このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

DSM-5不眠症の青年はオンラインCBTIで治療された。

睡眠および認知機能を待機リストグループからのスコアと比較した。

治療を受けたグループでは睡眠は改善されるが、待機リストでは改善されない。

いくつかの認知機能は治療を受けたグループでは改善されるが待機リストでは改善されない。

処置は、音韻的および視覚空間的作業記憶に対して異なる効果を示した。
抽象
目的
青年期の睡眠と認知機能に対する不眠症に対するオンライン認知行動療法(CBTI)の効果を検討すること。
方法
DSM-5不眠症障害を有する32人の青年(13〜19歳、M = 15.9、SD = 1.6)が無作為に治療群(n = 18)または待機リスト(n = 14)に割り当てられた。治療は、6つのガイド付きセルフヘルプオンラインCBTIセッションで構成されていました。両群ともベースライン時および治療後に評価された。睡眠はアクティグラフィー、睡眠記録およびアンケートで測定した。認知機能は一連の標準認知テストで評価した。
結果
CBTI後、処置群はアクチグラフィーおよび睡眠記録からの睡眠効率において待機リスト群と比較して有意な改善を示した。この知見は、睡眠記録からの他の睡眠変数の改善、ならびに慢性的な睡眠の減少および不眠症の症状の改善によって確認された。治療群のほとんどの参加者は、臨床レベル以下の不眠症まで改善した。治療群の認知機能は、視覚空間処理、選択的注意および音韻的作業記憶、ならびに反応抑制およびセットシフト、文字流暢性および持続的注意における待機リストと比較してより改善を示したが、宣言的記憶、視覚空間では改善しなかったワーキングメモリ、カテゴリーの流暢さ、そして一般的な認知速度。睡眠の変化は、認知機能の変化に関連しているように見えました。
結論
これらの結果は、CBTIが青年期の認知機能に肯定的な影響を及ぼし、視覚空間処理と音韻的作業記憶に顕著な改善をもたらすが、視覚空間作業記憶にはそうではないことを示している。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症青年認知機能認知行動療法インターネット治療健康
1 。前書き
健康な睡眠は、気分を含む青年の日常生活の多くの側面のための重要な社会的行動である[1] 、学校のパフォーマンス[2] 、認知能力[3]と、一般的に思春期の開発[4] 。不眠症(すなわち、睡眠の開始または維持に関する問題、または目覚めた後に休んでいないという問題)は、4〜13%の範囲の推定で、青年期に非常によく見られます[5]、[6]、[7]、[8]。青年期の不眠症は、身体的および精神的健康、ならびに社会的および認知的機能に深刻な影響を及ぼす可能性があります[1]、[9]、[10]、[11]。。思春期の不眠症の高い有病率と深刻な影響を考えると、それはこの年齢層の深刻な問題を表しています。
広範囲の認知機能は、睡眠不足および/または睡眠不足の影響を受ける可能性があります。不眠症のために経験することができるように不十分な睡眠をモデル化して、成人の完全または部分的な睡眠の喪失を用いた実験的研究は、精神運動能力、認知速度、作業記憶、注意、反応時間、警戒などの認知機能の多くの領域が影響を受け得ることを示すそしてより高い実行機能(例えば[12]、[13]、[14]、[15])。幼い子供を対象とした研究でも、不適切または不十分な睡眠によって影響を受ける可能性のある広範囲の認知ドメインが示されています(例:[16]、[17]、[18])。
以下に要約する青年期の睡眠と認知機能との関係に関する研究は、成人と小児を用いた研究の結果と比較して矛盾する結果を示している。月曜日の朝に青少年のグループのためのより遅い学校の開始時間、そしておそらく日曜日の夜のために睡眠時間を延長した研究で、Vedaa等。[19]は単純な反応時間が改善されたことを示す兆候をいくつか見出した。Dewald − Kaufmann et al。しかしながら、[20]は、慢性的な睡眠減少を伴う青年期において、長時間の睡眠が単純な反応時間に及ぼす有益な効果を見出していない。2つの研究で、分割注意における改善が示された慢性的な睡眠の減少、昼間の眠気、または睡眠不足の青年期の睡眠延長後の課題[20]、[21]。Carskadon et al。Falloneらは、[22]、課題中のEEGによる実際の睡眠のために、睡眠不足後の青年期における持続的注意課題のパフォーマンス障害を報告した。[23]およびRandazzo et al。[24]その認知領域と睡眠の間に欠陥または関係がないことを見出した。Gradisar等。[25]思春期の若者のワーキングメモリパフォーマンスが不十分で睡眠不足を報告していることを示した。この結果によると、Cousins Hasler [21]は正常に体を伸ばしていない若者と睡眠を伸ばした青年を比較するときのワーキングメモリ。Carskadon et al。[22]睡眠不足後の宣言的記憶の減少とKopaszらのデータを発見した。[16]睡眠が作業記憶と記憶統合を促進することを示しました、しかし、Randazzo等による研究。[24]はそのような関係を支持しなかった、そしてVoderholzer等。[26]は、宣言的な記憶統合に対して睡眠制限の有意な効果を見いださなかった。アンダーソン他。[27] 執行機能の悪化を見出した高レベルの眠気または短い睡眠期間を有する青年期における、およびRandazzo et al。[24]急性睡眠制限は抽象的思考と言語的創造性を含む実行機能タスクの遂行に影響すると報告した。しかし、Fallone et al。[23]は、急性睡眠制限後の認知抑制の課題に欠陥を見いださなかった。では、一般的な知能のドメインCarskadonら。[22]は睡眠と数学的問題解決との関係を示した。Randazzo et al。[24]しかしながら、睡眠制限と比喩的創造性との間に関係は見いだされなかった。
要約すると、これらの研究はすべて思春期のサンプルで行われており、睡眠、睡眠制限または昼間の眠気と反応時間、注意プロセス、記憶および作業記憶、実行機能および一般的知能との関連の可能性を示しています。異なる研究デザイン、異なる睡眠パラメータ(例:睡眠不足対延長、睡眠の質、睡眠の断片化、過度の眠気など)、主観的または客観的な睡眠尺度、異なる認知テストの使用、参加者のさまざまな包含基準(例:睡眠不足または睡眠不足)眠りの問題はありません)矛盾する結果の原因となるかもしれません。
青年期における不眠症の高い罹患率および認知機能と睡眠の関係にもかかわらず、我々の知る限り、青年期の認知機能に対する睡眠介入の影響を調査した研究は1件のみであった[20]。その研究において、Dewald-Kaufmann等。[20]睡眠障害のない28名の青年の睡眠時間(睡眠延長)を、毎週5分ずつ夜の就寝時間を2週間にわたって徐々に進めることによって延長し、朝の通常の立ち上がり時間を維持した。彼らの睡眠と認知機能は、いつものように眠るように指示された、同様の慢性的な睡眠の減少の症状を持つ27人の青年のコントロールグループと比較されました。彼らは、2週間の睡眠延長の後、実験群はより早い就寝時間と睡眠開始を示し、そしてより長く眠ることを発見した。さらに、彼らは分割された注意と視空間的プロセスの改善を見いだした。これは、たとえ非臨床的なサンプルであっても、睡眠を改善することが認知機能に直接的な正の効果を及ぼしうることを示しています。認知機能が睡眠介入によって改善され得るという発見は、ADHDの症状を有する青年の治療において特に興味深いものである。研究によれば、ADHDは実行プロセスにおける睡眠パターンの乱れと機能障害の両方に関連しており、一次性睡眠障害はADHD様の症状を模倣するか、または基礎となるADHDを悪化させる可能性がある[28]、[29]。さらに、過剰な眠気は学校の機能に悪影響を与えることが研究により示されています[11]、[30]。これらの知見は、青年期の睡眠の改善と認知機能への影響を目的とした介入を開発し研究することの重要性を強調している。
認知機能に対する睡眠改善の効果に関する研究が不足している理由は、不眠症のような慢性的な睡眠障害を持つ青年のためのエビデンスに基づく治療法の欠如かもしれません。不眠症に対する認知行動療法(CBTI)は成人に有効であることが示されていますが[31]、[32]、青少年を対象に行われた研究はほとんどありません。しかしながら、これらの研究は、CBTIが不眠症を患っている青年のための効果的な治療法でもあることを示しています[33]、[34]。さらに、配信されたインターネットとグループCBTIの同様の有効性が以前の研究で示されています[34]。
したがって、本研究では、睡眠障害および認知機能に対する、不眠症の青年のインターネット配信CBTI治療の効果を調査することを目的とした。前述の文献からの矛盾する知見に基づいて、我々は多くの認知機能に対する改善された睡眠の効果を調査した。したがって、我々は広範囲の認知領域をカバーし、単純な反応時間、作業記憶、宣言的記憶、注意、認知抑制、警戒、認知速度、およびより複雑な実行機能を測定する広範囲の認知テストを実施した。。睡眠改善の明確な印象を得るために、睡眠行動を評価するための主観的および客観的な尺度を含めました。さらに、個々の睡眠の必要性が睡眠期間および昼間の機能に関して役割を果たす可能性があるので、我々はまた、慢性的な睡眠減少を測定することによって不眠症の起こり得る結果を調べた[35]。夜間の睡眠が適切であることが重要であるため[11]、[30 ]、夜間の睡眠の改善のどの側面が治療群の認知機能の改善に関連しているかを調べた。
2 。方法
2.1 。参加者
参加者はオランダの青少年医療専門家のためのウェブサイト上の電子ニュースレターと新聞記事を通して募集されました。組み入れ基準は、(1)12〜19歳の範囲内の年齢、(2)精神障害の診断および統計マニュアル – 第5版(DSM-5)[36]に従った3ヶ月以上、および自己申告、摂取インタビュー、およびHolland Sleep Disorder Questionnaire(HSDQ)[37]の不眠症尺度でのカットオフ以上のスコアに基づいて、少なくとも週3日。除外基準は、(1)自殺意図および薬物乱用であり、臨床スコアおよびユースセルフレポート(YSR)の項目スクリーニングを通じて調査された[38]、[39]。摂取面接から、(2)HSDQのカットオフ以上のスコアで示される不眠症以外の睡眠障害の徴候、および(3)他の心理的障害(例、うつ病、ADHD)の診断による。現在の心理的又は睡眠の問題のために処置されている、(4)睡眠を妨害し、又は慢性又は不眠障害のDSM-5の基準に従って、症状の重症度の(5)の欠如の薬物または薬物の使用[36]に示されるよう診断摂取面接に直面する1時間の顔で。
我々は両方のグループに18人の参加者を含めた。待機リストの条件では、4人の参加者が研究のベースライン期間中に睡眠不足のログを記入したり認知機能のためにテストセッションに参加したりする動機がないために研究を中止し、分析から除外した。その結果、18人の参加者(4人の男の子、年齢= 15.4歳、SD = 1.4)が処置群に残り、14人の参加者(2人の男の子、年齢16.6歳、SD = 1.7)が待機リスト群に入った。
2.2 。手順
