このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

主観的な睡眠機能障害は、非PD患者よりPDでより一般的です。

女性の性別、疾病期間、鬱病および不安は、PDの睡眠機能障害と関連しています。

PDの不眠症は、睡眠維持と統合に影響を与えるようですが、入眠には影響しません。
抽象
前書き
パーキンソン病(PD)患者の27〜80%が、主観的な睡眠障害と不眠症の症状を訴えています。私たちの目的は、他の患者と比較して、PD患者における主観的な睡眠機能障害と不眠症の症状の有病率と特徴を説明することです。
方法
一般開業医に相談した143人の年齢および性別が一致した非PD対照患者と比較した636人の成人PD患者の断面分析。不眠症の症状および他の睡眠の特徴は、障害のある睡眠を定義するグローバルスコア5を超えるピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)によって評価された。カイ二乗検定またはスチューデントのt検定は、グループ間の睡眠障害のない対とPD患者との間の潜在的な臨床および人口統計学的差異を評価するために使用されました。ロジスティック回帰分析を用いて多変量効果を試験した。
結果
睡眠障害および不眠症の症状は、対照患者と比較してPD患者でより頻繁に見られた(63対45%、p = 0.001)。女性の性別、PD期間、うつ病および不安の存在は、PDにおける不眠症の存在と関連していた。主観的な睡眠効率、習慣的な睡眠の質、睡眠障害および日中の機能不全は、対照と比較してPD患者で減少したが、睡眠潜時ではなかった。
結論
睡眠機能障害の罹患率は、他の一般的な病状よりもPDの方が高いです。PDの不眠症は、睡眠維持と統合に影響を与えるようですが、入眠には影響しません。
前の記事次の記事
キーワード
パーキンソン病不眠症睡眠障害疫学
著作権©2015 Elsevier Ltd.すべての権利予約。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1353802015004009