このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
平均余命の増加に伴い、閉経期の望ましくない徴候の発生率も同様に増加した。卵巣機能喪失の影響には、エストラジオール分泌の漸進的減少、乳房の栄養性変化、 血管運動症状、不安神経症、鬱病、および睡眠障害が含まれる。生理的影響を及ぼし、そして生活の質の低下をもたらし得る不眠症は、閉経後の女性に一般的である。ホルモン療法は更年期症状を軽減するために広く使用されていますしかし、心血管イベントの報告されたリスクおよび腫瘍の発生率の増加のために、近年のその使用は疑問視されてきた。この論争は、医師と患者の両方の間で非ホルモン治療に大きな関心を寄せています。私たちの以前の研究は、更年期症状に対するマッサージ療法の良い効果を示しています。私たちはマッサージ療法が炎症や免疫学的変化を通して閉経後の女性に有益な効果をもたらすという仮説を探った。自己申告による質問票からの最近の結果は、マッサージ療法後の睡眠パターンと生活の質の改善を示しています。これらの知見は、マッサージ療法の有効性を示しています閉経後の症状、特に不眠症は、それが有望な研究であることを示しています。
前の記事次の記事
キーワード
睡眠不眠症マッサージ代替方法閉経後ホルモン療法
1 。前書き
疫学的研究は、閉経 後に不眠症の発生率の増加を示しています[1] 。社会人口学的、心理的、社会的支援、血管運動症状、および自己認識される健康関連または医学的状態を含む、更年期の睡眠障害を説明するために多くの変数が提案されてきた。
主観的評価睡眠の質における閉経後の女性は、不快の知覚は、個人が、この段階の間に睡眠の質に影響を与える要因特徴付けると識別することを可能にするように、特定の利点を有している [2] 。主観的睡眠パラメータの研究は、夜間のほてりと睡眠障害の 間に有意な関連があることを示しています [3]、[4] 。これは、睡眠障害と更年期障害の間の相関関係を、鬱病、慢性疼痛、および罹患率の増加を含む他の加齢性合併症と混同する可能性を強調しています。閉経後の女性が医学的助言を求める場合は、睡眠に悪影響を及ぼす条件を考慮する必要があります [5]。
更年期障害は、年齢、収入、鬱病の有無などの交絡因子を修正した後、睡眠障害の独立した危険因子と考えられていました。診断は睡眠ポリグラフなしで、アンケートに基づいていた。過敏性および不眠症が回答者の60.2%によって報告されており、閉経後および閉経後の女性に特に注意を払うべきであることを示している[2]。
閉経期移行 中に睡眠障害が著しく増加することが研究により示されています[2]、[3]、[4]、[5]、[6]。しかし、閉経後の女性の睡眠の質に関するデータは限られています[2]。不眠症の高い有病率とその重大な結果にもかかわらず、不眠症はしばしば適切に評価され治療されていません[7]。現在の研究グループは、閉経後の女性における不眠症の有病率を調査するデータの本体に多大な貢献をしてきました[1]、[5]、[8]。
卵巣によって以前に産生されたホルモンの外因性補充からなるホルモン療法(HT)は伝統的に閉経期の症状を軽減するために使用されてきました[9]。しかし、HTの影響に関する最近の研究の結果が与えられているの上昇を科学界で論争に。心臓およびエストロゲン/プロゲスチン補充研究(HERS)研究グループは、閉経期女性におけるHTの保護効果を大規模に評価し、相反する結果を得ました[10]。HT試験を含む重要な研究である女性健康イニシアチブ(WHI)は、冠状動脈性心臓病、乳がん、脳卒中および血栓塞栓症の発生率の増加を発見しましたHTを受けた研究グループで。その結果、2002年にHT試験は中止されました。WHI試験では、HTのリスクがその恩恵を上回り、閉経後女性の慢性疾患を予防するためにこの療法を開始したり継続したりしないでください。WHIの結果が発表された後、患者および医師は、特にすでに心血管疾患または乳がんのリスクが高い女性に対して、長期のエストロゲン療法を使用することに消極的でした。したがって、閉経期の症状を管理するための非ホルモン療法の需要が高まりました。これには、非管理薬、抗うつ薬、および行動療法の使用が含まれました [11]、[12]、[13]。。行動療法(睡眠衛生、睡眠制限、刺激管理、および弛緩)や認知療法などの治療は、不眠症の素因となる要因にプラスの効果を示しています[7]。
