±0.5 9.92 0.00 2.4±0.5より前 5.80 0.00 30 20回 1.3±0.4 20回1.6±0.5 睡眠障害 30 前 2.7±0.5 8.64 0.00 2.5±0.5より前 5.76 0.00 30 20回 1.5±0.6 20倍1.7±0.4 デイタイム機能 30 前 2.7±0.5 15.05 0.00 2.5±0.5より前 7.58 0.00 30 20回 1.0±0.3 20倍1.4±0.5 PSQIスコア 30 前 17.2±1.6 31.75 0.00 17.0±1.0より前 24.91 0.00 30 20回 7.5±0.9 20倍9.3±1.1 注:浸透灸療法で治療した対照群、毎回30分、1日1回、20日間。各治療過程で1回の穿刺式血液を用いた灸療法を追加した治療群。PSQI:ピッツバーグ睡眠の質指数。 ある P:治療前vs治療群における後20回の治療後 b P:対照群において治療前対20治療後。 PSQIスコアは10と20の治療後の2つのグループ間で比較 グループ設計の後のT -testing、治療群は10回(後PSQIスコアと昼間機能の改善に、対照群よりも優位性を有していたP <0.05)、両群の間に他の要因のスコアに有意差は(存在しなかったP > 0.05)。20回の治療、PSQIのスコアおよび治療群の各因子は、穿刺血液療法の数が増加するにつれて(P<0.05またはP<0.01)、対照群のそれよりも良好であった(表5)。
表5。PSQIスコアは、10回および20回の治療後に2つのグループ間で比較された
索引 グループ 10回の治療 20回の治療
n ± s t値 Pの値 ± s t値 b P値
睡眠の質 処理 30 2.1±0.4 −1.97 0.05 1.2±0.5 −3.80 0.00
コントロール 30 2.3±0.5 1.6±0.5
秋眠時間 処理 30 2.0±0.3 0.00 1.00 1.2±0.4 -2.19 0.03
コントロール 30 2.0±0.6 1.5±0.5
睡眠時間 処理 30 2.2±0.6 −0.68 0.50 1.2±0.4 -2.52 0.01
コントロール 30 2.3±0.5 1.5±0.5
睡眠効率 処理 30 2.1±0.5 −1.81 0.08 1.3±0.4 -2.43 0.02
コントロール 30 2.4±0.5 1.6±0.5
睡眠障害 処理 30 2.0±0.6 −0.50 0.62 1.5±0.6 -2.01 0.03
コントロール 30 2.1±0.4 1.7±0.4
デイタイム機能 処理 30 1.9±0.7 -2.46 0.02 1.0±0.3 −3.12 0.00
コントロール 30 2.3±0.6 1.4±0.5
PSQIスコア 処理 30 12.4±1.1 −3.87 0.00 7.5±0.9 −6.75 0.00
コントロール 30 13.4±1.0 9.3±1.1
注:浸透灸療法で治療した対照群、毎回30分、1日1回、20日間。各治療過程で1回の穿刺式血液を用いた灸療法を追加した治療群。PSQI:ピッツバーグ睡眠の質指数。
ある
P:10回の治療後の治療群対対照群
b
P:20回の治療後の治療群対対照群。
治療前後の2群間のTCMSスコアの比較
設計ペアリング後のT -testingを、困難は、朝眠い、スリープ状態に動悸や恐怖、不快感、発汗、不注意とTCMSスコアが10時間の後、治療群において治療前に比べて有意に改善した(P <0.05またはP <0.01) 、猥褻さおよび情熱的な睡眠、改善なしの健忘症(P > 0.05)。対照群は、眠りにくさ、卑猥および快眠、朝の眠気、健忘症、不快感、発汗、不注意およびTCMSスコア(P <0.01またはP <0.05)、動悸および恐怖の改善なし(P = 0.05)に明らかな効果を有する(表) 6)20治療後、TCMSと両群の各因子のスコアは以前よりはるかに低かった(P <0.01)。両群におけるTCMSおよび各因子のスコアは、複数回治療後に明らかに改善した(表7)。 表6。TCMSスコアは10治療の前後に2群で比較した 索引 n 治療グループ 対照群 ± s t値 Pの値 ± s t値 b P値 眠りにくい 30 前 2.7±0.5 3.53 0.00 前 2.6±0.5 4.07 0.00 30 10回 2.3±0.4 10回 2.1±0.4 猥褻さと穏やかな眠り 30 前 2.4±0.5 1.56 0.13 前 2.5±0.5 2.52 0.02 30 10回 2.1±0.7 10回 2.2±0.5 眠い朝 30 前 2.3±0.5 2.63 0.01 前 2.4±0.6 2.52 0.02 30 10回 2.0±0.6 10回 2.1±0.4 ときめきと恐怖 30 前 2.4±0.6 2.80 0.00 前 2.3±0.7 2.01 0.05 30 10回 1.9±0.6 10回 1.9±0.7 健忘症 30 前 2.2±0.5 1.65 0.11 前 2.3±0.6 2.19 0.04 30 10回 2.0±0.6 10回 2.0±0.5 不快気分 30 前 2.3±0.5 2.57 0.02 前 2.3±0.5 3.50 0.00 30 10回 1.9±0.6 10回 1.8±0.6 発汗 30 前 2.3±0.5 3.07 0.00 前 2.4±0.7 3.29 0.00 30 10回 1.8±0.6 10回 1.9±0.6 不注意 30 前 2.5±0.6 4.29 0.00 前 2.5±0.8 3.07 0.01 30 10回 1.8±0.5 10回 2.0±0.7 TCMSスコア 30 前 17.4±2.0 5.15 0.00 前 17.6±1.5 4.79 0.00 30 10回 15.3±0.9 10回 16.0±1.6 注:浸透灸療法で治療した対照群、毎回30分、1日1回、20日間。