このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
慢性不眠症が有害な腎転帰および全死因死亡のリスク増加と関連しているかどうかを調べること。
患者と方法
慢性不眠症(国際疾病分類、第9改訂コード307.42、307.49、および780.52の両方の存在、ならびに不眠症薬の長期使用)と有害な腎臓転帰(末期腎臓病、推定発生率)との関連を調べた。糸球体濾過量 [eGFR]≦1.73 m 2 あたり45 mL / min、eGFR勾配<1.73 m 2 あたり年間-3.0 mL / min )コックス比例ハザードを用いた1,639,090人の米国退役軍人の全死因死亡率そして、ロジスティック回帰多変量調整を搭載したモデル。 結果 合計36,741人の患者(2.24%)が慢性不眠症を患っていた。32,985人(89.8%)が男性、28,090人(76.5%)が白人で、平均ベースラインeGFRは1.73m2当たり84.1±16.4mL /分であった。慢性不眠症は1.73 m 2 以下でeGFR 45 mL /分以下の有意に高いリスク(多変量調整ハザード比 [HR]、1.39; 95%CI、1.34-1.44; P <0.001)と関連していた。腎機能のオッズ比(オッズ比、1.07; 95%CI、1.03−1.12;P=0.002)、しかし末期腎疾患ではない(HR、1.25; 95%CI、0.81−1.93;P= .32)。慢性不眠症は、全原因死亡率のより高いリスクと関連していなかった(HR、1.00; 95%CI、0.97-1.03; P = .99)。 結論 慢性不眠症は、慢性腎臓病の発症と進行のリスクが高いことと関連していますが、ESRD は関連していません。根底にある作用機序を確立し、不眠症の治療が腎機能の悪化を予防するのに有益かどうかを判断するためには、さらなる研究が必要です。 前号の記事次の記事問題で 略語および頭字語 BMIボディ・マス・インデックスCKD慢性腎臓病eGFR推定糸球体濾過率ESRD末期腎臓病ICD-9国際疾病分類、第9改訂ICSD-3睡眠障害の国際分類 – 第3版IQR四分位範囲PY患者年RCAV慢性腎臓病における人種的および心血管的リスク異常VA退役軍人 編集上のコメントについては、1540ページを参照してください 助成金の支給:この作品は、国立衛生研究所 – 国立糖尿病消化器病研究所からの助成金R01DK096920(CPKおよびKK-Z)によって支援されました。そして米国の退役軍人省による。この研究は、メンフィスVAメディカルセンターとロングビーチVAメディカルセンターのリソースと施設の利用で支援された研究の結果です。VA / CMSデータのサポートは、米国退役軍人局、退役軍人保健管理局、研究開発局、保健サービス研究開発、およびVA情報資源センター(プロジェクト番号SDR 02-237および98-004)によって提供されます。 。治験依頼者は、試験のデザインと実施、データの収集、分析、解釈、そして原稿の作成、レビュー、承認において何の役割も果たしませんでした。 競合する可能性のある関心分野: Dove KovesdyとKalantar-Zadehは、米国の退役軍人省の従業員です。本稿で表明されている意見は著者のものであり、退役軍人局の公式意見を表すものではありません。 全文を見る ©2018年メイヨー医学教育研究財団 https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0025619618304543

関連記事はこちら