このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

GSとINSの睡眠時情報処理の比較

良い睡眠の質は抑制成分のより小さな振幅と関連しているようです。

不眠症患者は情報処理の抑制の変化を示す。
抽象
不眠症患者(INS)は、睡眠中に皮質過活動状態になり、これは夜間の情報処理処理の変化につながると思われる。事象関連電位(ERP)によって測定される情報処理は、前の夜の睡眠の質と関連しているように見えるが、夜間のそのような関連の存在は調査されたことがない。本研究は、付随する睡眠の質を考慮しながら、睡眠障害者(GS)とINSの間の夜間情報処理を調査することを目的としている。多段階臨床評価の後、INSとGSの参加者は睡眠研究所で4連泊のPSG記録を受けた。39 GS(平均年齢34.56 ± 9.02)と29 INS(平均年齢43.03 ±) 9.12)が研究に含まれた。ERP(N1、P2、N350)は、NREM睡眠中の夜間4(オッドボールパラダイム)に一晩中記録された。睡眠の質に関係なく、INSはSWSの間により大きなN350振幅を示した(p = 0.042)一方、GSは深夜のステージ2睡眠の間により大きなN350振幅を示した(p = 0.004)。診断に関係なく、客観的によく眠った人はより小さいN350振幅(p = 0.020)を示し、主観的によく眠った人はより小さいP2(p < 0.001)およびN350振幅(p = 0.006)を示した。また、客観的に悪い夜を良いと報告した人は、小さいP2(p <0.001)とN350(p = )を示しました 振幅は0.010)。情報処理は、GSとINSの両方にとって付随する主観的および客観的な睡眠の質と関連しているようです。しかしながら、INSは、睡眠の質にかかわらず、特に抑制プロセスに関して、睡眠中の情報処理における変化を示す。 前の記事次の記事 略語 バイベック不安インベントリBDIうつ病インベントリGS良い寝台脳波脳波ERPイベント関連の可能性INS不眠症に苦しんでいる人ISI不眠症の重症度指数NREM非急速眼球運動睡眠PSG睡眠ポリグラフレム急速眼球運動睡眠S2Eステージ2の早期睡眠(前半の夜)S2Lステージ2後半の睡眠(夜の後半)SE睡眠効率ソル睡眠開始潜時SWS徐波睡眠TST総睡眠時間TIBベッドタイムTWT総起床時間WASO入眠後に起きる キーワード 不眠症過覚醒皮質活性化情報処理 全文を見る 著作権©2015 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0167876015300350