各治療過程で1回の穿刺式血液を用いた灸療法を追加した治療群。TCMS:漢方薬の症状 ある P:治療群における治療前対治療後10回の治療後。 b P:対照群において治療前対治療後10回。 表7。TCMSスコアは20治療の前後に2群で比較した 索引 n 治療グループ 対照群 ± s t値 Pの値 ± s t値 b P値 眠りにくい 30 前 2.67±0.48 12.99 0.00 前 2.60±0.50 9.13 0.00 30 20回 1.07±0.45 20回 1.53±0.51 猥褻さと穏やかな眠り 30 前 2.37±0.49 7.94 0.00 前 2.47±0.51 9.20 0.00 30 20回 1.27±0.52 20回 1.43±0.50 眠い朝 30 前 2.33±0.48 7.44 0.00 前 2.37±0.56 7.99 0.00 30 10回 1.27±0.45 10回 1.43±0.50 ときめきと恐怖 30 前 2.43±0.63 11.09 0.00 前 2.27±0.69 7.94 0.00 30 20回 0.87±0.43 20回 1.17±0.46 健忘症 30 前 2.23±0.50 9.87 0.00 前 2.30±0.60 6.91 0.00 30 20回 1.07±0.52 20回 1.37±0.49 不快気分 30 前 2.27±0.52 10.93 0.00 前 2.30±0.47 9.20 0.00 30 20回 0.97±0.56 20回 1.27±0.52 発汗 30 前 2.27±0.52 12.04 0.00 前 2.40±0.68 8.64 0.00 30 20回 0.93±0.25 20回 1.20±0.41 不注意 30 前 2.47±0.57 9.76 0.00 前 2.47±0.68 6.84 0.00 30 20回 0.93±0.52 20回 1.27±0.45 TCMSスコア 30 前 17.43±2.00 23.29 0.00 前 17.57±1.46 22.11 0.00 30 20回 8.37±0.89 20回 10.67±0.80 注:浸透灸療法で治療した対照群、毎回30分、1日1回、20日間。各治療過程で1回の穿刺式血液を用いた灸療法を追加した治療群。TCMS:漢方薬の症状 ある P:治療前vs治療群における20回後。 b P:対照群において治療前対20治療後。 10と20の治療後にTCMSスコアを2群間で比較した。 群デザインt検定の後、10回後に両群間でTCMSの改善に有意差はなかった(P > 0.05)。20回の治療では、治療群は対照群よりも眠りにくく、動悸と恐怖、健忘症、不快感、発汗、不注意およびTCMSスコアの改善に関して、穿刺血液療法の数が増加するにつれて(P <0.05またはP < 0.01)(表8)。 表8。10と20の治療後にTCMSスコアを2群間で比較した。 索引 グループ n 10回の治療 20回の治療 ± s t値 P値 ± s t値 b P値 眠りにくい 処理 30 2.27±0.45 1.29 0.20 1.07±0.45 −3.77 0.00 コントロール 30 2.13±0.35 1.53±0.51 猥褻さと穏やかな眠り 処理 30 2.13±0.68 −0.21 0.83 1.27±0.52 −1.26 0.21 コントロール 30 2.17±0.53 1.43±0.50 眠い朝 処理 30 1.97±0.62 −0.77 0.45 1.27±0.45 −1.35 0.18 コントロール 30 2.07±0.37 1.43±0.50 ときめきと恐怖 処理 30 1.90±0.61 0.00 1.00 0.87±0.43 -2.59 0.01 コントロール 30 1.90±0.71 1.17±0.46 健忘症 処理 30 2.00±0.64 0.00 1.00 1.07±0.52 -2.30 0.03 コントロール 30 2.00±0.46 1.37±0.49 不快気分 処理 30 1.93±0.64 0.60 0.55 0.97±0.56 -2.16 0.04 コントロール 30 1.83±0.65 1.27±0.52 発汗 処理 30 1.83±0.65 −0.63 0.53 0.93±0.25 −3.05 0.00 コントロール 30 1.93±0.59 1.20±0.41 不注意 処理 30 1.83±0.46 −1.35 0.18 0.93±0.52 -2.65 0.01 コントロール 30 2.03±0.67 1.27±0.45 TCMSスコア 処理 30 15.33±0.92 -1.89 0.06 8.37±0.89 −10.51 0.00 コントロール 30 15.97±1.59 10.67±0.80 注:浸透灸療法で治療した対照群、毎回30分、1日1回、20日間。各治療過程で1回の穿刺式血液を用いた灸療法を追加した治療群。