このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

OSAのPAP治療前後の不眠症の症状のパターンが調べられます。

PAP順守およ​​びOSAの重症度は不眠症改善の強力な予測因子です。

PAP後の不眠症症状の解消は、RDIが高いほど起こりやすい。

重大な不眠症の症状は、PAPにもかかわらずこのサンプルの55%で持続します。
抽象
目的
気道陽圧法(PAP)療法による閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の治療後の不眠症症状の改善対持続を予測する要因を特定します。
方法
25〜83歳の68人のPAP治療を受けた睡眠時無呼吸患者からのアーカイブデータを、ノンパラメトリック検定と段階的回帰を使用して分析し、不眠症状、複数のOSA変数、およびPAP使用の間の関係を評価した。
結果
治療前の不眠症症状の重症度(ISS; b = -0.72、p < 0.001)、PAP平均使用量(b = -0.01、p = 0.01)、および呼吸障害指数(RDI; b = -0.02、p = 0.03)は不眠症の変化を予測するPAP療法後。治療前に中等度から重度の不眠症を呈した被験者の45%(24/53)は、PAP療法後に症状が軽度/軽度であると報告し、改善したと見なされました。改善された被験者は、下前処理ISS(HAD P < 0.001)、より高いRDI(P = 0.01)、及びより高い平均PAPの使用(pは < 持続性不眠症の被験者より0.035人。投薬数と併存疾患の数は、改善群と持続群の間で類似していました。不眠症症状の新たな発症は、無治療/軽度の治療前不眠症を有する患者の13%(2/15)で発生した。 結論 ISSはPAP治療後に減少するが、55%のOSA患者は治療にもかかわらず持続的な中等度から重度の症状を有する。より重度のOSAは不眠症改善のより高い可能性と関連しており、不眠症に対するPAP療法の効果はOSAの重症度によって媒介される可能性がある。持続性不眠症は、薬物使用または併存疾患とは無関係であり、標的を絞った介入を必要とする独立した自立性の障害を表している可能性があります。 前の記事次の記事 略語 あい無呼吸 – 低呼吸指数BMIボディ・マス・インデックスCBT-I不眠症に対する認知行動療法ESSエプワース眠気スケールISI不眠症の重症度インデックスOSA閉塞性睡眠時無呼吸PAP気道陽圧PSG睡眠ポリグラフRDI呼吸障害指数RX処方 キーワード 不眠症睡眠時無呼吸陽圧(PAP)不眠症重症度指数(ISI)併存症無呼吸 – 低呼吸指数(AHI)呼吸障害指数(RDI) 1 リンヘルスケアリサーチ、1625メディカルセンターポイント、スイート260、コロラドスプリングス、コロラド州、80807、米国。 2 コロラド大学、コロラドスプリングス、心理学科、1420 Austin Bluffs Pkwy、コロラドスプリングス、CO 80918、米国。 3 Lynn Healthcare Research、3555北西58thストリート、スイート800、オクラホマシティ、OK 73112、米国。 著作権©2014 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945714001877

関連記事はこちら