このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
不眠症は、さまざまな生理的、感情的、環境的、または行動的な状態によって引き起こされます。そのように、不眠症の訴えを持つ患者は、異質なグループを表します。不眠症のサブタイプの識別または区別を適切かつ確実に支援する診断分類システムは、決定された最終的な不眠症の診断によって主に決定されるため、不可欠です。この記事では、不眠症分類システムの進化を概説し、現在使用されているものについて簡単に説明します。続いて、これらの分類システムは、それらの信頼性、妥当性、および臨床応用における有用性を考慮することによって評価される。さらに、既存の不眠症の病理学の制限が議論され、これらの制限に対抗するための方法が検討されている。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症の分類不眠症診断信頼性有効
著者らは、この原稿の作成を支援するために提供したサービスに対してSepracor Incから報酬を受けました。
1
Jack D. Edinger, PhD, is a clinical professor in the Department of Psychiatry, Division of Medical Psychology at Duke University Medical Center. He is also an active clinician within the University’s Sleep Disorders Center and he serves as the senior psychologist for the VA Medical Center in Durham, NC. Dr. Edinger is board certified by the AASM Board of Behavioral Sleep Medicine. A member of the American Academy of Sleep Medicine and the American Psychological Association, Dr. Edinger recently served on the AASM ICSD Revision Committee and the AASM Behavioral Sleep Medicine Committee and currently is serving on the board of the American Insomnia Association. He previously was chairman of the American Sleep Disorders Association Nosology Committee and served as chairman of the Psychology Training Committee of the Durham VA Medical Center. He also recieved grant funding from the National Institutes of Health, Helicor, Inc., and Respironics and serves on the advisery board for Sleepwell, Inc.
2
Dana R. Epstein、PhD、RNは、アリゾナ州フェニックスにあるCarl T. Hayden VAメディカルセンターの研究担当副主任看護師で、1987年から不眠症の臨床および研究治療に携わってきました。国立看護研究所と国立癌研究所からの不眠症の認知行動療法に関する彼女の研究のための資金。
著作権©2006看護師のアメリカン・カレッジ。Elsevier USA発行すべての権利予約。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1555415506005769