このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

閉経期不眠症では、睡眠中の心拍数が高くなります。

更年期不眠症における心拍数の上昇は、邪魔されない睡眠中でさえも明らかである。

黄体期の間に、さらなる迷走神経離脱および心拍数の増加が起こる。

閉経期不眠症における自律神経興奮は心血管の健康に影響を与える可能性があります。
抽象
不眠症は、覚醒障害と考えられており、自律神経系(ANS)を含むいくつかの精神生理学的ドメインが過剰に活性化されており、心血管(CV)疾患のリスク増加の一因となる可能性があります。ここでは、更年期への移行に関連して発症する不眠症(更年期移行不眠症、MTI)が自律神経系覚醒によって同様に特徴付けられるかどうかを決定することを目的とした。我々はまた、月経周期のホルモン変化によるANSの調節も考慮に入れました。これは、不眠症の研究ではこれまで考慮されていませんでした。不眠症の女性21人(49.0 ± 3 歳)および25人の対照(48.8 ± 3人) 2.6 y)は、また、閉経期移行において、濾胞性及び/又は黄体(中電含む一晩実験室ベースの睡眠ポリグラフ記録を持っていたプロゲステロン ≥ 3 NG ミリリットル-1)21人の女性の両方で記録を有する月経周期の段階、フェーズ。夜間時間および周波数領域心拍数変動性(HRV)測定値を計算した。心拍数(HR)を有意に(約4により上昇し NREM及びREM睡眠(Pの乱されていない期間を含む、夜の時間を横切って、卵胞および黄体期の両方において対照と比較MTIにBPM) < 0.05)。より高いHRは、対照と比較して、MTIにおけるより低い周波数領域および時間領域の迷走神経HRVインデックスと関連する傾向があった。両群とも、卵胞期と比較して黄体期の方がHRが有意に高く、全体および高頻度HRV測定値が低かった(p < 0.05)。さらに、ノンレム睡眠と比較したREMは、迷走神経の変調の減少および交感神経迷走神経の平衡の増加と相まって、HRの増加によって特徴付けられた(p < 0.01)。閉経期移行期における不眠症は、月経周期の卵胞期および黄体期の両方の間の夜間の自律神経過敏を特徴とし、これはMTIの病因における要因、ならびに潜在的なCV危険因子であり得る。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症閉経月経周期自律神経系心拍数の変動プロゲステロン ©2016 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0306453016307983

関連記事はこちら