このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
背景/目的
台湾北部の地域在住高齢者における不眠症の有病率と危険因子を決定すること。
材料および方法
2009年3月から2009年11月の間に高齢者の健康診断を受けた1358人の高齢者(601人の男性、44.3%、および757人の女性、55.7%)を対象に横断的調査を実施した。アテネ不眠症スケールのバージョン)、メンタルヘルス(簡単な症状評価スケール)、および14の身体的症状が測定されました。
結果
不眠症症候群は、個人の41%に見られました。男性よりも女性の方が一般的でした(63.3.0%対36.7%)。多変量モデルは、加齢[80歳以上、オッズ比(OR)= 0.67、95%信頼区間(CI):0.46-0.93]、家族同居(OR = 0.51、95%CI:0.35-0.76)、そして良好な健康状態(OR = 0.58および0.71、p<0.05)と認められたことは、不眠症のリスクの低下と関連していた。一方、女性の性別(OR = 1.70、95%CI:1.37-2.12)、慢性疾患治療薬の受け取り(OR = 1.64、95%CI:1.29-2.08)、短い症状の評価スコア(1.45、95%CI) :1.32–1.86)、健康状態が悪いと感じられた(OR = 1.92 and 1.80、p<0.05)、そして総合的な身体症状(OR = 1.34、95%CI:1.08-1.70)は、不眠症のリスク増加と関連していました。 結論 結果は、老化プロセス自体が、高齢者にしばしば報告される不眠症の罹患率の増加の原因ではないことを示している。その代わりに、身体的症状、慢性疾患の治療薬の受け取り、精神的健康状態、生活状態、そして幸福感の程度が不眠症のリスクに影響を及ぼしました。 前の記事次の記事 キーワード 地域在住の高齢者不眠症台湾北部 1 。前書き 不眠症は、認識されていないが、高齢者集団において一般的な問題である。それはしばしば他の健康状態の症状です。1、2 高齢者における不眠症の原因は4つのグループに分けられる:(1)物理的な疾患、そのような長期として、または症状、疼痛、膀胱または前立腺の問題、関節疾患、関節炎又は滑液包炎、および胃食道逆流。(2)環境的/行動的要因 (3)カフェイン、アルコール、慢性疾患用の処方薬などの薬の使用。(4)精神疾患または症状不安、抑うつ、個人的なアイデンティティの喪失、または健康状態の悪さなどの問題。3、4 慢性的な睡眠障害として定義される不眠症の罹患率は、65歳以上の全人口の50〜70%にものぼると報告されています。5、6は、タイからの以前の研究では、60歳以上の患者のほぼ50%が不眠持っていた7。不眠症と最も強く関連している要因は、知覚不良な健康状態とうつ病の存在でした。7米国国立老化研究所による10年前の別の調査では、65歳以上の9000人の患者の42%が、睡眠の開始と維持の両方に問題があると報告しています。その研究における8つの睡眠不満は多くの呼吸器症状、身体障害に関連していました、非処方薬の使用、抑うつ症状、および自覚不良な健康状態。8 不眠症の高齢患者は、しばしば疲労感、気分の変化(うつ病または過敏性)、集中困難、および日中機能障害を訴えます。3、9、10 ミシガン州の一つ州全体の研究特別養護老人ホームの住民が未処理の不眠症は、将来のリスクが大幅に増加(最大50%)と関連していたことが判明しても、機能レベル、認知能力、リソース使用率の調整後、落下、および病状 11加齢に伴う体の合併症は不眠症と鬱病の危険因子であることが知られています。したがって、慢性的な不眠症は、病状のある高齢の患者およびその介護者の負担をさらに増大させる。 5、12 これらの事実を考えると、高齢患者の不眠症は臨床的注意と研究に値する3。実際、近年、不眠症は、その精神生物学的、臨床的、および治療的重要性のために増加した研究の対象となっている。不眠症の患者を治療する際に、医師は睡眠障害の根本的な原因を探し、それらの症状を治療するべきです。13本研究の目的は、高齢患者における不眠症と身体機能、気分障害(うつ病および不安症状)、知覚される幸福度、および社会的支援の変数との関係を評価することであった。 2 。材料および方法 2.1 。調査対象母集団 この研究では、台北市のいくつかの医療センターの1つで2009年3月から2009年11月の間に健康診断を受けた高齢者(65歳以上)を募集しました。質問票の記入中に行われた誤りを回避するために、面接で面接官によって実施された質問票を使用してデータを収集した。