このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
最近の戦闘曝露による退役軍人のこの観察的な縦断的研究は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、不眠症、および悪夢の有病率、重症度および関連性を経時的に説明しています。
方法
退役軍人保健管理のプライマリーケア施設から募集された最近の80人の戦闘退役軍人は、危険なアルコール使用および少なくとも閾値下 PTSD を含む選択基準を満たしていた。不眠症状態および悪夢状態は、それぞれ、不眠症重症度指数合計スコアおよびPTSDチェックリスト悪夢項目に基づいて割り当てられた。ベースライン評価の6か月後に参加者を再評価しました。分散分析では、PTSD、うつ病、およびアルコール使用の重症度に関して不眠症と悪夢のグループを比較しました。共分散分析(ベースラインの違いを管理する)により、不眠症や悪夢が臨床経過と関連しているかどうかを調べたPTSDの。条件の持続性も調べた。
結果
ベースライン時に、74%が不眠症を、61%が苦痛な悪夢を訴えました。不眠症は、ベースラインと6ヶ月の両方で有意に高いPTSDと鬱病の重症度と関連していた。悪夢の存在は、両方の時点で有意に高いPTSD重症度と、ベースライン時のみのうつ病重症度と関連していた。PTSDおよび鬱病の重症度の減少にもかかわらず、不眠症の重症度は6ヶ月後に比較的変化がなかった。悪夢の苦情の有病率と重症度は時間の経過とともにわずかに減少しました。
結論
この最近の戦闘退役軍人のサンプルの中で、不眠症と悪夢はそれぞれPTSDと抑うつ症状の両方の重症度と強く関連していました。時間の経過とともに、特に不眠症は自発的に消散するようには見えず、進行中のPTSDと関連していた。したがって、早期に不眠症に対処することは、PTSDの経過を変えるための戦略であるかもしれません。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症悪夢心的外傷後ストレス障害退役軍人軍事
エルゼビア社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399913003449