このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
交代勤務は慢性不眠症のスクリーニングと治療における課題です。本研究の目的は、慢性不眠症の交替勤務者における不眠症に対する認知行動グループ介入(CBT-I)の実施と有効性を検討することであった。また、不眠症の症状と介入の効果が就業日と休業日で異なるかどうかを調べた。
方法
研究デザインは、対照条件としてCBT-1の前の待機期間を含む、無作為化されていないグループ介入でした。不規則な労働時間を持ち、精神的不眠症の特徴を有する非有機性不眠症を患っていた合計19人のメディアワーカーが研究を完了しました。我々は6ヶ月間の結果を追跡しました。睡眠日記、アンケート、およびアクティグラフィーを使用して結果を評価した。CBT-Iグループは、職業保健サービス(OHS)の訓練を受けた看護師によって導かれました。
結果
介入後の結果は、自己申告およびアクティグラフィーによる入院潜時、ならびに自己申告の睡眠効率、睡眠の質、および安静時の有意な改善を示した。さらに、不眠症の重症度、睡眠関連の機能障害認知、精神的症状および身体的症状、ならびに健康関連の生活の質の精神的要素が著しく改善されました。改善は追跡期間にわたって続き、さらに強化されました。参加者は一般に就業日より休みの日の方が有意によく眠りましたが、治療は両方の睡眠を改善しました。
結論
研究は、不眠症の非薬理学的治療が慢性不眠症の交替勤務者の間で実施され、訓練されたOHS看護師による治療の提供が有望な結果をもたらすことを示した。しかしながら、無作為化されていない研究デザインと小さいサンプルサイズのために、結果を解釈するときにはいくらかの注意が必要です。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症交代制勤務非薬理学的治療認知行動療法産業保健サービス
著作権©2012 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945712003735