この研究は、アムステルダムの学術医療センターの医学倫理委員会によって承認され、番号ISRCTN33922163で国際標準無作為化対照試験番号登録に登録された、青年に対するCBTIの有効性に関するより大きな研究の一部です。
ウェブサイトを通して登録した後、参加者と彼らの両親はインフォームド・コンセント用紙を含む研究の条件と治療についての情報レターを受け取りました。参加者と保護者からの同意書が返却された後に個人のログイン情報が提供され、YSR、HSDQ、慢性睡眠減少調査票(CSRQ)をオンラインで完成させることができました[30]、[35]。そして、社会経済的地位と学校レベルに関する質問。参加基準を満たした場合、睡眠面の苦情、就寝時刻、睡眠歴、睡眠状況、病歴および病歴の履歴、睡眠の家族歴、および二次的な主観的な苦情を詳細に調査する摂取面接に招待されました。摂取インタビューの間、参加者は彼らが適切なインターネットアクセス(オンラインCBTIのために必要とされるように)と携帯電話(最終的に睡眠記録を埋めるためにSMSリマインダーを受け取るため)を持っているかどうか尋ねられた。
参加者を同程度の年齢および性別の対でマッチングさせ、各対から一方の参加者を無作為に治療群(6週間CBTI)に割り当て、もう一方を待機リスト群(6週間治療なし)に割り当てた。研究が終了した後、待機リストグループは治療グループと同じ治療を受けた。
2.3 。対策
両群とも治療開始2週間前(ベースライン)および治療直後​​(治療後)に測定した(図1参照)。睡眠記録と質問票に対する回答はすべてオンラインで集められた。アクティグラフィーは自宅で使用され、認知テストはオランダのアムステルダム大学の研究室で行われました。
高解像度画像をダウンロードする(59KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。研究のデザイン
2.3.1。睡眠
手首アクティグラフィー(ActiwatchタイプAW4; Cambridge Neurotechnology Ltd.、Cambridge、UK)を使用して客観的に、そしてベースライン時および治療後7日間連続して睡眠ログにより主観的に、そしてベースライン時および治療後にアンケートを測定した。
2.3.2。アクティグラフィー
夜間の活動を1分間のエポックで記録し、睡眠開始潜時(SOL)、入眠後の覚醒(WASO)、総睡眠時間(TST)、就寝時間(TIB)、睡眠を測定するActiwatch Sleep Analysis 7ソフトウェアで分析した。効率(SE)とフラグメンテーションインデックス(FI)。TSTはTIBからSOL、WASOを引いた時間と起床から起床までの時間に等しい。断片化指数は、夜間の落ち着きのなさの指標であると考えられ、運動段階の割合と不動段階の割合を合計することによって計算されます。製造業者が推奨するように、我々は、睡眠ポリグラフ検査から得られた推定値に基づいて、中感度アルゴリズムを使用して、不眠症に対して最高の感度(0.96)、特異度(0.42)、および精度(0.79)を有するアクティグラフィーデータを採点した[40]。
参加者は、就寝時には利き手ではない手首にアクティウォッチを装着し、起床後の午前中にそれを取り外すように指示されました。すべてのアクティグラフデータを視覚的に調べ、必要に応じて他の研究で推奨されているようにそれらを修正しました[41]、[42]。。目視検査と一致しない睡眠ログからのデータまたはアクティウォッチからのイベントマーカーに対して以下の一般規則を適用した。睡眠ログがアクティグラフデータから参加者が既に眠っていることが明らかである就寝時を示した場合、就寝前の時間を最初のピークに設定します。報告された睡眠ログの起床時刻が、その個体がまだ眠っていることが明らかであった時刻を示している場合、示された時刻の後の最初のピークまでの起床時刻を変更することによってデータを修正した。
2.3.3。睡眠ログ
睡眠記録は、就寝時刻、消灯時刻、SOL、WASO、起床時刻、起床時刻を記録した8つの質問と、主観的睡眠の質(SSQ)に関する1つの質問で構成されました。より良い睡眠の質を示すスコア 睡眠記録の就寝時刻から、TIB(消灯から起床までの時間)、TST(TIBからSOL、WASO、起床から起床までの時間)およびSE(TIBのTSTの割合)を計算しました。参加者は、起床後1時間以内に毎日睡眠記録を記入するように指示されました。睡眠記録が午後4時までに完了しなかった場合、携帯電話でリマインダーテキストメッセージを受け取りました。より長い期間の遡及的データは信頼できないと見なされたため、睡眠ログは遅くとも翌日の深夜0時まで記入することができます。
2.3.4。アンケート
CSRQは、過去2週間の慢性的な睡眠低下の症状を測定する3つの序数反応カテゴリ(1〜3)を持つ20項目から構成されています。「睡眠不足」(6項目)、「イライラ」(5項目)、「エネルギーの喪失」(5項目)、「眠気」(4項目)の4つのサブスケールがあります。より高いスコアはより慢性的な睡眠の減少を示します。思春期前の人口におけるCronbachのαは0.84 [30]、オランダの思春期の人口0.85、オーストラリアの思春期の人口の0.87であった[34]。アンケートはアクチグラフィデータに対しても検証されました[35]。
HSDQ [37]には、5段階評価尺度で40項目が含まれており、国際睡眠障害分類 – 第2版[43]に記載されているように、6つの主要なカテゴリーの睡眠障害のスクリーニングが行われます。それは、下位尺度の不眠症、睡眠関連呼吸障害、過眠症、概日リズム睡眠障害、パラソムニア、および不穏下肢症候群または周期的四肢運動障害からなる。1,269人の患者と睡眠障害を訴えていない412人の参加者のオランダ人サンプルにおけるCronbachのアルファは0.90であり、6つのサブスケールについて0.73から0.81の範囲であった。全体的な正確度は88%であり、そしてHSDQの不眠症スケールで3.68のカットオフを超えるスコア(HSDQi)は不眠症の指標である。
2.3.5。認知機能
認知機能を測定するために、アムステルダムの神経心理学的課題(ANT)[5 ]から5つのサブテストであるベースラインスピード、特徴の識別、記憶検索の手紙、反応組織の矢、および時空間スパンを管理しました。さらに、精神運動覚醒課題(PVT)[45]、聴覚言語学習テスト(AVLT)[46]、およびカテゴリと文字の流暢さ[46]を管理しました。
ANTは、コンピューターの画面に表示される刺激によるテストで構成されるコンピューター化されたテストバッテリーです。参加者は、選択が必要なタスクで左右のマウスボタンを使用して、マウスクリックでこれらの刺激に反応するように求められます。
ANTサブテストのBaseline Speedは単純な反応時間を測定します。参加者は、コンピュータ画面上の固定十字が白い四角に変わった後、できるだけ速くマウスボタンを押すように求められます。マウスボタンを押すと、正方形は固定十字に戻り、500から2500ミリ秒のランダムな応答後間隔で再び正方形に変わります。このタスクは、各人差し指に対する32回の試行のうち2回に分けられます。
ANTのサブテストFeature Identificationは、視覚空間処理をテストします。参加者は、3つが赤で6つが白である9つの小さな区画に分割されている広場を提示されます。10秒後、画面は4つの同じような正方形に変わりますが、赤と白のコンパートメントのパターンは異なり、参加者は元の正方形が存在するかどうかをできるだけ早く判断する必要があります。このサブテストから、反応時間、正しい反応の数、および偽陽性および偽陰性の数が測定される(すなわち、元の四角に答えることがない場合には元の四角に答えることがない)。
選択的注意力と作業記憶を測定するサブテストのANTからのMemory Search Letters では、参加者に4文字のグループが示され、元の刺激文字があるかどうかを判断する必要があります。また、このサブテストから反応時間、ならびに正しい反応の数、ならびに偽陽性および偽陰性の数が測定される。
反応抑制を設定し、シフトを設定するサブテストの反応構成矢印は、矢印の方向に対応するマウスボタンを押すことによって画面に表示される矢印に反応する必要があります(パート1)。マウスボタンを逆方向に押します(パート2)。パート3では、2つの異なる色付きの矢印がランダムに表示され、参加者は戦略を切り替えてできるだけ早く反応する必要があります。この試験から反応時間もまた誤差も測定される。
ANTのサブテストであるSpatial Temporal Span(視空間作業記憶を測定する)では、参加者に9つの四角形をランダムに強調表示する画面が表示されます。参加者は、正方形を同じ順序(パート1)または逆の順序(パート2)でクリックして応答する必要があります。各試行で、強調表示されているマス目の数が増えます。このサブテストでは、試行回数と反応速度が測定されます。
宣言的記憶を測定するAVLTは、参加者に口頭で提示される15語の5つの学習試験から構成されています。参加者はできるだけ多くの単語を暗記して再現する必要があります。スコアは、5回の試行の合計単語数、20分後の再生の遅れ、15人のディストラクタによる合図認識(ディストラクタと合図の両方の単語に対する正しい回答数、最大30点)です。
テストの流暢さは、言語の側面と実行機能を測定するもので、参加者が特定の文字で始まる1分以内にできるだけ多くの単語を口頭で生成するように求められる3つの異なる文字を含む3つの試行からなります。スコアは3回の試行からの単語の総数です。Category Fluencyテストでは、参加者は1分間にできるだけ多くの単語を口頭で生成するよう求められます。これは特定の意味カテゴリに属します。動物と職業という2つの試験が行われた。スコアは、2回の試行の合計単語数です。
PVTは持続的注意を測定し、ハンドヘルドパームデバイス上に2〜10秒の間のランダムな間隔で提示される30の反応時間刺激からなる[47]。それは持続的注意の2つの側面を測定します:反応時間と経過。刺激が画面に表示されたらすぐに参加者はボタンを押す必要があります。
2.3.6。データ削減
速度複合スコアは、Z変換(ANTからの応答機関矢印およびベースライン速度、およびカテゴリー流暢の逆Zスコア)認知速度が重要であるテストでスコアの値の平均によって、全ての参加者について算出した[48 】低いスコアと高速認知速度を示します。さらに、ANTとPVTのすべてのサブテストには、反応時間の結果尺度と正しい回答の割合が含まれています。反応時間はスピードと精度のトレードオフの影響を受けます。つまり、参加者はより短い反応時間を目標としながらより多くのミスを犯すなどの方法で戦略を採用できるということです[49]。そこで、反応時間を正しい反応の割合で割った効率の尺度を計算しました(RT / pこれはこのトレードオフを考慮に入れたものであり、参加者の採用した戦略の影響を受けない客観的な尺度になると見なされています[50]。スコアが低いほど効率が良いことを示します。
2.4 。処理
