このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

我々は、高齢者における不眠症の苦情と認知との関連を調査した。

早朝の目覚めは独立して実行機能と関連していた。

睡眠を開始/維持することの困難さは、認知領域と関連していなかった。
抽象
目的/背景
自己申告に基づく日中の認知機能に対する不眠症の影響については、優れた文書がありますが、神経心理学的検査の成績にはありません。この研究では、高齢者における睡眠開始困難(DIS)、睡眠維持困難(DMS)、および早朝覚醒(EMA)の愁訴と、昼間のドメイン特有の神経心理学的成績との関連性を調べた。
参加者/方法
参加者は、シンガポール縦断老化研究の高齢者859人(平均71.9歳)でした。彼らはインタビューされ、地域密着型の高齢者介護活動センターで評価され、睡眠調査質問票と一連の神経心理学的テスト(数字の範囲、レイ聴覚言語学習テスト、ストーリー記憶、簡単な視空間記憶テスト – 修正、カラートレイルテスト)を完了した。 2)、ブロックデザイン、および口頭での流暢さ)。
結果
不眠症の愁訴は、参加者の18.0%(155人)に見られた。他の不眠症の訴え、心理社会的変数および医学的変数、ならびにうつ病の存在を管理するために、EMAは独立して有意に執行機能の悪化と関連していた(p = 0.031)。DISおよびDMSは、いかなる認知ドメイン上でのより低い成績と独立して関連していなかった。
結論
執行機能の低下および根底にある機序的要因を伴う高齢成人の間のEMAの関連性をさらに調査する必要があります。
前の記事次の記事
キーワード
早朝の目覚め認知実行機能お年寄り
著作権©2015 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945715019929