このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
研究は、心配や反芻などの反復的な思考プロセスがいくつかの障害において重要な役割を果たすことを発見しました。しかし、これらの認知プロセスは不眠症ではまだ調べられていません。本研究では、1)反芻と心配の高低が主観的睡眠尺度で異なるかどうか、2)反芻と心配が不眠症の異なるプロセスであるかどうかを調べることによって、不眠症の反芻と心配を調べます。参加者(N = 242)睡眠専門家によって不眠症と診断された。参加者は心配と反芻の対策を完了し、2週間の毎日の睡眠記録を維持しました。多変量分散分析の結果、心配の主な影響は見られませんでした。高および低反すう動物は、睡眠効率、入眠後の覚醒状態および睡眠の質を含むいくつかの睡眠対数指数によって異なった。因子分析は、反すうと心配が別々の構成要素であるという考えを支持した。以前の研究は不眠症の心配に焦点を当てていたが、これらの知見は反芻が睡眠障害を理解するために重要であることを示唆している。さらに、反芻と心配はどちらも反復的な思考プロセスですが、これらの結果は、それらが不眠症の中では異なるプロセスであり、そのように扱われるべきであることを示しています。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症反芻心配認知プロセス繰り返しの考え

サポート:国立睡眠財団ピックウィックフェローシップ(カーニー)。精神医学的、医学的、および原発性不眠症の分類(Edinger、NIH R01、MH067057)
全文を見る
著作権©2010 Elsevier Ltd.すべての権利予約。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005796710000380