参加者の不眠症の治療のためのプロトコルは、インターネットのウェブサイトを介したCBTI [31]、[32]、[34]の6週間の事前にプログラムされた相談から成っていた。さらに、認定された睡眠療法士からの短い個別のフィードバック、および治療の遵守と転帰を促進するための2回目のセッションの翌週の睡眠療法士との15分間のチャットセッションが1つずつ含まれました[51]、[52]、[ 53]。CBTIには、心理教育、睡眠衛生、睡眠制限、刺激管理、認知療法、およびリラクゼーション法が含まれていました(治療プロトコルの詳細については、De Bruin et al。[34]を参照)。
参加者はパーソナライズされたWebサイトにログオンし、そこで決まった時間と曜日に相談を受けました。各相談は、テキスト、映画、写真、そしてCBTIの構成要素に基づいた演習や説明を含む短い対話式の質問票を含むいくつかのオンラインページからなる。治療条件13の参加者から、6回全ての相談を完了し、2回は5回の相談を完了し、3人は4回の相談を完了した。
2.5 。統計分析
全ての分析は、治療を意図したサンプルに対して行われた。アクティグラフィーおよび睡眠記録からのデータを、反復測定(すなわち、ベースラインおよび治療後の両方で1週間の毎日)を参加者内にネストしていると見なした多重レベル回帰分析を使用して分析した。週に毎日行われたアクティグラフィーと睡眠ログの測定で、私たちは就学前の夜と休日の前の夜を区別して睡眠行動の関連する違いを説明しました。休日は、週末(土曜日と日曜日)、祝日、および参加者が自分の睡眠記録に無料であるとコメントした日付です。年齢はアクティグラフィーおよび睡眠記録からの睡眠変数への影響に有意差を示さなかったので、我々はこの変数なしでモデルを分析した。[54]そのため、ベースライン測定値を提供したすべての参加者が分析に含まれた。アクティグラフィーと睡眠対数の測定値では、それぞれ16.1%と8.3%の欠損値がありました。すべての睡眠変数は標準化されているので、β係数は小、中、大の効果サイズを示す0.20、0.50、および0.80のCohenのd効果サイズとして解釈できる[55]。
治療後に参加者が依然として臨床的に有意な不眠症を経験したかどうかを評価するために、平均SOLまたはWASOが30分を超えたかどうか、および治療後のSEが90%未満かどうかを各参加者に対してコード化した[56]、[57]、[58]。2人の参加者は治療後に睡眠記録の測定値を提供しなかった。LittleのMCAR検定は有意ではなかった(X 2(10)= 8.53、p  = 0.578)。これは、これらのデータが無作為に完全に欠落していることを示している。そのため、この分析のためだけに睡眠ログの値を決定するために多重代入が使用されました[59]。。治療後に依然として臨床的に有意な不眠症を経験した両方の状態における参加者の割合の差を試験するために、X2試験を使用した。
CSRQとHSDQiのグループ間の違いを分析し、認知機能に対する睡眠の影響をテストするために、被験者間要因として条件(治療対待機リスト)を用いて、分散の分散分析(ANOVA)を繰り返し測定した。被験者内要因としてのベースライン対治療後または待機リスト)。CSRQとHSDQiに欠損値はありませんでした。認知機能に関する試験では、カテゴリー流暢さの治療条件から1つが欠けていた、そしてPVT用の試験装置の機能不全のために、待機リストから4つの欠損とその試験の治療条件から6つの欠損があった。欠けているデータはこれらの分析から除外された。待機リスト条件の参加者はCBTI条件よりも若かったので、我々は分析を年齢を共変量として再評価した。[60]。ANOVAの部分イータ二乗効果サイズ(計算我々のすべての効果について、η P 2を小、中を示す0.010、0.050、および0.140を有する)、及び大きな効果サイズ[55] 。
就学前の睡眠の改善と治療群における認知結果との関係を調査するために、我々は治療の効果を示した認知テストと治療効果の改善のためにベースラインと治療後の結果尺度の改善のピアソン相関係数を計算した。学校の夜の睡眠パラメータ。
3 。結果
3.1 。参加者
治療および待機リストグループの参加者は年齢および性別について一致 したが、待機リストグループの参加者は平均1.2歳で、年齢には有意差が見られた(t(1、30)= 2.18、p = 0.037)。治療群の参加者より。二つのグループの間で少年少女の割合に有意差はなかった(Χ 2(1)= 0.33、P  = 0.568)。
3.2 。睡眠
アクティグラフィー、睡眠記録、およびアンケートからの睡眠変数の平均と標準偏差を表1に示します。これらの睡眠変数の重回帰分析からのすべての係数は表2に示されています。
表1。アクティグラフィー、睡眠記録、アンケートからの睡眠変数の平均と標準偏差。
アクティグラフィー 処理 順番待ちリスト
ベースライン(n = 18) 後処理(n = 16)a ベースライン(n = 14)b 後処理(n = 12)c
M(SD) M(SD) M(SD) M(SD)
TST 学校 6:41(0:56) 6:44(0:39) 6時25分(1時13分) 6:37(1:01)
週末 7:20(1:01) 7:20(0:56) 6:37(1:14) 6:42(0:59)
TIB 学校 8:34(0:59) 8:13(0:59) 8:46(1:23) 8:52(1:02)
週末 9時(0時59分) 8時50分(1:04) 9時22分(1時12分) 8時49分(1時)
ソル 学校 0:24(0:17) 0:16(0:14) 0:40(0:39) 0:42(0:43)
週末 0:18(0:17) 0:16(0:14) 0:45(0:47) 0:34(0:40)
WASO 学校 1時21分(0時35分) 1時10分(0時25分) 1時35分(0時39分) 1時27分(0時31分)
週末 1時17分(0時26分) 1時09分(0時23分) 1時47分(0時45分) 1時23分(0時25分)
SE(%) 学校 78.3(7.4) 82.1(4.6) 73.5(10.1) 74.9(8.8)
週末 81.4(5.5) 83.2(5.8) 70.8(9.9) 75.9(7.2)
FI 学校 32.3(14.1) 28.6(10.6) 33.2(10.7) 31.3(10.1)
週末 30.8(10.4) 29.5(12.1) 35.2(12.5) 30.3(8.7)
Sleeplogs b ベースライン(n = 18)d 後処理(n = 18)e ベースライン(n = 14)f 後処理(n = 12)g
TST 学校 7:12(1:18) 7:36(1:12) 7時32分(1時35分) 7時03分(2時11分)
週末 8時05分(1時22分) 8時14分(1時11分) 7:50(2:01) 6:57(1:41)
TIB 学校 8:46(1:04) 8時24分(1時10分) 9時(1時32分) 8時52分(1時54分)
週末 9時28分(1時08分) 9時04分(1時14分) 9時34分(2:02) 8時52分(1時34分)
ソル 学校 0:52(0:38) 0:31(0:20) 0:53(0:36) 0:57(0:48)
週末 0:34(0:30) 0:28(0:16) 0:53(0:49) 0:54(0:44)
WASO 学校 0:14(0:27) 0:02(0:05) 0:13(0:23) 0時25分(0時40分)
週末 0:11(0:19) 0:04(0:07) 0:22(0:30) 0:27(0:58)
SE(%) 学校 82.1(10.0) 90.4(4.9) 83.6(9.4) 79.2(13.2)
週末 85.3(10.6) 90.9(3.6) 82.3(13.6) 78.3(13.9)
SSQ 学校 2.79(0.96) 3.17(0.89) 2.64(0.89) 2.59(0.83)
週末 3.53(0.98) 3.48(0.80) 2.98(0.94) 2.91(0.85)
アンケート ベースライン(n = 18) 後処理(n = 18) ベースライン(n = 14) 後処理(n = 14)
CSRQ
 睡眠不足 14.22(1.48) 12.44(2.20) 14.00(2.57) 14.36(2.56)
 刺激 8.67(2.77) 7.56(2.81) 6.93(2.13) 8.07(1.86)
 エネルギー損失 10.72(1.60) 9.50(2.09) 10.21(2.39) 10.50(2.34)
 眠気 9.39(1.72) 8.44(1.89) 8.57(2.79) 8.58(2.14)
 合計スコア 43.00(4.79) 37.94(6.65) 39.71(7.60) 41.50(6.56)
HSDQi 3.39(0.62) 2.88(0.71) 3.18(0.61) 3.36(0.67)
注意。アクティグラフィーと睡眠記録からの測定値は、学校の定休日の前の夜と休日の前の週末の夜に分けられました。TST =総睡眠時間。TIB =就寝時間。SOL =睡眠開始待ち時間。WASO =睡眠開始後に起きる。SE =睡眠効率。FI =フラグメンテーションインデックス。SSQ =主観的睡眠の質 HSDQ 1 =不眠症スケールオランダ睡眠障害質問票。CSRQ =慢性睡眠減少調査票。
ある
週末の測定値はn = 15です。
b
週末の測定値はn = 13です。
c
週末の測定ではn = 11です。

週末の測定値はn = 17です。
e
学校の夜間の測定ではn = 17、週末の測定ではn = 16です。
f
週末の測定値はn = 13です。
g
週末の測定ではn = 11です。
表2。時間(ベースライン対治療後または待機リスト)、状態(治療対待機リスト)、および夜のタイプ(週末/フリー対スクールナイト)に対するアクティグラフィーおよび睡眠ログからの睡眠変数の多重レベル回帰分析からのパラメーター推定被験者間要因としての条件(治療対待機リスト)および被験者内要因としての時間(ベースライン対治療後または待機リスト)を用いた質問票の分散分析の結果。
アクティグラフィー TST TIB ソル WASO SE FI
ß(se) p ß(se) p ß(se) p ß(se) p ß(se) p ß(se) p
条件(治療vs待機リスト) 0.30(0.19) 0.115 −0.26(0.19) 0.183 −0.60(0.24) 017 −0.48(0.25) 0.064 0.67(0.23) 0.006 −0.09(0.26) 0.741