TCMS:漢方薬の症状 ある P:10回の治療後の治療群対対照群 b P:20回の治療後の治療群対対照群。 安全性評価 研究中に、数人の患者が初めて鍼治療を受けた、彼らは鍼治療についての知識の欠如のために緊張していた。医者は患者に辛抱強く説明しました、そしてまた患者は鍼治療を経験しました、緊張は取り除かれました、そして、全体の治療は首尾よく完了しました。2つのグループの試験期間中に重大な有害事象は観察されず、2つの治療は安全でした。 討論 長期の臨床観察によると、我々は不眠症の変化と発症が規則的であることを見出した。病気の冒頭では、病原因子が防御面に違反し、防御的な気の不均衡を引き起こしました。陵シュウコウウェンのレコードを、守備のチーはで実行ヤンの日中の側面とそれはで実行陰の夜の様相。ヤンは、一方で活気づく陰陽もの、目のオープンを保つ低下し、陰陽ながら盛んヤンは、眼のは、閉じた状態に保つ低下します。睡眠と防衛気の流れの間には密接な関係がある。守備チーが体表面に作用すると人々はさわやかに感じます。防御的な気が身体の中を走ると、人は落ち込んで昏睡状態になります。19 Ying and Weiは、病原性因子が防御面に違反するとバランスが崩れ、それによってQiと血液の動きが停滞する可能性があります。 浸透灸療法は、古代医学における重い灸の理論に基づいており、数年の臨床経験と組み合わされた効果的な方法です。浸透灸は、灸スティックまたはオーダーメイドの灸箱を使用したことを指し、灸の熱は、浸透灸技術を使用することによって体の奥深くに浸透し、患者は安らぎ、膨張、重さ、そして重症感を伴う。かゆみを。灸の後、灸領域の紅潮、発汗および斑点の状態が示される。浸透灸は、灸の量と患者の体の反応に等しく注意を払います、十分な灸の量は前提であり、体の反応は臨床効果の標準です。そのため、浸透性灸は重度の灸の遺伝と発展であり、臨床応用により適しています。以前の臨床研究は、Back-shu点での灸の浸透が経絡を温め、内臓機能を調節する効果を持つことを示しています。20、 21 病気の時間が長い場合は、痰が体内に残っています。病原性の要因は、原因のチャンネルの枝に侵入することができ、血液うっ滞。蘇文は、言った:病気の時間は非常に長いです、肌が栄養を与えられていないので、それはしびれを感じている、栄養気と防衛気は調和していない、子午線がブロックされています。Yetianshi氏は、この疾患は初期段階で気の段階にあり、長い間チャネルの枝に入ったと述べた。穿刺型血液療法は、うっ血を除去し、チャネルを浚渫する機能を有する。22バックシュウポイントの分布は内臓の位置に近く、それらを刺すと内臓と経絡の鬱滞を効果的に取り除くことができます。Xinshu(BL 15)を刺すと心臓の経絡の鬱滞が取り除かれ、血液の流れがスムーズになります。穿刺甘粛省(BL 18)は気の流れを調整する効果があります。Geshu(BL 17)は8つの影響力のあるポイントの血を集めるポイントです。鍼Geshu(BL 17)で血行を活性化し、うっ血を除去することができます。この方法は、長期停滞を解消するという治療原理を具体化したものです。難治性不眠症患者は、長期間この疾患に罹患しており、内臓が損傷を受けており、病原因子が付随物に侵入して痰および止血の症候群を形成することがある。痰の停滞は、経絡を遮断し、内臓の損傷を悪化させる可能性があります。治療の原則は、内臓を調節し、血液循環を活性化し、そして鬱血を取り除くことです。したがって、穿刺型灸療法に基づいて、穿刺型および浸透性灸療法を形成するために、難治性不眠症の治療に穿刺型血液療法が追加された。治療は、内臓を調節し、止血を取り除き、心を落ち着かせる効果があります。 結論として、穿刺灸は、穿刺灸のみを使用する療法の難治性不眠症に対する治療効果を改善することができます。しかしながら、患者に対する長期追跡調査は実施されておらず、難治性不眠症に対する長期の効果を検証するために将来の試験が必要とされている。 参考文献 1 CR Soldatos 、FA Allaert 、T Ohta 、他。 個人はどのように世界中で眠りますか?10か国における1日の調査結果 睡眠メッド、6 (1 )(2005 )、頁。5 – 13 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 2 XM 市、XM 大、W Jian 漢方薬の内科 Chinese Press of Traditional Chinese Medicine 、北京(2009 )、p。113 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 3 XD 趙、J 市、YC ヤン、等。 不眠症の漢方および西洋医学の診断と治療 Zhong Hua Zhong Yi Yao Za Zhi 、26 (11 )(2011 )、pp。2641 – 2643 Google Scholar 4 XY Gao 、M Qiao 風邪を引いた慢性咳嗽の症例 Zhong Guo Zhen Jiu 、28 (9 )(2008 )、p。690 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 5 XY Gao 、CX Xu 、X Wang 穿刺灸による腰椎椎間板ヘルニアの治療に関する臨床的研究 Acta Chinese Medicine 、28 (11 )(2013 )、pp。