このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症の症状は、未調整モデルではカフェイン摂取と関連していた。

人種/民族および不安は不眠症の症状とカフェインの関連を説明します。

高カフェインと睡眠時間との相互作用は、非回復的睡眠と関連していた。
抽象
目的
以前の研究では、不眠症の症状はカフェインの摂取と睡眠時間の異常の両方に個別に関連していました。本研究の目的は、カフェインの摂取が集団の観点から不眠症の症状と関連しているかどうか、そしてこの関係が習慣的な睡眠時間に依存しているかどうかを判断することでした。
方法
データは2007 – 2008年の国民健康栄養調査(N = 4730)から抽出された。カフェインの消費量は、7〜10日間隔で2日間使用したときのmg /日として定量しました。不眠症の症状は、睡眠困難(DFA)、睡眠困難(DSA)、回復不能睡眠(NRS)、および昼間の眠気(DS)の頻度を用いて評価した。習慣的な睡眠時間は、典型的な夜に得られる睡眠時間として評価した。二項ロジスティック回帰分析では、共変量を調整した後、個々の不眠症および眠気症状(DFA、DSA、NRS、およびDS)とカフェイン摂取量および睡眠期間変数との関係を評価しました。
結果
平均±SDカフェイン消費量は176.6±201 mg /日であった。平均習慣的睡眠時間は6.8±1.4時間であった。不眠症の症状は、回答者の19.1%から28.4%に広がっていました。未調整モデルではカフェイン摂取量がすべての不眠症症状と関連していたが、調整モデルはDSAで有意に向かう傾向を示した。未調整および調整済み分析では、睡眠時間は不眠症の症状と逆相関していた。最後に、NRSはカフェイン摂取量の増加と睡眠時間との相互作用と関連していました。
結論
カフェインの使用と不眠症の症状との関連は、集団レベルでの習慣的な睡眠時間に依存します。
前の記事次の記事
キーワード
カフェイン睡眠不足睡眠開始および維持障害人口不安
この研究はによってサポートされていました退役軍人が付与IK2 CX000855(SC) 、K23 HL110216、12 SDG9180007、R01 AT003332、R01 MH077900とペンシルバニア大学付与CTSA UL1 RR024134を。この出版物の内容は、退役軍人省、米国政府、ペンシルバニア大学、またはその他の参加機関の見解を表すものではありません。研究仮説はMAGとSCによって概念化された。データ分析はNJによって行われた。原稿は、MAG、SC、およびNJと連携して、NSCによって作成されました。すべての作者は原稿の最終版を承認しました。作者は宣言する利益の衝突を持っていません。
©2016 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0899900716300454