週末(vs schoolday) 0.48(0.13) <0.001 0.39(0.13) 0.003 −0.13(0.11) 0.226 −0.05(0.64) 0.639 0.21(0.10) 0.043 −0.07(0.11) 0.541 時間 – 治療後(ベースラインに対する) 0.07(0.16) 0.682 −0.03(0.16) 0.847 0.03(0.13) 0.811 −0.15(0.25) 0.252 0.09(0.13) 0.455 −0.14(0.13) 0.287 状態×時間 0.01(0.19) 0.955 −0.23(0.19) 0.227 −0.24(0.16) 0.140 −0.18(0.16) 0.252 0.35(0.15) 0.024 −0.23(0.16) 0.156 週末×時間 −0.14(0.20) 0.482 −0.03(0.20) 0.895 0.09(0.17) 0.604 0.10(0.16) 0.558 −0.20(0.16) 0.208 0.20(0.17) 0.229 睡眠ログ TST TIB ソル WASO SE SSQ ß(se) p ß(se) p ß(se) p ß(se) p ß(se) p ß(se) p 条件(治療vs待機リスト) −0.14(0.20) 0.493 −0.18(0.18) 0.343 −0.19(0.24) 0.434 −0.09(0.21) 0.683 −0.01(0.21) 0.978 0.28(0.22) 0.210 週末(vs schoolday) 0.40(0.14) 0.004 0.45(0.14) 0.002 −0.27(0.11) 0.019 0.07(0.13) 0.564 0.12(0.12) 0.312 0.61(0.12) <0.001 時間 – 治療後(ベースラインに対する) −0.21(0.15) 0.161 −0.07(0.15) 0.656 −0.03(0.13) 0.831 0.30(0.14) 0.033 −0.30(0.13) 0.020 −0.02(0.14) 0.890 状態×時間 0.48(0.18) 0.010 −0.13(0.19) 0.499 −0.45(0.15) 0.003 −0.67(0.17) <0.001 1.03(0.16) <0.001 0.44(0.17) 0.008 週末×時間 −0.17(0.21) 0.403 −0.21(0.21) 0.316 0.12(0.17) 0.484 −0.07(0.19) 0.723 −0.03(0.18) 0.881 −0.27(0.18) 0.151 アンケート CSRQ睡眠不足 CSRQイライラ CSRQエネルギー損失 CSRQの眠気 CSRQ総合スコア HSDQi ηのP 2 p ηのP 2 p ηのP 2 p ηのP 2 p ηのP 2 p ηのP 2 p 時間 – 治療後(ベースラインに対する) .093 0.089 0.000 0.957 0.060 0.176 0.060 0.178 0.160 0.023 0.136 0.038 状態×時間 .189 0.013 0.329 0.001 0.142 0.033 0.060 0.178 0.454 <0.001 0.407 <0.001 注意。多重レベル回帰分析のすべての結果変数は標準化されているので、β係数は、小、中、大の効果サイズを示す.20、.50、および.80でCohenの効果サイズとして解釈できます[55]。SOL =睡眠開始待ち時間。WASO =睡眠開始後に起きる。TST =総睡眠時間。TIB =就寝時間。SE =睡眠効率。HSDQ 1 =不眠症スケールオランダ睡眠障害質問票。CSRQ =慢性睡眠減少調査票。η P 2  =部分ETAは、小、中を示す0.010、0.050、および0.140と効果サイズ、及び大きな効果サイズ平方[55] 。 3.2.1 。アクティグラフィー アクチグラフィー測定からの睡眠変数の分析は、ベースライン時の群間でSOLとSEの有意差 を示し、治療のためのSOLがより少なく(β= −0.60、p  = 0.017)、そしてより高いSE(β= 0.67、p= 0.006)。調子。予想どおり 、週末の夜間には、学校の夜間と比較してTSTが有意に長くなり(β= 0.48、p  <0.001)、SEが高くなりました(β= 0.21、p = 0.043)。 治療後、2群間のSOLの差は有意に変化しなかったし、どちらの群についてもSOLは経時的に有意に変化しなかった。SEは、ベースラインでの処理条件で既に高かったものの、条件(待ちリストに対する処理)と時間との有意な相互作用は、SEが待機リスト条件(β= 0.35の場合よりも治療後にこの群で有意により改善することが示されたP  = 0.024)。 3.2.2 。睡眠ログ 睡眠対数測定値から、いずれの睡眠変数においてもベースライン時に2つのグループ間に有意差は見られなかった。学校の夜と比較して週末の夜はTSTが長くなり(β= 0.40、p  = 0.004)、TIBが長くなり(β= 0.45、p  = 0.002)、SOLが短くなり(β= -0.27、p  = 0.019)、そしてより良いSSQ(β=) 0.61、p  <0.001)が見出された。参加者のグループ全体で、WASOは有意に増加し(β= 0.30、p  = 0.033)、SEは有意に減少した(β= -0.30、p)。 = 0.020)治療または待機リストの6週間後。しかしながら、条件と時間との間の有意な相互作用は、待機リスト群と比較して、SOLおよびWASOが治療群についてより減少したことを示した(それぞれβ= -0.45、p  = 0.003およびβ= -0.67、p  <0.001)。 、SEおよびSSQはさらに増加し​​た(それぞれβ= 0.48、p  = 0.010、β= 1.03、p  <0.001およびβ= 0.44、p  = 0.008)。 3.2.3 。アンケート CSRQおよびHSDQiを用いたANOVAの結果は、6週間の治療または待機リスト後に、グループ全体のCSRQおよびHSDQiの合計スコアが有意に減少した(F(1,29)= 5.70、p  = 0.023、ηのP 2  = 0.160およびF(1,29)= 4.73、P  = 0.038、ηのP 2  = 0.136、それぞれ)。CSRQの個別の尺度では、グループ全体でそのような著しい減少はありませんでした。睡眠の息切れ(のための条件および時間のための重要な相互作用効果、しかし、あったF(1,29)= 6.98、P  = 0.013、ηのP 2は、 = 0.189)、刺激(F(1,29)= 14.73、P  = 0.001、η P 2  = 0.329)、エネルギーの損失(F(1,29)= 4.98、P  = 0.033、ηのP 2  = 0.142)、 CSRQの合計スコア(F(1,29)= 24.94、P  <0.001、ηのP 2  = 0.454)、およびHSDQi(F(1,29)= 20.63、P  <0.001、ηのP 2  =これは、治療条件スコアが待機リスト状態と比較して有意に大きく減少したことを示している(表2参照)。)眠気のための有意な相互作用効果はありませんでした。 3.3 。臨床的に重要な不眠症 依然として臨床的に有意な不眠症を経験している両方の状態における参加者の割合の分析は、待機リスト状態における14人の参加者全員が6週間後にまだ臨床的に重要な不眠症を経験していることを示した。治療条件では、18人の参加者のうちの11人(61.1%)が治療の6週間後に経験した不眠症の亜臨床レベルに改善した。これらの割合は有意に異なっていた(X 2(1)= 13.04、p <0.001)。 3.4 。認知機能 認知試験からの結果測定値のすべての平均値、標準偏差およびANOVAからの結果を表3に示す。 表3。対象間要因としての条件(治療対待機リスト)および時間内(対象対治療または待機リストに対するベースライン)の認知結果指標の分散分析の結果。 ウェイトリスト(n = 14) 治療法(n = 18) 時間効果 時間×グループ効果 ベースライン 後処理 ベースライン 後処理 ηのP 2、P ηのP 2、P M SD M SD M SD M SD 簡単な反応時間  反応時間 270.07 30.83 263.64 26.16 273.78 26.83 285.61 20.97 0.008、p  = 0.623 0.086、p  = 0.103  比率が正しい 0.99 0.02 0.99 0.02 0.99 0.02 0.99 0.01 0.004、p  = 0.740 0.014、p  = 0.520  効率 273.53 31.61 267.47 28.81 276.29 25.35 287.39 21.31 0.007、p  = 0.641 0.079、p  = 0.119 視覚空間処理  反応時間 1512.71 397.74 1432.86 347.27 1684.06 343.39 1408.56 226.48 0.438、p  <0.001 0.191、p  = 0.012  比率が正しい 0.96 0.06 0.90 0.08 0.95 0.05 0.98 0.04 0.073、p  = 0.134 0.290、p  = 0.001  効率 1583.57 438.03 1631.97 523.74 1773.29 389.82 1440.26 217.80 0.244、p  = 0.004 0.366、p  <0.001 選択的注意とワーキングメモリー  反応時間 892.64 207.10 770.50 137.65 945.33 205.23 746.33 152.57 0.659、p  <0.001 0.100、p  = 0.078  比率が正しい .96 .03 .95 .04 .94 .04 .96 .03 0.004、p  = 0.738 0.052、p  = 0.208  効率 929.60 212.11 809.76 143.29 998.63 198.80 779.45 157.81 0.709、p  <0.001 0.173、p  = 0.018 反応抑制とセットシフト  反応時間 645.29 165.12 582.29 132.22 621.44 104.19 536.61 72.21 0.496、p  <0.001 0.021、p  = 0.429  比率が正しい 0.89 0.08 0.82 0.09 0.91 0.08 0.90 0.08 0.204、p  = 0.009 0.108、p  = 0.066  効率 725.68 162.42 705.86 132.29 685.71 136.33 600.29 104.18 0.214、p  = 0.008 0.096、p  = 0.085 視覚空間作業記憶  ポインティング間隔 989.21 153.19 1005.64 142.11 1028.56 261.73 950.78 128.35 0.028、p  = 0.356 0.065、p  = 0.160  正しいターゲット数 72.07 14.12 71.71 15.31 72.72 14.08 73.61 17.04 0.000、p  = 0.928 0.002、p  = 0.832  比率が正しい 0.98 0.02 0.99 0.02 0.99 0.01 0.99 0.02 0.057、p  = 0.186 0.000、p  = 0.984  効率 1009.35 173.83 1020.41 151.66 1044.51 272.21 961.08 137.35 0.037、p  = 0.291 0.062、p  = 0.170 宣言型メモリ  総単語 50.07 9.03 51.71 8.85 52.44 10.56 54.61 7.48 0.134、p  = 0.039 0.003、p  = 0.769  認識 29.29 0.99 29.21 1.05 29.50 0.99 29.72 0.58 0.007、p  = 0.653 0.025、p  = 0.383  遅延リコール 10.21 3.36 11.00 2.83 11.22 2.65 12.00 1.65 0.145、p  = 0.032 0.000、p  = 0.991 言語の流暢さ  カテゴリ-合計の言葉 40.50 11.49 39.71 9.86 38.00 8.37 36.59 8.37 0.035、p  = 0.311 0.004、p  = 0.743  レター – 総単語 35.29 10.20 36.07 8.49 31.06 10.17 36.78 6.98 0.165、p  = 0.023 0.099、p  = 0.084 持続的な注意b  反応時間 306.50 30.00 305.00 31.80 327.08 50.70 307.08 38.64 0.184、p  = 0.047 0.143、p  = 0.083  経過 5.20 4.78 3.30 2.41 6.67 5.68 4.17 3.95 0.284、p  = 0.011 0.007、p  = 0.705  比率が正しい 0.99 0.01 0.98 0.02 0.99 0.01 0.99 0.02 0.094、p  = 0.165 0.000、p  = 0.944  効率 310.53 29.74 311.17 32.75 329.70 52.16 311.67 38.92 0.118、p  = 0.118 0.133、p  = 0.095 認知スピード  平均Zスコア −0.441 0.653 −0.457 0.656 −0.386 0.470 −0.377 0.445 0.000、p  = 0.967 0.001、p  = 0.874 ANT Baseline Speed [44]によって測定された単純な反応時間。