1751 – 2013 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 6 XY Gao 、XL Jiang 不妊の場合 Zhong Guo Zhen Jiu 、35 (6 )(2015 )、p。560 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 7 XY Gao 、CY Sun Raynaudの訴訟 Zhong Guo Zhen Jiu 、34 (10 )(2014 )、p。960 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 8 XY Gao 、ZJ Shi 後頭神経痛の症例は高熱が原因です Zhong Guo Zhen Jiu 、35 (12 )(2015 )、p。1318年 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 9 XY Gao 、CY Sun メニエール症候群の場合 Zhong Guo Zhen Jiu 、35 (10 )(2015 )、p。1052 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 10年 XY Gao 、YJ Guo 慢性下痢の症例 Zhong Guo Zhen Jiu 、35 (7 )(2015 )、p。676 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 11 XY Gao 、DB Wang 失神の症例は月経困難症によって引き起こされる Zhong Guo Zhen Jiu 、35 (11 )(2015 )、p。1109 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 12年 中国医学的症状の診断と治療効果のための 漢方 標準 薬の国家管理 中国医学科学技術プレス、北京(2012 )、頁。41 – 42 Google Scholar 13年 アメリカ精神医学会 精神障害の診断と統計のマニュアル American Psychiatric Publishing 、バージニア州(2000 )、p。605 Google Scholar 14年 XY Gao 浸透灸の応用と議論 Zhong Guo Zhen Jiu 、33 (補遺1 )(2013 )、pp。S54 – S55 Google Scholar 15年 XY Gao 、Y Chen 、XW Chen 不眠症における後 酒 の鍼治療の臨床的検討 Acta漢方薬、26(10)(2011)、p。1269年 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 16 XY ガオ、Y 陳、X ワング、ら。 浸透灸における腹部皮膚温度変化 Zhong Guo Zhen Jiu 、35 (1 )(2015 )、p。49 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 17年 TY のLu 、Y のLi 、P 夏、ら。 ピッツバーグ睡眠品質指数の信頼性と妥当性の分析 Chongqing Medicine 、43 (3 )(2014 )、pp。260 – 263 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 18年 中華人民共和国中華人民共和国の ための新しい薬の臨床指針 ピープルズメディカル出版社、北京(2002 )、pp。186 – 187 Google Scholar 19年 D Li 鍼灸の難しさと解明 上海漢方医学出版大学、上海(2007)、p。82 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 20 XW Chen 52例の不眠症の治療における貫通灸の臨床所見 Guang Ming Zhong Yi 、25 (3 )(2010 )、p。477 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 21 XN Wang Back-Shu Pointsを用いた異なる用量の灸治療における不眠症心臓脾臓欠乏症タイプの臨床研究 河南省漢方医学専門学校、河南省(2015 ) Google Scholar 22 SQ Cao 、WG Cai 、XQ zhang など。 Huang DiのCanon of Internal Medicineにおける血液治療のパンクチャの概要 Zhong Guo Zhong Yi Yao Za Zhi 、29 (1 )(2014 )、pp。229 – 232 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 中国ポスドク科学財団が資金援助したプロジェクトによる支援:灸のメカニズムはリンパドレナージ機能を促進することにより関節リウマチを改善する(No. 2016M590681) 要約を見る 著作権©2018年漢方薬定期刊行物プレス。Elsevier BVによる制作とホスティング https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0254627218309154