合計1799人の高齢者が健康診断を受けました。研究病院では、そしてアンケートは1399人の個人に対して完成しました。不完全なアンケートを提供した41人の個人を除外した後、1358人の個人からのデータが我々のデータ分析に含まれた(回答率、1358/1799 = 75.5%)。全員が書面によるインフォームドコンセントを提出した。私たちの研究は私たちの病院の施設内審査委員会によって承認され、研究プロジェクト番号(09MMHISO11)が発行されました。 2.2 。ボディマスインデックスの測定 身体検査中に各参加者について身長と体重を測定した。文献中の肥満の標準的な尺度である肥満度指数(BMI)は、体重(キログラム)を身長の平方メートル(mg / m2)で割ったものとして計算された。<18.5キロ/ MのBMI 2 として定義された体重、18.5キロ/ mのBMI 2及び<24キロ/ m 2が正常な体重と定義し、そして24〜27キロ/ MのBMI 2は過体重と定義しました。14年 2.3 。アンケート 2.3.1。不眠症症候群 中国語版のAthens Insomnia Scale(CAIS)は、不眠症の症状をスクリーニングするように設計された自己申告型の機器です。原発性不眠症のCAIS診断基準は、前月に1週間に3回以上の頻度で起こる不眠症です。CAIS-5は、臨床診療における不眠症のスクリーニングと診断にアテネ不眠症尺度の項目1〜5(夜間症状)を使用しており、満足のいく信頼性と妥当性を持っています。これらの評価に対する内部一貫性のCronbachのαは0.82–0.84に達し、テスト - テスト信頼性の相関係数0.84-0.86でした。CAISと不眠症自己評価インベントリの間の相関係数は0.72〜0.76でした。中国の民族集団における不眠症に対する提案されたCAIS - 5カットオフ点は5である(曲線下面積= 0.90、p<0.01)。15年 2.3.2。簡単な症状評価尺度 精神的健康は、簡易症状評価尺度(BSRS-5)を用いてスクリーニングされた。この自己評価アンケートでは、過去1週間で緊張感、青み、苛立ち感、劣悪感、または眠りにつく問題を抱えていたかどうかを報告する必要があります。反応は0から4までの尺度で評価され、0は「全くない」、4は「非常に」であった。合計スコアは0から20の範囲で、個人はそのスコアに従って4つのグループに分けられました:「症状なし」(スコア0〜5)、「軽度」(スコア6〜9)、「中程度」(スコア10〜14) )、および「重度」(スコア≧15)。16、17 BSRS-5の内部濃度(Cronbachのα)係数は0.77〜0.90でした。試験 - 再試験信頼度係数は0.82であった。BSRS-5の総合スコアとBSRS-50の総合重症度指数との間の同時妥当性係数は0.87-0.95であった。精神病症例のカットオフスコアとして6以上のスコアを使用した場合、BSRS-5の正確な分類率は76.3%(78.9%の感度、74.3%の特異性、69.9%の陽性適中率、および82.3%)でした。負の予測値)。16 2.3.3。身体症状 身体的症状は、文献で確立されている老年症候群に基づいて評価された。18 合計、14の症状の測定を行った:(1)痛み/痛みを。(2)睡眠の質が悪い。(3)気分が低い、または落ち込んでいる。(4)息切れ。(5)四肢の衰弱。(6)疲労感および倦怠感。(7)食欲不振。(8)皮膚のかゆみ。(9)めまい。(10)膨満感、吐き気、下痢、または便秘。(11)頻尿、失禁、または困難。(12)かすみ目、近視、または老眼; (13)難聴。(14)口内乾燥。 個人は、それぞれの症状を経験したかどうかに関する質問に答えて、「はい」または「いいえ」と答えた。 2.3.4。共変量 性別、教育レベル、生活状況、慢性疾患治療薬の受領などの詳細な人口統計学的履歴は、訪問中に撮影されました。教育レベルは、文盲、小学校、中学校、高等学校、および大学以上の5つのレベルのいずれかに分類されました。生活条件は、「独身者」または「家族と同居」と定義されました。 さらに、喫煙歴(現在の喫煙者または以前の喫煙者対一度も喫煙したことのない人)およびアルコール消費量(1週間に0〜3杯対1週間に4杯以上の飲酒)を含む生活習慣の特徴を試験別アンケートで測定した。19身体活動はLipids Research Clinicsアンケートによって評価され、カテゴリー変数として分析されました(座りがちな生活対座りがちな生活)。19年 2.4 。統計的方法 SAS 9.0(SAS Inc.