このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
本稿では、米国の青年の全国サンプルにおける不眠症の症状と自殺の関係を調べながら、自殺に関連することが知られているいくつかの精神障害を制御します。さらに、不眠症の症状が自殺傾向の変数に影響を与えるために相互作用するかどうかを調べた。
方法
研究参加者は、全国共存症調査 – 思春期サプリメント(NCS-A)の13〜18歳の青年10,123人でした。
結果
二変量解析では、すべての不眠症症状(すなわち、眠りに落ちることの困難、眠り続けることの困難、および早朝の目覚め)は、自殺念慮、計画および試みと関連していた。多変量解析では、物質使用、気分障害および不安障害、ならびに重要な共変量を管理することは、12ヶ月および生涯の自殺変数と有意な関係がありましたが、早朝の目覚めはそうではありませんでした。
結論
3つの不眠症症状のうち2つは、自殺念慮と有意な関連があり、自殺に影響を与えることが知られている精神障害を管理した後も計画しています。眠りにつくことや眠り続けることに問題があることは、自殺行動に直接的および間接的な関係(物質使用、気分および不安障害による)をもたらしました。睡眠障害の評価と治療は、青年期の自殺のリスクを減らす可能性があります。
前の記事次の記事
キーワード
睡眠自殺未遂自殺念慮思春期
この記事の研究データ
ICPSR
政治社会研究のための異業種間コンソーシアム
社会行動科学研究データ
記事に関連するデータ:
全国共存症調査:青年期サプリメント(NCS-A)、2001年 – 2004年
全国共存症調査:青年期サプリメント(NCS-A)、2001年 – 2004年
全国共存症調査:青年期サプリメント(NCS-A)、2001年 – 2004年
すべてのリンクを表示
研究データについて
©2016 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S002239561630111X