このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
現在の研究は、(1)原因不明の胸痛(UCP)を示す救急科にいる患者の集団における不眠症の症状および睡眠関連の信念を評価するために、そして(2)不眠症と疼痛の間の関連を調べるために設計された。
方法
これは、2つの学術病院の救急部門で実施された横断研究からの二次データの報告です。救急科で診察を受けたUCP患者を睡眠調査票と精神障害の診断および統計マニュアルの不安障害の面接スケジュール、第4版を使用して評価した。
結果
救急科で診察を受けたUCP患者のほぼ2人に1人(44%)は臨床的に重大な不眠症の症状を患っていました。不安または気分障害を有するほとんどの患者は不眠症を患っていたが、不眠症を患う少数の患者は不安または気分障害を患っていた。不安障害を伴う不眠症は、睡眠関連信念および抑うつ症状に対する不安を伴わない不眠症と類似しており、両方のグループの不眠症は、不安障害を伴うまたは伴わないどちらかの眠りのよいグループよりも抑うつ症状および誤った確信を報告した。回帰分析からの結果は、不眠症が単変量回帰分析における疼痛と関連していたことを明らかにしたそして疼痛強度と干渉の両方における分散の1.3%を占めた。ただし、この関連付けは、追加の変数がモデルに追加されたときには重要ではなくなりました。
結論
不眠症の症状は重要であるが、無視されることが多い、UCP患者のかなりの割合に見られる特徴である。不眠症は、不安または鬱病よりも疼痛との強い関連性を示したので、それは、UCPの発症および再発に寄与する重要な要因を表している可能性がある。
前の記事次の記事
この記事の研究データ
ICPSR
政治社会研究のための異業種間コンソーシアム
社会行動科学研究データ
記事に関連するデータ:
救急科患者の胸痛を診察したパニック障害の治療後の睡眠
研究データについて
著作権©2014心身医学アカデミー。Elsevier Inc.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0033318213002193