、米国ノースカロライナ州ケアリー)およびSPSS 17.0(米国イリノイ州シカゴのSPSS Inc.)ソフトウェアを統計分析に使用した。数および百分率(n、%)を用いて変数を説明した。年齢、BMI、BSRS-5スコアなどの連続変数は、平均値±標準偏差として報告されています。不眠症の有無の差をカイ二乗検定および独立標本t 検定を使用して分析した。多変量ロジスティック回帰 BMI、喫煙状態(これまでと決してなし)、アルコール摂取量(週あたり0〜3ドリンク対週あたり4ドリンク以上)、座りがちな生活習慣などの共変量を調整して、さまざまな変数と不眠症症候群の関係を調べるために使用されました(はい対いいえ)、および教育レベル(読み書き可能対読み書き不能)。 3 。結果 不眠症の基準は、41.4%(n = 1358)の個人について満たされた。表1に示されるように、不眠症は男性よりも女性においてより一般的であった(それぞれ63.3%対36.7%、p<0.01)。平均して、不眠症の人は不眠症の人よりも年上でした(平均74.2歳対73.5歳)。年齢層、BMI、BMIグループ、喫煙状態、アルコール摂取、座りがちな生活習慣、および教育レベルなど、分析されたその他の要因は、不眠症の有無で有意差はありませんでした。不眠症のない人は、家族と同居し、慢性疾患の薬を服用する回数が少なく、BSRS-5のスコアが低く、健康状態が良好と認められています。 表1。不眠症の有無にかかわらず個人の特徴(n = 1358)。 変数 非不眠症(796、58.6%) 不眠症(562、41.4%) p値a n(%) n(%) 性別 男性 395(49.6) 206(36.7) <0.001 ** 女性 401(50.4) 356(63.3) 年齢(平均±SD) 74.2±5.7 73.5±5.3 0.014 b、 * 年齢層(歳) 65〜69 180(22.6) 143(25.4) 0.065 70〜74歳 264(33.2) 206(36.7) 75〜79 201(25.3) 134(23.8) ≥80 151(19.0) 79人(14.1人) BMI(平均値±SD) 24.46±3.3 24.60±3.3 0.447 b BMIグループ <18.5(体重不足) 21(2.6) 19(3.4) 0.855 18.5〜24.0(通常) 353(44.3) 250(44.5) 24.0〜27.0(太りすぎ) 273(34.3) 193(34.3) > 27歳(肥満) 149(18.7) 100(17.8)
喫煙状況 42(5.3) 18人(3.2人) 0.066
アルコール飲料 92(11.6) 53人(9.4人) 0.208
体を動かさない生活 73(9.2) 68(12.1) 0.095
生活条件
シングル 50(6.3) 65(11.6) 0.001 c、 **
家族と 746(93.7) 497(88.4)
慢性疾患治療薬の受け取り 508(63.8) 418(74.3) <0.001 ** 教育レベル 文盲 42(5.3) 29(5.2) 0.795 初級 238(29.9) 172(30.6) 中学校 133(16.7) 100(17.9) こうこう 200(25.1) 147(26.1) ≥大学 183(23.0) 114(20.2) BSRS-5スコア(平均値±SD) 1.24±1.9 3.57±3.6 <0.001 b、 ** BSRS-5グループ 通常(0〜5) 762(95.7) 442(78.6) <0.001 ** 軽度(6〜9) 26人(3.3人) 77人(13.7人) 中程度(10〜14) 8(1.0) 33人(5.9人) 重度(15以上) 0(0.0) 10(1.8) 同じ年齢と比較して、あなたの現在の健康状態は以下のように感じますか? とても良い 60(7.5) 21(3.8) <0.001 ** 良い 363(45.5) 184(32.8) 平均 335(42.1) 269(47.8) 悪い 26人(3.3人) 62(10.9) ひどい 2(0.3) 14(2.5) 道の 10(1.3) 12(2.2) 1年前と比較して、現在の健康状態は次のように感じていますか: より良い 32(4.0) 14(2.5) <0.001 ** 同じ 513(64.5) 251(44.7) より悪い 241(30.3) 294(52.3) 道の 10(1.2) 3(0.5) *p<0.05、**p<0.01。 BSRS-5 = 5項目の簡単な症状評価尺度。 