ANT Feature Integration [44]によって測定された視覚空間処理。ANT Memory Search Letters [44]により測定された選択的注意および作業記憶。ANT Response Organization Arrows [44]によって測定された反応抑制およびセットシフト。ANT Spatial Temporal Span [44]によって測定された視覚空間作業記憶。宣言的記憶はレイの聴覚言語学習テスト(AVLT)で測定された[46]。言語の流暢さは、カテゴリーと文字の流暢さの課題によって測定された[46]。Psychomotor Vigilance Task(PVT)によって測定された持続的注意[45]; 認知速度= ANTからの応答組織化矢印およびベースライン速度のz変換値の平均、およびカテゴリ流暢性の逆zスコア[48]、より低いスコアがより良い認知速度を示す。効率=反応時間を正しい反応の割合で割ったもの(RT /p(補正))[50]、スコアが低いほど効率が高いことを示す。η P 2  =部分ETAは、小、中を示す0.010、0.050、および0.140と効果サイズ、及び大きな効果サイズ平方[55] 。 ある 待機リストと治療のそれぞれn = 14とn = 17。 b 待機リストと治療のそれぞれn = 10とn = 12。 治療または待機リスト、反応時間および視空間処理の効率、後に両方のグループのための有意な改善があったF(1,30)= 23.40、P  <0.001、ηのP 2  = 0.438およびF(1,30)= 9.66は、P  = 0.004、ηのP 2  = 0.244、それぞれ、選択的注意および作業記憶、F(1,30)= 58.05、P  <0.001、ηのP 2  = 0.659およびF(1,30)= 73.09、P  <0.001、η  それぞれp2= 0.709であり、応答抑制およびセットシフト、F(1,30)= 29.48、P  <0.001、ηのP 2  = 0.496およびF(1,30)= 8.16、P  = 0.008、ηのP 2  学習効果と解釈することができ、それぞれ= 0.214、。時間と条件の間に有意な相互作用は、しかしながら、視空間処理のための反応時間が大きく減少があったことを示したF(1,30)= 7.09、P  = 0.012、ηのP 2  = 0.191、および原因の割合をより改善します正しい応答、F(1,30)= 12.28、P  = 0.001、ηのP 2 = 0.290、効率も大きく向上、F(1,30)= 17.35、P  <0.001、ηのP 2  待ちリストと比較して処理条件のため= 0.366、。さらに、選択的注意および作業メモリの効率は処理条件、のためのより改善されたF(1,30)= 6.28、P  = 0.018、ηのP 2  = 0.173。このドメインのための反応時間は、また、より多くの処理条件のための改善されたが、これは、0.05レベルでは有意ではなかったF(1,30)= 3.33、P  = 0.078、ηのP 2  = 0.100。 反応抑制およびセットシフトについては、治療条件における比例正答率および効率についてより改善を示す時間と条件の間の相互作用もあったが、これらは0.05レベルでは有意ではなかった、F(1,30)= 3.36、p  = 0.066 、ηのP 2  = 0.108およびF(1,30)= 3.17、P  = 0.085、ηのP 2  = 0.096、それぞれ。 陳述記憶のスコアは、総単語及び遅延想起で両グループの治療後に有意な改善を示したF(1,30)= 4.66、P  = 0.039、ηのP 2  = 0.134およびF(1,30)= 5.09、P  = 0.032、ηのP 2  = 0.145、それぞれが、有意な相互作用は何ら治療効果を示さない治療条件の間に発生しました。 流暢に両方のグループのための文字の流暢タスク、上の単語の有意な上昇があったテストFは、(1,30)= 5.09、P  = 0.023、ηのP 2  = 0.165が、時間と条件の相互作用は、有意ではなかったです0.05レベル、F(1,30)= 3.19、P  = 0.084、ηのP 2  = 0.099。 持続的注意のための反応時間と経過の数は両群について、経時的に有意な減少を示し、F(1,30)= 4.50、P  = 0.047、η P 2  = 0.184およびF(1,30)= 7.94、P  = 0.011、ηのP 2  = 0.284、それぞれ、および治療後の処理条件のより良好な反応時間および効率を示す時間と条件の相互作用があったが、これは、0.05レベルで有意ではなかった、F(1,30)= 3.33、P  = 0.083、η P 2  = 0.143およびF(1,30)= 3.08、P  = 0.095、ηのP 2  =それぞれ0.133。 単純反応時間および視空間作業記憶に関する認知試験のスコア、ならびに認知速度に関する複合スコアは、いずれの群についても経時的に有意な変化を示さなかった。 3.5 。治療群における夜間の認知機能の改善と睡眠の改善の間の相関 結果から、視覚空間処理、選択的注意および作業記憶、反応抑制およびセットシフト、文字流暢性、および持続的注意は、待機リストよりも治療後に改善するか、またはその方向に傾向を示したようであった。そのため、これらの認知結果の測定値について、ベースラインと治療後の効率の差スコア、および就学前の活動記録と睡眠記録からの治療グループの睡眠変数の差スコアとの相関、および質問票のスコアを計算しました。結果を表4に示す。 表4。治療群における夜間の睡眠の変化と認知機能の効率スコアの変化との間の相関 アムステルダム神経心理テスト – ANT 流暢な手紙 持続的な注意 視覚空間処理 選択的注意とワーキングメモリー 応答抑制とシフトシフト アクチグラフィー TST −0.32 0.04 0.24 −0.04 0.24 SE −0.36 −0.20 0.16 −0.01 0.17 ソル 0.47 0.42 −0.27 0.08 −0.51 WASO −0.06 −0.05 −0.10 0.05 0.27 FI 0.28 0.00 −0.10 0.12 0.15 スリープログ TST −0.37 0.24 0.12 0.06 0.28 SE −0.28 −0.06 0.10 −0.09 0.11 ソル 0.18 −0.03 −0.48 −0.11 0.22 WASO 0.54 * 0.62 ** 0.04 0.21 −0.77 ** SSQ −0.61 ** −0.19 0.007 −0.13 0.52 CSRQ / HSDQi 睡眠不足 0.16 0.52 * −0.11 −0.17 0.16 刺激 0.00 −0.02 0.05 0.02 −0.08 エネルギー損失 0.51 * 0.06 −0.16 −0.01 −0.49 眠気 0.63 ** 0.40 −0.14 −0.23 −0.49 CSRQ合計 0.55 * 0.38 −0.15 −0.16 −0.39 HSDQi 0.22 0.04 0.00 0.15 −0.35 * 0.05レベルで有意。 ** 0.01レベルで有意。睡眠変数の改善は、総睡眠時間(TST)、睡眠効率(SE)、および主観的睡眠の質(SSQ)の増加、ならびに入眠待ち時間(SOL)、入眠後の覚醒(WASO)、および断片化の減少によって示されるインデックス(FI)オランダ睡眠障害調査票(HSDQi)および慢性睡眠減少調査票(CSRQ)の不眠症尺度からの睡眠変数の改善は、得点の減少によって示される。認知機能の改善は、Letter Fluencyの総単語数の増加、および他のすべての認知課題の低い(効率)スコアによって示されます。したがって、睡眠の改善と認知機能の改善との関係は、TST、SE、およびSSQの負の相関、ならびにSOLの正の相関によって示されます。 改善視空間処理は、睡眠ログからWASO及びSSQの改善と相関し、そしてエネルギー、眠気、及びCSRQの合計スコアの損失としました。選択的注意力および作業記憶の改善は、睡眠記録からのWASO、およびCSRQの睡眠不足と相関していた。持続的注意の改善とWASO との関係もあったが、予想に反してこれはWASOの増加(すなわち悪化)と相関していた。アクチグラフィーによる睡眠変数と認知的測定のいずれとの間にも有意な相関は見られなかった。 4 。討論 本研究は、睡眠障害および青年期の不眠症の認知機能に対するインターネット配信CBTIの治療効果を調査することを目的とした。さらに、認知機能の変化が夜間の睡眠の変化に関連しているかどうかを調査することを目的としました。結果は、待機グループと比較して、実験群が客観的SEおよび主観的SOL、WASO、SE、TST、および睡眠の質において改善することを示した。不眠症や慢性的な睡眠の減少の症状が減少しました。さらに、治療後の睡眠変数の改善は中小効果サイズで比較的小さくても、治療条件の参加者18人中11人(61.1%)が主観的SOL、WASO、およびSEの亜臨床レベルまで改善した。待機リスト状態にない場合と比較して、終了しました。これは、予想通り、[34]CBTIは効果的であり、認知機能の変化はCBTIの治療効果に起因する可能性がある。認知機能の改善は、視覚空間処理の認知領域、選択的注意および作業記憶、ならびに持続的注意における改善の傾向において生じた。反応抑制およびセットシフトを含む実行機能において、そして言語流暢さにおいて。単純な反応時間、視覚空間作業記憶、宣言的記憶、およびカテゴリーの流暢さの分野においても、全体的な認知速度においても、有意な影響は見られなかった。最後に、認知機能の改善と夜間の睡眠の改善、睡眠ログからのWASOおよびSSQとの関係、および慢性的な睡眠の減少のいくつかの側面は、視空間処理の改善に関連しているように思われました。選択的注意とワーキングメモリ。