このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
不眠症は精神障害、他の睡眠障害および病状と関連することが知られているが、不眠症診断の有病率はそのサブタイプに従って推定されたことがない。韓国の高齢者集団における不眠症診断とそのサブタイプの有病率と臨床的特徴を研究した。
方法
60歳以上のサンプリングされた1423人の高齢者のうち、881人がこの研究に参加した。アテネ不眠症スケールは不眠症の症状を検出するために適用され、不眠症の診断は最終的に睡眠障害の国際分類、第2版を使用して評価されました。不眠症のサブタイプを定義するために、DSM-IVに基づくインタビュー、睡眠障害に関する詳細な病歴および病状に関する半構造化インタビューを実施した。亜症候性うつ病は、うつ症状がうつ病性障害の基準を満たさない場合に定義された。
結果
不眠症障害の有病率はすべての被験者で32.8%であり、有病率は男性より女性で有意に高かった(37.9%対25.2%; p < 0.001)。不眠症サブタイプの有病率は以下の通りであった。精神生理学的不眠症(PI)、20.5%。精神障害による不眠症7.2%。一般的な病状による不眠症2.9%。他の睡眠障害における不眠症は2.2%、物質使用による不眠症は 0.2%。PIを有する対象のうち、亜症候群性うつ病は53.7%と診断された。 結論 韓国の高齢者の約3分の1が不眠症に罹患しており、不眠症患者は多様な併存症状、特に鬱症状を示した。不眠症のサブタイプを確立することによって、我々は不眠症自体と同様に併存症を治療することを計画することができます。 前号の記事次の記事問題で キーワード お年寄り不眠症不眠症のサブタイプうつ病 1 共著者です。 全文を見る ©2016 Elsevier Ireland Ltd.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0167494316301698