ある カイ二乗検定 b 学生のt検定 c フィッシャーの正確検定 これらのデータを非不眠症および不眠症群と比較した。 表2は、14の身体症状について不眠症の有無の違いを示しています。身体症状は不眠症の人よりも不眠症の人の方が一般的であり、身体症状の総数は不眠症の人の方が多かった。 表2。不眠症の有無にかかわらず、個体の身体的症状(n = 1358)。 変数 非不眠症(796、58.6) 不眠症(562、41.4) p値 n(%) n(%) 痛み/痛み 517(65.0) 420(74.7) 0.0001 ** 睡眠の質が悪い 337(42.3) 494(87.9) <0.001 ** 低い気分または落ち込んだ気分 254(31.9) 323(57.5) <0.001 ** 息切れが簡単 241(30.3) 238(42.3) <0.001 ** 四肢の脱力 269(33.8) 269(47.9) <0.001 ** 疲労と倦怠感 301(37.8) 302(53.7) <0.001 ** 食欲不振 175(22.0) 209(37.2) <0.001 ** 皮膚のかゆみ 337(42.4) 280(49.8) 0.007 ** めまい 300(37.7) 318(56.4) <0.001 ** 膨満/吐き気/下痢/便秘 308(38.7) 303(53.9) <0.001 ** 頻尿/失禁/困難 312(39.2) 280(49.8) <0.001 ** かすみ目/近視/老眼 586(73.6) 476(84.7) <0.001 ** 難聴の 323(40.6) 289(51.3) <0.001 ** 口渇 338(42.5) 322(57.2) <0.001 ** 総症状 9.99±2.1 12.00±1.5 <0.001 a、 ** *p<0.05、**p<0.01。 ある 独立t検定、その他:カイ二乗検定。 多変量ロジスティック回帰モデル(表3 )では、BMI、喫煙状況(これまでと決してなし)、アルコール消費量(1週間に0〜3ドリンク対1週間に4ドリンク以上)、座りがちな生活習慣(はいといいえ)を調整しました)、および教育レベル(読み書きの読み書きができない)。その結果、年齢[80歳以上、オッズ比](OR)= 0.67、95%信頼区間(CI):0.46-0.93]、家族と同居(OR = 0.51、95%CI:0.35-0.76)、健康状態が良好と判断された(OR = 0.58および0.71、1と比較して) 1年前と同じ年齢と比較して、95%CI:それぞれ0.33-0.95、0.55-0.96は不眠症のリスクの減少と関連していました。一方、女性の性別(OR = 1.70、95%CI:1.37-2.12)、慢性疾患治療薬の受け取り(OR = 1.64、95%CI:1.29-2.08)、高いBSRSスコア(OR = 1.45、95%CI: 1.32-1.86)、健康状態の知覚不良(1年前と比較して1.92および1.80、同年齢と比較して95%信頼区間:それぞれ1.25-2.32、1.08-3.08)、および総合的な身体症状(OR = 1.34、 95%CI:1.08〜1.70)は不眠症のリスク増加と関連していた。 表3。多変量ロジスティック回帰による、不眠症の有無にかかわらず、個体群による変数のオッズ比。ある 変数 オッズ比 95%信頼区間 p値 性別(参照:男性) 女性 1.70 1.37–2.12 0.006 ** 生活状況(参考:シングル) 家族と暮らす 0.51 0.35-0.76 0.007 ** 慢性疾患治療薬の受け取り(参考:いいえ) はい 1.64 1.29〜2.08 <0.001 ** 年齢(参照:65歳から69歳) 70〜74歳 0.98 0.74〜1.31 0.902 75〜79 0.84 0.62〜1.14 0.267 ≥80 0.67 0.46〜0.93 0.019 * BSRSスコア(連続変数) 1.45 1.32〜1.86 <0.001 ** 同年代と比較して、現在の健康状態は次のように感じていますか?(参照:平均) とても良い 0.71 0.55〜0.96 0.014 * とても悪い 1.92 1.08〜3.08 0.016 * 1年前と比較して、あなたの現在の健康状態は(参照:同じ)であると感じますか? より良い 0.58 0.33〜0.95 0.035 * より悪い 1.80 1.25–2.32 <0.001 ** 総体的症状(連続変数) 1.34 1.08〜1.70 <0.001 ** *p<0.05、**p<0.01。 BSRS-5 = 5項目の簡単な症状評価尺度。 