このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
背景:不眠症と客観的に深刻な睡眠障害の日中の結果の症候群は、患者によって認識されていない、最近記載されています。本研究は、そのような無症候性不眠症のグループに関するデータを遡及的に分析することを目的とした。
方法:昼間の症状を呈したが睡眠障害を否定した27人の中年期対象患者は睡眠ポリグラフ検査(PSG)を受け、朝のアンケートに記入した。客観的不眠症を分類するために、1時間を超える睡眠開始潜時または睡眠開始後の覚醒(WASO)が必要とされた。PSG、アルファ睡眠および睡眠時間に加えて、過大評価が計算された。
結果:ほとんどの場合(併存、精神、機能、睡眠)、併存症が全患者に認められた。全員が重度の睡眠維持障害(WASO > 100 分)を示したが、睡眠の開始は部分的に正常であった。睡眠の過大評価は> 2.5 時間でした。アルファ睡眠は44%で見られたが、非アルファ睡眠よりも高い過大評価とは無関係であった。
考察:断続的な覚醒時間を認識しないことがこの症候群には極めて重要です。考えられる原因となる要因について説明します。14人の患者で行われた特定の不眠症治療は、日中の症状を有意に減らすことができました。したがって、この症候群の認識は臨床的に重要です。無症候性不眠症の性質を明らかにするための研究が必要です。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症覚醒の非認識睡眠の過大評価不眠症の症状
著作権©2006 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S138994570600582X

関連記事はこちら