しかし、WASOが登場PVTで測定された持続的注意課題と反比例の関係にあり、認知機能を有するアクチグラフィー指標のいずれについても関係は見られなかった。 認知機能の改善は、ほとんどの睡眠尺度のほんのわずかな改善、および比較的小さいサンプルサイズにもかかわらず見出された。しかしながら、前述のように、DSM-5不眠症障害の診断で治療を始めたほとんどの治療を受けた参加者は、自己申告SOLおよびWASOで治療後の不臨床の亜臨床レベルまで30未満に改善した分およびSEが90%を超えており、不眠症の主観的な経験が認知機能とのこの関係において重要な役割を果たす可能性があることを示しています。研究によれば、不眠症の主観的な経験は必ずしも客観的な睡眠の尺度で適切に表現されているわけではなく[61]、患者は昼間の機能に対する不眠症の影響を重視している[62]。客観的な睡眠の尺度で示されるよりも主観的な苦痛が高い さらに、思春期の不眠症に対するCBTIの以前の研究では、TST、不眠症の症状、および慢性的な睡眠の減少が治療後2ヶ月で改善し続けていることがわかりました。その結果、一部の睡眠変数は治療後にのみ改善されます。言い換えれば、治療効果の一部は治療後に発生します。つまり、現在の研究では睡眠改善後の認知機能の最終的な達成を測定できない可能性があります。 本研究で測定された認知領域から、視覚空間処理は最も顕著な治療効果を示し、その中で反応時間と正確さの両方が改善され、またより良い効率をもたらした。Dewald − Kaufmann et al。[20]わずか2週間にわたる段階的な睡眠延長プログラムの完了後、慢性的な睡眠の減少を伴う青年期の視覚空間処理において同様の改善が見られた。本研究とDewald-Kaufmanらの研究。これまでのところ、睡眠障害のある青年の認知機能に対する睡眠改善の効果に関して著者らが知っている唯一の2つの研究である。これらの研究は両方とも、視空間処理への影響を示しており、これはこれが睡眠の変化に対する敏感な認知領域であることを示している可能性があります。青年期前の睡眠延長および認知機能に関する研究において、Sadeh等。[18]単純な反応時間、作業記憶および持続的な注意の改善を見いだした。この研究では、視覚空間処理を測定する明示的な認知テストは適用されていませんが、視覚空間処理の要素を含むテスト(記号 – 数字置換)では、睡眠延長の影響は報告されていません。Sadehら。[18]はワーキングメモリの改善、そして横断研究においてGradisar等を発見しました。[25]青年期の睡眠不足とワーキングメモリのパフォーマンス不良との関係を実証した。ワーキングメモリーにおけるこれらの発見と同時に、ワーキングメモリーと選択的注意という複合タスクの改善も見いだされました。これらの結果は、Dewald-Kaufmanらによる以前の発見を支持している。[20]青年期の睡眠延長後にも同じ課題に改善が見られました。子供や若い青年を対象とした研究では、Fallone et al。[23]急性睡眠制限後に認知抑制に欠陥がないことを見出したが、我々は応答抑制の改善および治療後のセットシフトのいくつかの徴候を見出した、およびCousins Hasler [21]思春期の睡眠延長後の認知抑制の改善を見出した。しかしながら、我々の研究では、反応抑制の改善と就寝時の睡眠変数のいずれかとのセットシフトとの間に関係は見られなかった。これらの矛盾する結果は、精神運動機能、反応時間、注意、視覚空間処理、ワーキングメモリ、および全体的な認知処理速度などのいくつかの低レベルの機能に依存するこの実行機能の複雑さによるものであり得る。これは不純物問題として知られています[63]。これは、これらの低水準関数のいずれかの変更が高次関数の変更につながる可能性があるとしています。青年期における睡眠の改善がこれらのより複雑で高次の認知機能に及ぼす影響に関する将来の研究では、それぞれの変化を区別するために、これらを低レベルの機能から解きほぐす必要があります。 序文で示したように、いくつかの研究は、青年期(例、[21]、[25])と児童(例、[16]、[18]、[64])の睡眠と作業記憶の関係を示した。これは、ワーキングメモリが睡眠の変化に敏感である可能性があることを示しています。しかしながら、本研究では、視空間作業記憶の有意な改善は生じなかった。Baddeley and Hitchのワーキングメモリモデルによると[65]ワーキングメモリは、4つの異なるシステムで構成されています。すなわち、視覚空間情報を処理して保存する視覚空間スケッチパッド、書き言葉と話し言葉の情報を処理して保存する音韻ループ、さまざまな情報源からの情報を統合したエピソードバッファ、そしてこれら3つを制御するセントラルエグゼクティブです。我々は視覚空間作業記憶と音韻作業記憶を含む課題(すなわち選択的注意と作業記憶のための記憶検索文字課題)について明らかに異なる結果を見出し、視覚空間作業記憶の変化および音韻作業記憶の改善は見られなかった。しかし、ワーキングメモリも含まれている視空間処理の改善も見つかりました。これら2つの視覚的タスクの違いは、視覚空間処理タスクでは視覚的情報を保持し、ターゲットと比較するために操作する必要があることです。視覚空間作業記憶のタスクでは、視覚記憶情報を作業記憶負荷に徐々に加えながら、この視覚空間情報を同じまたは逆の順序で再生しながら保持しなければならない。これらのタスクに必要なワーキングメモリ内での操作の量と性質には明確な違いがあります。したがって、より複雑な操作が行われ、セントラルエグゼクティブがより大きな範囲で関与する、より複雑なワーキングメモリタスクは、睡眠の変化に対してより敏感です。Gradisar等。視覚空間作業記憶のタスクでは、視覚記憶情報を作業記憶負荷に徐々に加えながら、この視覚空間情報を同じまたは逆の順序で再生しながら保持しなければならない。これらのタスクに必要なワーキングメモリ内での操作の量と性質には明確な違いがあります。したがって、より複雑な操作が行われ、セントラルエグゼクティブがより大きな範囲で関与する、より複雑なワーキングメモリタスクは、睡眠の変化に対してより敏感です。Gradisar等。視覚空間作業記憶のタスクでは、視覚記憶情報を作業記憶負荷に徐々に加えながら、この視覚空間情報を同じまたは逆の順序で再生しながら保持しなければならない。これらのタスクに必要なワーキングメモリ内での操作の量と性質には明確な違いがあります。したがって、より複雑な操作が行われ、セントラルエグゼクティブがより大きな範囲で関与する、より複雑なワーキングメモリタスクは、睡眠の変化に対してより敏感です。Gradisar等。したがって、より複雑な操作が行われ、セントラルエグゼクティブがより大きな範囲で関与する、より複雑なワーキングメモリタスクは、睡眠の変化に対してより敏感です。Gradisar等。したがって、より複雑な操作が行われ、セントラルエグゼクティブがより大きな範囲で関与する、より複雑なワーキングメモリタスクは、睡眠の変化に対してより敏感です。Gradisar等。[25]はまた、より複雑なワーキングメモリ課題は睡眠の違いにより強く関連していると結論した。しかしながら、その研究における刺激はそれに視覚的要素を与えるコンピュータースクリーン上に提示されたが、ワーキングメモリータスクは主に音韻ワーキングメモリーから成り、それは前述のように音韻ワーキングメモリーの改善の我々の発見と一致する。この問題についての洞察を得るためには、ワーキングメモリと睡眠の区別されたサブコンポーネント間の関係を目的としたさらなる研究が必要です。 本研究では、作業記憶、選択的注意、および視空間処理を含む認知機能の改善は、主観的な尺度(睡眠ログおよび質問表)からの睡眠パラメータとの関係を示した。これらのパラメーターには、WASO、SSQ、および慢性的な睡眠低下の症状が含まれていました。これは、作業記憶、選択的注意、および視覚空間プロセスが、断片化や落ち着きのなさなど、睡眠の特定の(主観的な)側面の変化に敏感であることを示しています。これはさらに、これらの認知機能と、睡眠不足、エネルギーの喪失、および眠気などの慢性的な睡眠低下の症状との強い関係によっても確認されました。学校の成績に深刻な影響を与える[11]、[30]、およびADHDの症状に関連している[28]、[29]。 制限事項 この研究にはいくつかの制限がありました。まず第一に、グループサイズが小さく、睡眠と認知機能の両方の変化を検出する力が限られていた可能性があります。合計32名の参加者という現在のサンプルサイズでは、グループ間の大きな差異の影響を検出するための先験的な力[66](効果サイズd = 0.8、アルファ= 5%片側を仮定)は71%で、中サイズの微分効果を検出するパワーはわずか40%です(効果サイズd = 0.5を仮定)。しかしながら、認知機能において観察された効果の大きさは大きく、そして我々は治療後に統計的に有意な改善を見出した。明らかに、認知機能の改善はかなりのものになる可能性があります。他の制限は、無作為化にもかかわらず、待機リスト群が治療群よりも有意に年上であるということでした。これは、睡眠と認知の両方の結果に関する所見に影響を与えた可能性があります。この研究の主な関心事は、治療または治療なしによる睡眠および認知機能の経時変化であるが、この変化は異なる年齢では異なるように発現するか、または治療に対して異なる反応を示す可能性がある。私たちのサンプルは小さすぎて異なる年齢層の分析を行うことができませんでした。最後に、前述のように、治療後の睡眠の変化は治療直後の測定に限られていましたが、以前の研究では[34]は、青年期におけるCBTIのいくつかの影響が治療終了後に起こることを示した。そのため、フォローアップ測定を含め、性別や年齢が等しい、より大きなグループを対象としたさらなる研究を提案する。 結論として、この研究は、不眠症の青年に対するCBTIが視覚空間処理ではなく視覚空間処理と音韻作業記憶の顕著な改善をもたらすことができることを示した。これらの知見は、学業成績に関連した思春期の睡眠の分野[9]や、睡眠とADHDに関するコンセンサスワーキンググループによって研究の主要なトピックの1つとして挙げられているADHDのような臨床分野における研究と介入に影響があります。[29]。 利益相反 この記事に関連する潜在的な利益相反のためのICMJE統一開示フォームは、次のリンクをクリックすることで閲覧することができます:http : //dx.doi.org/10.1016/j.sleep.2014.12.009。 zipファイルをダウンロードする(2MB)zipファイルのヘルプ 利害の衝突。潜在的な利益相反の開示フォームのICMJEフォーム。 謝辞 この研究は、オランダ健康研究開発機構ZonMw(番号15700.3008)からAnne Marie Meijerへの助成金によって支援されました。著者は、認知テストにおける彼女の援助のためにアネットファンMaanenに感謝します。 参考文献 [1] マイヤー A.、Reitz E.、Dekovic M.、et al。 睡眠の質、就寝時間および青年期の問題行動の間の長期的関係 J子供Psychol Psyc 、51 (2010 )、頁1278 – 1286 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [2] Dewald J.F.、Meijer A.、Oort F.J.、et al。 