調整された共変量には、ボディマスインデックス、喫煙状況(常用/常用)、アルコール消費量(週あたり0〜3飲み物対週あたり4以上の飲み物)、および教育レベル(読み書き可能/読み書き不能)が含まれていました。 ある 不眠症の有無にかかわらず群を比較する多変量ロジスティック回帰。 4 。討論 我々の研究では、 台湾北部に居住する参加者の 41.4%(n = 562、合計= 1358)が不眠症症候群の基準を満たしていた。疫学的データは、60歳以上の個体の40%もの多くが不眠症、頻繁な目覚め、そして睡眠障害を経験するかもしれないことを示しました。5、6、7、8 大都市台北の1つの地区で行われた調査では、高齢者の半数近くが不眠や貧困層に報告することが示された睡眠の質を。20 臨床医および公衆の一般的な誤解は、この不眠症の罹患率の増加が正常で予想される老化現象であるということです。しかし、不眠症はしばしばこの人口の内科的および心理社会的併発症の結果です。21高齢者の不眠症のリスクに影響を与える多くの要因があります。 4.1 。不眠症に対する年齢の影響 我々の研究モデルでは、我々が共変量について調整した後、我々は、加齢が台湾北部に住む高齢者における不眠症のリスクの減少と関連していることを見出した。65〜69歳と比較して、70〜74歳、75〜79歳、および80歳以上を含む異なる年齢層のORは、次第に減少することが示された(OR = 0.98→0.84→ 0.67、95%CI:0.46-0.93)。統計的に有意な差が80歳以上のグループに見られた。我々の結果は、6800人の高齢者を対象とした過去3年間の縦断的研究と一致しており、老化プロセス自体は不眠症の原因ではないと結論付けています。22 慢性疾患、身体障害、気分の落ち込み、健康状態の知覚不良など、その他の要因、そして未亡人は、不眠症を説明した。22 国立睡眠財団による2003年の調査によると、高齢者自身は睡眠困難とは関連がありません。むしろ、調査データは、55〜84歳の成人のうち、精神的または身体的な病気を患っている人が不眠症に罹患する可能性が高いことを示唆しています。23したがって、年齢自体は健康高齢者における不眠症のための要因ではありません。24 4.2 。性別が不眠症に与える影響 女性の性別は不眠症のもう一つの強い危険因子です。女性は男性よりも生涯を通じて不眠症を経験する可能性が高く、高齢化はこのリスクを高めます。25の私たちの多変量ロジスティック回帰女性では、不眠症(:1.37から2.12 OR = 1.70、95%CI)のリスク増加と関連しているモデルは、この効果を確認しました。 4.3 。くらしの状況 こうした、一人暮らし老人介護施設に住んで、または、分離離婚、または死別している、睡眠-覚醒パターンに大きな影響力を持つことができる、などの生活状況、26、27、それはまた、高齢者における不眠症のリスクを高める可能性があります。28は、29私たちは、家族と一緒に住んで、欧米諸国からの結果と同様、ことがわかっは不眠症(:0.35から0.76 OR = 0.51、95%CI)のリスク低下と関連していました。 4.4 。身体疾患と慢性疾患 身体疾患や慢性疾患などの要因は、睡眠不良や不眠症の症状と大きく関係していることが知られています。8、30 、睡眠と健康との関係は、しかし、双方向することができます。デュー他。不眠症は、追跡調査時の将来の社会的活動の減少、および1年後の慢性的な医学的負担の増加を予測することを観察した。31以前の研究は、不眠症との人口の中で、物理的な病気は、15-24歳の患者の<10%に比べ、高齢者の約3分の1に報告された、ことを示しています。24 我々の研究では、我々は不眠症のある人とない人の間で異なることが以前の研究で確認された14の身体症状を測定しました。これらの身体的症状はより頻繁であり、そして身体的症状の総数は、不眠症のものよりも不眠症のものの方が高かった。多変量ロジスティック回帰モデルでは、慢性疾患治療薬の受領(OR = 1.64、95%CI:1.29-2.08)、健康状態の知覚不良(1年前と比較してOR = 1.80および1.92、同一年齢との比較、95) %CI:1.25-2.32、1.08-3.08、それぞれp <0.05、および全身体症状(OR = 1.34、95%CI:1.08-1.70)は、不眠症のリスク増加と関連していました。その一方で、良好な健康状態の認知は不眠症のリスクの減少と関連していた(OR = 0.58および0.71、p<0.05)。 4.5 。