このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

言語性は、不眠症の症状が時間とともに増加すると予測しました。

不安と鬱病は、不眠症の症状が時間とともに増加すると予測しました。

いじめと負のスピルオーバーは、不眠症の症状が時間の経過とともに増加すると予測しました。

朝とスピルオーバーは時間の経過とともに不眠症の症状が少なくなると予測していました。

不眠症は不安の前兆として出現したが、うつ病の前兆としては出現しなかった。
抽象
目的
前向きにパーソナリティ特性、ライフスタイル要因、精神的健康、眠気、および不眠症に対する仕事関連ストレス要因の間の相互関係を調査すること。
方法
合計799人のノルウェーの交代勤務看護師(平均年齢33.2歳、女性90%)がこの前向きコホート研究に参加した。2008/2009年(wave 1)と2011年(wave 1)に自己申告装置(Bergen Insomnia Scale、日内型尺度、病院の不安とうつ病尺度、否定的な行動に関するアンケートの改訂、Work-Family Interface Scaleなど)で評価された。 3)。構造方程式モデリングを使用して、広範囲の個人変数および仕事関連の変数と不眠症との間の双方向の関係を調べた。
結果
言語(β  = 0.18 ***)、不安(β  = 0.11 **)、うつ病(β  = 0.14 ***)、いじめ行動への曝露(β  = 0.08 *)、および仕事と家庭生活の間の負のスピルオーバー家族に対しては、β  = 0.08 *、家族勤務には、β  = 0.07 *)は、不眠症の症状の増加を経時的に予測した。朝(β  = -0.09 *)および仕事から家族への積極的な波及(β  = -0.11 **)は、時間の経過とともに不眠症の症状が減少すると予測した。不眠症増加の予測因子としての夜間勤務に対する支持は見いだされなかった。不眠症は不安の前兆であり(β  = 0.11 **)、鬱の前兆ではなかった(* p  <0.05、** p  <0.01、*** p  <0.001)。 結論 データは、不眠症がそれらの前兆としてよりも個人的および仕事関連の要因の結果として現れることが多いことを示唆しています。不眠症を引き起こす要因とそれを防ぐ要因の範囲はさらに調査されるべきです。不眠症は、精神疾患の予測モデルで、そして有害な仕事関連の経験の結果として考慮されるべきです。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症予測子人メンタルヘルスいじめ仕事と家庭の波及 ©2015 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945715020766

関連記事はこちら