このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

自殺念慮は退役軍人の不眠症症状とアルコールの誤用に関連していました。

自殺念慮は習慣的な睡眠時間と関連していなかった。

最後のモデルでは、自殺念慮は睡眠の質とのみ関連していました。

退役軍人でアルコールを誤用して、不眠症は精神科の評価を促すべきです。
抽象
目的
この調査の目的は、自殺念慮と退役軍人のアルコール乱用における不眠症の症状との関係を評価することでした。
方法
大量飲酒、薬物使用または他の行動上の問題の証拠に基づいて、行動健康評価(N = 161)のためにプライマリケアから紹介された退役軍人のこの遡及的チャートレビューでデータを抽出した。自殺念慮(SI)は、Paykelアンケートを使用して評価しました。不眠症の症状は、インタビュー形式の標準的な日記質問で評価され、睡眠潜時(SL)、入眠時間後の覚醒(WASO)、睡眠の質(SQ)、および習慣的な睡眠時間(HSD)に関連していた。自殺念慮と不眠症症状との関係は、社会人口統計学的、精神医学的および中毒関連の変数について調整された順序回帰分析を用いて評価された。
結果
インタビューした退役軍人の62人(39%)で自殺念慮が報告された。多変数モデルでは、不適切なSQのみが自殺念慮と関連していた。短枕子は自殺念慮を支持する可能性が高く、過去1年間に自殺未遂を試みています。さらに、高齢、不十分な財政状態、および精神障害の存在も、ほとんどの調整モデルで自殺念慮と有意に関連していた。
結論
自殺念慮との関連を考えると、退役軍人のアルコールの誤用による不眠症の症状は、根底にある精神医学的および社会的要因の評価を促すはずです。
前の記事次の記事
キーワード
退役軍人自殺念慮不眠症睡眠時間アルコール
全文を見る
エルゼビア株式会社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0306460313002918