精神障害 間の関連性精神障害と不眠の症状が広く若い集団で実証されているが、関連は老人介護ではあまり明らかです。28 しかし、高齢者の睡眠の質に対する心理的要因の影響は、身体的健康状態などの他の要因を優先して見過ごされるべきではありません。退職や死別など、加齢に伴う主な人生の変化も不眠症の症状に影響を与えます。29年 我々の研究では、我々は鬱病を測定するために日常的な質問表を使用しなかった。むしろ、我々は初期の精神的健康問題をスクリーニングするためにBSRS-5を使用した。16、17、18の結果は、軽度、中等度、および重度の精神症状がないものに比べて不眠症を持つもので、より頻繁であることを示しました。多変量ロジスティック回帰モデルでは、高いBSRSスコアは不眠症のリスク増加と関連していた(OR = 1.45、95%CI:1.32-1.86)。 4.6 。方法論の限界 本研究にはいくつかの制限がある。まず、これは調査でした。高齢者は首都圏北部のいくつかの地域に住んでおり、高齢者全体を代表するものではない可能性があるためです。彼らは他の高齢者より自分の健康と不眠症にもっと注意を払うかもしれないので自分で健康診断を受けるために医療センターに行くかもしれない何人かの高齢者にとって不眠症の有病率は過大評価されるかもしれません。第二に、不眠症、身体症状、および精神的健康の測定は自己報告によって確立された。臨床診断よりもむしろ。対面インタビューを使用したにもかかわらず、ある程度のリコールバイアスを回避するのは困難でした。最後に、言及したように、本研究の設計は横断的であり、その結果、他の障害または状態に続発する不眠症からの原発性不眠症の信頼できる分離を除外している。したがって、不眠症とその多くの併存疾患との間の関係の性質および方向性を同定するための大規模な縦断的研究に対する強い必要性がある。 結論として、我々の研究では、高齢化プロセス自体が、高齢者で頻繁に報告される不眠症の罹患率の増加の原因ではないことを見出した。その代わりに、身体的症状、慢性疾患の治療薬の受け取り、精神的健康状態、生活状態、そして幸福感の程度が不眠症のリスクに影響を及ぼしました。アクティブなので、減少身体的症状を、良い感情の状態を維持し、満足のいく持つ社会生活している防御因子どの年齢で不眠に対して。 短い睡眠歴を日常の健康診断に取り入れることは、不眠症を検出するのに役立ち得る。慢性的な不眠症を持っていると信じる患者の半数以上が自分の問題について医師と話したことが一度もないため、直接の問い合わせが重要です。不眠症に対する有効な治療法が利用可能であり、そして一部の患者では、睡眠の改善は生活の質の改善をもたらす。 参考文献 1 シアトル地域の中国人高齢者移住者における睡眠の質とそれに関連する要因の間の HC Hsu 関係 J Nurs RES 、9 (2001 )、PP。179 – 190 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2 JF ヴァンデンバーグ、HJ Luijendijk 、JH Tulen 、A. ホフマン、AK ネベン、H. Tiemeier うつ病および不安障害でスリープ:高齢者の人口ベースの研究 J Clin Psychiat 、70 (2009 )、pp。1105 – 1113 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 3 JK ウォルシュ 不眠症の臨床的および社会経済的相関 J CLIN精神医学、65 (2004 )、頁。13 – 19 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 4 T. Roth 、T. Roehrs 不眠症:疫学、特徴および結果 CLINコーナー、5 (2003 )、頁。5 – 15 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 5 A. Rongve 、BF Boeve 、D. Aarsland 早期認知症の人のサンプルにおける介護者が報告した睡眠障害の相関 JアムGeriatr SOC 、58 (2010 )、頁480 – 486 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 6 高齢成人における慢性不眠症と鬱病の YS 陳 連合 J Chin Med Assoc 、75 (2012 )、pp。