小児および青年における学校の成績に対する睡眠の質、睡眠期間、および眠気の影響:メタアナリシスレビュー Sleep Med Rev 、14 (2010 )、pp。179 – 189 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [3] ビービー D.W. 小児および青年における不適切な睡眠の認知的、行動的、および機能的影響 Pediatr Clin North Am 、58 (2011 )、pp。649 – 665 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [4] ダール R.E. 、Lewin D. S. 思春期の健康睡眠調節と行動への道 J Adolesc健康、31 (2002 )、頁175 – 184 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [5] ロバーツ R.E. 、Roberts C.R.、Chen I. 青年期の将来の機能に対する不眠症の影響 J Psychosom Res 、53 (2002 )、pp。561 – 569 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [6] ジョンソン E.O. 、Roth T.、Schults L.、et al。 青年期におけるDSM-IV不眠症の疫学:生涯罹患率、慢性度、および緊急の性差 Pediatrics 、117 (2006 )、pp。E247 – E256 Google Scholar [7] ロバーツ R.E. 、Roberts C.R.、Duong H. 青年期の健康と機能に対する慢性不眠症とその負の影響:12か月間の前向き研究 J Adolesc健康、3 (2008 )、頁294 – 302 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [8] 青年期における Dohnt H. 、Gradisar M. 、Short M. 不眠症およびその症状:DSM-IVとICSD-IIの診断基準の比較 J Clin Sleep Med 、8 (2012 )、pp。295 – 299 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [9] Curcio G. 、Ferrara M. 、De Gennaro L. 睡眠障害、学習能力および学業成績 Sleep Med Rev 、10 (2006 )、pp。323 – 337 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [10] Fallone G.、Owens J.、 小児および青年における Deane J. 眠気:臨床的意義 Sleep Med Rev 、6 (2002 )、287 – 306 頁 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [11] ウルフソン A.R. 、Carskadon M.A. 青年の睡眠パターンと学校の成績を理解する:重要な評価 Sleep Med Rev 、7 (2003 )、491 – 506 頁 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [12] ダーマー J.S 、Dinges D.F. 睡眠不足の神経認知的影響 SEMIN Neurol 、25 (2005 )、PP。117 – 129 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [13] Goel N. 、Rao H. 、Durmer J S. 、et al。 睡眠不足の神経認知的影響 SEMIN Neurol 、29 (2009 )、PP。320 – 339 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [14] Lim J.、Dinges D. 認知変数に対する短期睡眠欠乏の影響のメタ分析 Psycholブル、136 (2010年の)、頁375 – 389 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [15] キルゴア W.DS 認知に対する睡眠不足の影響 PROG脳RES 、185 (2010年)、PP。105 – 129 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [16] Kopasz M.、Loessl B.、Hornyak M.、et al。 健康な子供と青年における睡眠と記憶 – 批評的レビュー Sleep Med Rev 、14 (2010 )、pp。167 – 177 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [17] アスチル R.G. 、ファンデル ハイデンK.、ヴァンIJzendoorn M.H. 、et al。 学齢期の子供における睡眠、認知、および行動の問題:メタアナリシスによる1世紀の研究 Psycholブル、138 (2012 )、頁1109 – 1138 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [18] Sadeh A. 、Gruber R. 、Raviv A. 就学年齢の子供に対する睡眠制限と延長の効果:1時間が何を変えるのか Child Dev 、74 (2003 )、pp。444 – 455 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [19] ベダ Ø。、Saxvig I.W.、Wilhelmsen − Langeland A.、et al。 ノルウェーの青年期における学校開始時間、眠気および機能 Scand J EDUC RES 、56 (2012 )、頁。55 – 67 、10.1080 / 00313831.2011.567396 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [20] Dewald・カウフマン J.F. 、オールト F.J. 、メイジャー 午前 慢性睡眠障害の青年における睡眠および認知能力に対する睡眠延長の影響:実験的研究 Sleep Med 、14 (2013 )、pp。510 – 517 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [21] いとこHasler J.C. 青年期における学業成績、認知機能および精神的苦痛に対する睡眠延長の影響 博士論文。大学 アリゾナ州、ツーソン (2008年) Google Scholar [22] Carskadon M.A. 、ハーヴェイ K. 、狂する W.C. 青年期における睡眠障害 Sleep 、4 (1981 )、299 – 312 頁 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [23] ファロン G、アセボ C、アーネッド J.、et al。 小児の行動、持続的注意、および反応抑制に対する急性睡眠制限の影響 知覚名言スキル、93 (2001 )、頁213 – 229 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [24] Randazzo A.C. 、Muehlbach M.J. 、Schweitzer P.K. 、et al。 10〜14歳の小児における急性睡眠制限後の認知機能 Sleep 、21 (1998 )、pp。861 – 868 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [25] Gradisar M. 、Teriill J. 、ジョンストン G.T. 、et al。 思春期の睡眠とワーキングメモリーのパフォーマンス Sleep Biol Rhythms 、6 (2008 )、pp。146 – 154 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [26] Voderholzer U.、Pioschyk H.、Holz J.、et al。 数日間にわたる睡眠制限は思春期の若者における宣言的および手続き的記憶の長期想起に影響を及ぼさない Sleep Med 、12 (2011 )、pp。170 – 178 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [27] アンダーソン B. 、Storfer-Isser A. 、テイラー H.G. 、ら。 青年期における実行機能と眠気および睡眠時間との関連 Pediatrics 、123 (2009 )、pp。701 – 707 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [28] Chervin R.D. 、ディロン J.E. 、Bassetti C. 、ら。、Pituch K.J. 子供の睡眠障害、不注意、および活動亢進の症状 スリープ、20 (1997 )、頁。1185 – 1192 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [29] Owens J.、Gruber R.、Brown T.、et al。 睡眠とADHDにおける将来の研究の方向性:Consensus Working Groupの報告 J ATTEN Disord 、17 (2013 )、PP。550 – 564 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [30] マイヤー A. 慢性的な睡眠の減少、学校での機能、および青年期前の学校での達成 J Sleep Res 、17 (2008 )、pp。395 – 405 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [31] モリン C. 慢性不眠症の非薬理学的治療 アメリカ睡眠医学アカデミーのレビュー Sleep 、22 (1999 )、pp。1134 – 1156 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [32] Morgenthaler T.、Kramer M.、Alessi C.、et al。 不眠症の心理的および行動的治療のための診療パラメータ最新情報 アメリカ睡眠医学アカデミー報告 Sleep 、29 (2006 )、pp。1415 – 1419 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [33] Bootzin R.R. 、Stevens S.J. 青年、薬物乱用、および不眠症と昼間の眠気の治療 Clin Psychol Rev 、25 (2005 )、pp。629 – 644 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [34] De Bruin E.J. 、オールト F.J. 、Bögels S.M. 