このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

大うつ病性障害(MDD)における重度の不眠症の相関を調べました。

MDDを有する528人の参加者のうち、239人(45.3%)が重度の不眠症を患っていた。

相関関係は、低学歴、うつ病、不安、そしてより悪い身体的健康でした。

これらの相関関係は、この母集団に提供される治療法を意味している可能性があります。
抽象
バックグラウンド
大うつ病性障害(MDD)における重度の不眠症の相関についてはほとんど知られていません。この事後分析は、向精神薬を含まないアジア成人成人MDD患者における重度の不眠症の社会人口統計学的および臨床的相関を調べることを目的とした。
方法
参加者は、18〜65歳のMDDの向精神薬を含まない患者でした。改訂版症状チェックリスト-90項目(SCL-90-R)を使用して、3つの不眠症項目のいずれか1つに4(重度の苦痛)のスコアを重度の不眠症と定義した。その他の尺度には、モンゴメリー – アスバーグうつ病評価尺度(MADRS)、疲労重症度尺度(FSS)、SCL-90-Rの9つの精神病理学的下位尺度、短形式健康調査の身体的および精神的要素の要約(SF-36 PCS SF − 36(MCS)およびシーハン障害尺度(SDS)。
結果
528人の参加者のうち、平均年齢は39.5歳(SD = 13.26)歳、64.2%が女性、239人(45.3%)が重度の不眠症を患っていた。ロジスティック回帰モデルは、(中等学校完了未満)、低学歴、高SCL-90-ことが明らかになった Rうつ病スコア、高SCL-90-R不安スコア、および低いSF-36 PCSスコアは独立厳しい不眠症(と相関していたPの<0.05)。 制限事項 不眠症は患者の苦痛によってのみ決定された。中不眠症は評価されなかった。MDDを有する向精神薬無薬物患者は、精神科診療では一般的に見られない。 結論 重度の不眠症はMDD患者によく見られます。それは、低い学歴、主観的な鬱病および不安の重症度、ならびに体調不良と密接に関係しています。これらの所見は併存するMDDおよび重度の不眠症の治療、例えば睡眠衛生教育、薬理学的治療を意味するかもしれない。 前の記事次の記事 キーワード アジア人不眠症うつ病SCL-90-R主観 1 Manit SrisurapanontとSurinporn Likhitsathianが共同執筆者です。 著作権©2015 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165032715302743