195 – 196 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 7 C. Sukying 、V. Bhokakul 、U. Udomsubpayakul タイの高齢者集団における不眠症に関する疫学的研究 J Med Assoc Thai 、86 (2003 )、pp。316 – 324 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 8 DJ フォーリー、AA Monjan 、SL ブラウン、EM Simonsick 、RB ウォレス、DG ブレザー 高齢者の間でスリープからの苦情:3つの地域社会の疫学研究 Sleep 、18 (1995 )、pp。425 – 432 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 9 高齢患者における AY アビダン 睡眠障害 Prim Care 、32 (2005 )、pp。563 – 586 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 10年 S. Ancoli-Israel 、JR Cooke 不眠症の罹患率と併存症および高齢者の機能への影響 JアムGeriatr SOC 、53 (補遺7。 )( 2005 )、頁S264 – S271 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 11 AY Avidanの、BE フライドポテト、ML ジェームズ、KL Szafara 、GT ライト、RD Chervin ミシガン州の老人ホームでの転倒や股関節骨折の予測因子としての最低限のデータセットに記録不眠症と睡眠薬の使用、 JアムGeriatr SOC 、53 (2005 )、PP。955 – 962 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 12年 R. ヘイワード、KP ジョーダン、P. クロフト ヘルスケア不眠症成人における使用:縦断的研究 BR JジェンPRACT 、60 (2010 )、PP。334 – 340 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 13年 WV McCall 高齢者における不眠症の診断と管理 JアムGeriatr SOC 、3 (補遺7。 )( 2005 )、頁S272 – S277 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 14年 保健省、行政院、中華民国(台湾) 肥満の公衆衛生への影響 DoH (2002 ) で利用可能: http://www.doh.gov.tw/NewVersion/content [アクセス02. 02] Google Scholar 15年 中国語版アテネ不眠症尺度の検証研究 台湾J精神医学、23 (2009 )、頁。43 – 52 Google Scholar 16 MB リー、SC リャオ、YJ リー、CH ウー、MC ツェン、SF ガウ、ら。 精神疾患の罹患率を同定するための短いスクリーニング機器の有効性と信頼性の開発と検証 J Formos Med Assoc 、102 (2003 )、687 – 694 頁。 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 17年 HC 陳、CH 呉、YJ 李、SC 遼、MB 李 一般的な健康診断のために認められた被験者間の5項目の簡単な症状評価尺度の妥当性 J Formos Med Assoc 、104 (2005 )、pp。824 – 829 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 18年 TT Suh 、RM パーマー 急性期医療 EH ダシー ジュニア、PR カッツ、ML マローン(編)、老年医学の実践(第4版)、サンダースエルゼビア、フィラデルフィア(2007 )、頁。85 – 92 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 19年 WM Troxel 、DJ Buysse 、KA マシューズ、KE キップ、PJ Strollo 、M. ホール、ら。 睡眠症状はメタボリックシンドロームの発症を予測する Sleep 、33 (2010 )、pp。