、et al。 青年期の不眠症に対するインターネットおよびグループ投与による認知行動療法の有効性:予備的研究 Behavスリープメッド、12 (2014 )、頁235 – 254 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [35] Dewald J.F. 、ショート M.A. 、Gradisar M. 、ら。 慢性睡眠減少調査票(CSRQ):オランダとオーストラリアの青年における異文化間比較と検証 J Sleep Res 、21 (2012 )、pp。584 – 594 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [36] アメリカ精神医学会 精神障害の診断と統計のマニュアル (第5版)、アメリカ精神医学会。、ワシントンDC (2013 ) Google Scholar [37] Kerkhof G.A. 、Geuke M.EH 、ブラウワー A. 、ら。 Van Kasteel V.国際睡眠障害分類2に基づく新しい睡眠障害アンケート-2 JスリープRES 、22 (2012 )、PP。104 – 107 Google Scholar [38] Achenbach T.M. 青少年自己報告書と1991年のプロフィールのためのマニュアル バーモント州、精神科大学、バーリントン(1991 ) Google Scholar [39] Verhulst FC 、ファン・デル・エンデ J. 、Koot H.M. 青少年自己報告書(YSR)のマニュアル:オランダ語版 Afdeling Kinder-en jeugdpsychiatry、アカデミッシュ・ジーケンフイス/エラスムス大学、ロッテルダム(1997 ) Google Scholar [40] 櫛田 C.、チャン A. 、Gadkary C. 、ら。 睡眠障害患者における睡眠パラメータのアクティグラフィック、睡眠ポリグラフ、および主観評価の比較 Sleep Med 、2 (2001 )、pp。389 – 396 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [41] Littner M.、Kushida C.、アンダーソン W.M. 、et al。 睡眠および概日リズムの研究におけるアクティグラフィーの役割のための実践パラメータ:2002年の最新情報 スリープ、26 (2003 )、頁337 – 341 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [42] Sadeh A. 、Acebo C. 睡眠薬におけるアクティグラフィーの役割 Sleep Med Rev 、6 (2002 )、pp。113 – 124 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [43] 米国睡眠医学アカデミー 国際睡眠障害分類、第2版:診断およびコーディングマニュアル ウエストチェスターイリノイ (2005 ) Google Scholar [44] De Sonneville L.MJ アムステルダムの神経心理学的課題:コンピュータ支援評価プログラム デン・ブリンカー B.PLM 、ビーク P.J. 、ブランド A.N. 、Maarse F.J. 、モルダー L.JM (編)、認知人間工学、臨床評価およびコンピュータ支援学習、Swets&Zeitlinger 、リッセ(1999 )、頁187 – 203 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [45] Dinges D.F. 、Powell J. 持続的運転中の携帯型の簡単な視覚的RTタスクの性能のマイクロコンピュータ解析 Behav RES方法Instrum Comput 、17 (1985 )、頁652 – 655 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [46] Lezak M.D. 、Howieson D。B. 、ローリング D.W. 神経心理学的評価 (第4版)、オックスフォード大学出版局、ニューヨーク(2004 ) Google Scholar [47] ソーン D.、ジョンソン D.E. 、レドモンド D.、et al。 Walter Reed手のひら開催の精神運動覚醒テスト RES方法Behav 、37 (2005 )、頁を。111 – 118 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [48] ソルトハウス T.A. 、Fristoe N.、Lineweaver T.T.、et al。 注目を集めること:分裂する能力は低下しますか? MemのCognit 、23 (1995 )、頁。59 – 71 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [49] Akhtar N.、Enns J. 視覚的注意の発達における隠れた方向付けとフィルタリングの間の関係 J経験子供Psychol 、48 (1989 )、PP。315 – 334 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [50] タウンゼント J.、Ashby F. 基本的な心理学的プロセスの確率論的モデリング ケンブリッジ大学 プレス、ロンドン/ニューヨーク(1983 ) Google Scholar [51] クロウ B.A. 、Casey L.M. 現在の心理療法の実践を強化するための技術的補助剤:レビュー CLIN Psychol改訂、31 (2011 )、頁279 – 292 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [52] JernelövS . 、Lekander M. 、Blom K. 、他。 併存症および原発性不眠症に対するセラピストガイダンスの有無にかかわらず行動的自助治療の有効性 – 無作為化対照試験 BMC精神医学、12 (2012 )、頁5 – 17 Google Scholar [53] Palmqvist B. 、Carlbring P. 、Andersson G. セラピストの意見があってもなくてもインターネットで提供される治療法:セラピスト要因は有効性と費用に影響を与えますか? Expert Rev Pharmacoecon Outcomes Res 、7 (2007 )、pp。291 – 297 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [54] Snijders T. 、Bosker R. マルチレベル分析 Sage Publications 、ロンドン(1999 ) Google Scholar [55] コーエン J. 行動科学/ヤコブ・コーエンのための統計電力解析 Lawrence Erlbaum Associates 、ヒルズデールニュージャージー(1988 ) Google Scholar [56] 欠けている P. 、モリン C.F.は 不眠症の評価と治療における最近の進歩 JはCLIN Psychol相談、60 (1992 )、頁586 – 594 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [57] Buysse D.J. 、Ancoliイスラエル S. 、エディンガー J.D. 、ら。 不眠症の標準的な研究評価のための勧告 Sleep 、29 (9 )(2006 )、pp。1155 – 1173 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [58] Scholle S. 、ベイヤー U. 、ベルンハルト M. 、ら。 小児期および青年期における睡眠ポリグラフのパラメータの基準値:定量的睡眠パラメータ Sleep Med 、12 (2011 )、pp。542 – 549 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [59] Acock C.A. 欠損値の取り扱い J Marriage Fam 、67 (2005 )、pp。1012 – 1028 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [60] ミラー A.、Chapman J.P. 共分散の誤解分析 J Abnorm Psychol 、110 (2001年)、頁。40 – 48 CrossRef Google Scholar [61] セムラー C.、Harvey A.G. 睡眠の誤認は不眠症の昼間の機能に悪影響を及ぼす可能性があります Behav Res Ther 、43 (2005 )、pp。845 – 856 Google Scholar [62] キャリー T.J. 、モール D.、Pilkonis P. 、ら。 不眠症の経験を中心に Behavスリープメッド、3 (2005 )、頁。73 – 86 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [63] バージェス P.W. 実行機能研究における理論と方法論 Rabbitt P. (編)、前頭葉と執行機能の方法論、心理学を押し、ブライトン、英国(1997 )、頁。81 – 116 Google Scholar [64] Steenari M.R. 、Vuontela V. 、Paavonen E.J. 、et al。 6歳から13歳の学童における作業記憶と睡眠 Jアムアカデミー子供Adolesc精神医学、42 (2003 )、頁。85 – 92 、10.1097 / 00004583-200301000-00014 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [65] Baddeley A.D. 、Hitch G. ワーキングメモリ Bower G.H. (編)、学習と動機づけの心理学:研究と理論の進歩、Vol。8 、アカデミック・プレス、ニューヨーク(1973 )、頁。47 – 89 Google Scholar [66] フォール F. 、Erdfelder E. 、ラング A.-G. 、et al。 G * Power 3:社会科学、行動科学、生物医学科学のための柔軟な統計的力分析プログラム RES方法Behav 、39 (2007 )、頁を。175 – 191 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード この研究はオランダ健康研究開発機構(ZonMw)からの助成金によって支援された。作者は宣言する利益の衝突を持っていません。すべての著者はこの原稿に大きく貢献しました。 この試験は臨床試験の一部でした。 試験名青年期における不眠に対する認知行動療法の有効性 URL:DOI:10.1186 / ISRCTN33922163 登録:ISRCTN33922163 著作権©2014 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945715000349