1633 – 1640 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 20 CY 呉、TP 蘇、CL 牙、MY Chang 地域在住高齢者の睡眠の質とその人口統計学的、精神的および身体的相関 Jチンメッド准、75 (2012 )、頁。75 – 、80 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 21 HG ブルーム、I. アーメド、CA アレッシィ、S. Ancoli -イスラエル、DJ Buysse 、MH Kryger 、ら。 高齢者における睡眠障害の評価と管理に対するエビデンスに基づく推奨 JアムGeriatr SOC 、57 (2009 )、頁761 – 789 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 22 DJ フォーリー、A. Monjan 、EM Simonsick 、RB ウォレス、DG ブレザー 発生率と高齢者の間で不眠症の緩解:3年間で6,800名の疫学研究 Sleep 、22 (1999 )、pp。366 – 372 Google Scholar 23 D. フォーリー、S。 アンコリ – イスラエル、P。 ブリッツ、J。 ウォルシュ 高齢者の睡眠障害と慢性疾患:2003年アメリカ睡眠睡眠協会のアメリカ睡眠調査の結果 J Psychosom Res 、56 (2004 )、497 – 502 頁 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 24 MM Ohayon氏、J. Zulley 、C. Guilleminault 、S. Smirne 、RG プリースト 年齢や日中活動は一般集団で不眠症に関連している方法は?高齢者への影響 JアムGeriatr SOC 、49 (2001 )、頁360 – 366 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 25年 AB Newman 、PL Enright 、TA Manolio 、EF Haponik 、PW Wahl 5201人の高齢者における睡眠障害、心理社会的相関、および心血管疾患:心血管健康研究 JアムGeriatr SOC 、45 (1997 )、頁。1 – 7 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 26 DS 未成年者、PMA ラビット、H. ワージントン、JM ウォーターハウス 高齢者における食事の変動および睡眠活動パターン:概日リズム研究との関連性 ChronobiolのInt 、6 (1989 )、頁139 – 146 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 27年 TH Monk サーカディアンリズム CLIN Geriatrメッド、5 (1989 )、PP。331 – 346 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 28年 M. ジェプケマ 不眠症 保健担当者、17 (2005 )、頁。9 – 25 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 29年 エジプトのアレクサンドリアの老人ホームにおける高齢者の MM Makhlouf 不眠症の症状とその相関 睡眠呼吸、11 (2007 )、187 – 194ページ Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 30 B. Sivertsen 、S. Krokstad 、S. 陸路、A. Mykletun 不眠症の疫学:物理的および精神的健康との関連。HUNT-2研究 J Psychosom Res 、67 (2009 )、pp。109 – 116 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 31 MA デュー、CF レイノルズ、TH モンク、DJ Buysse 、CC ホック、JR ジェニングス、ら。 健康な高齢者における心理社会的相関と脳波睡眠の続発症 J Gerontol 、49 (1994 )、頁。8 – 18 Google Scholar 著作権©2013発行Elsevier台湾LLC。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2210833513000270