代替療法や補完的な薬は、いくつかの異なる国の女性によって一般的に使用されています。多くの女性は、大豆ベースの食品、薬草、鍼治療、およびヨガなどの起源から更年期症状の助けを求めています。ほとんどのヨーロッパ諸国およびオーストラリアでは、人口の50%以上が代替方法を使用したと報告しています[14]。1990年の米国では、425百万人(男性37.8%、女性48.9%)が何らかの型にはまらない治療を求めていたと推定されています [14]。。閉経期の症状が原因で代替療法や補完薬の検索が頻繁に行われることは注目に値し、これらの非従来型および非薬理学的リソースの利点についての研究が行われています[12] 。ニューヨーク市で実施された補完代替医療の使用に関する予備調査では、研究参加者の50%が治療として補完療法を使用しており、女性に有効であると考えられていました[15]。現在の研究グループが行った研究はまた、漢方薬が閉経後の女性に潜在的な利益をもたらすことを示しています[13]、[16]。。薬理学的でない介入に対する需要の増加は、特にマッサージが健康に貢献すると考えられており、安全であり[17]、女性に受け入れられているので、治療資源としてのマッサージの可能性に重きを置きます。
マッサージは一般的に科学的根拠のない治療手段とみなされています。しかしながら、活性化もたらすことが知られている動脈および静脈の血流を内リンパ系および結合組織及び筋肉内、および浮腫の治療の選択肢と見なされる [18] 。筋肉 – 皮膚刺激は、接触、圧力、熱、振動、および痛みの受容体に作用し、末梢神経系および自律神経系を介して中枢神経系(脊髄および脳)に伝達されます。弛緩、睡眠の改善、静けさ、健康、心拍数および呼吸の低下、蠕動運動などの神経化学反応 [19] の誘発、利尿の増加、月経困難症の減少、および恒常性の回復は臨床的に観察することができる[20]、[21]。
いくつかの研究は、抗ストレスマッサージ後の不眠症の改善を示しています[22]、[23]。更年期障害の症状として不眠症を経験している女性は、治療の最初の選択肢として代替療法、特にボディーセラピーを選択する傾向があることも報告されています[24] 。不眠症の閉経後女性におけるマッサージの利点を調査するための最近の予備調査で、現在の研究グループは睡眠ポリグラフによる睡眠パターンの改善を見出しました。これにはREM潜伏期と睡眠ステージ 1の大幅な減少、睡眠ステージ3と3の大幅な増加が含まれます。 4、不安と鬱病の有意な改善に加えて [25]。主観的評価を可能にした睡眠日記の使用を含む研究。睡眠日記分析は、すべての参加者がより早く眠りに落ち、睡眠の質が改善され、目が覚める と気分が良くなることを示しました [25] 。本研究グループはまた、試験的研究と同じ介入を使用して 無作為化対照試験を実施し、それは鬱病、不眠症および生活の質の増加の有意な減少を見出した。これは睡眠の質の改善および更年期または閉経期症状の改善を示しています [26]。
2 。最終検討事項
閉経後の段階から生じる症状がこの段階の女性の生活の質に与える重大な影響を考えると、ホルモン療法に加えて新しい治療法の選択肢が本当に必要です。独立した非薬理学的療法として、または更年期障害の症状に対する他の形態の治療法と組み合わせてマッサージによって提供される潜在的な利益は、この治療法の有効性に関する系統的研究の必要性を強調している。したがって、現在の研究グループによって発表された睡眠の質に対するマッサージのプラスの効果に関する最近の証拠に照らして、我々は他の生化学的、代謝的および免疫系におけるその有効性を検証するために研究のこの領域を広げるつもりです。条件。この一連の研究からの知見は、更年期女性の睡眠の質を改善するための治療手段としてのマッサージの可能性を裏付けることができます。
利益相反の声明
宣言されていません。
謝辞
この作品は、AssociaçãoFundo de IncentivoàPesquisa(AFIP)およびCNPqからの助成金によって支援されました。
参考文献
[1]
HH カンポス、LRA ビッテンコーチ、MA ハイダー、S. Tufik 、EC Baracat
Prevalênciadistúrbiosは、POS-menopausaナ園行うデ
改訂ブラGinecol Obstet 、27 (2005 )、頁731 – 736
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[2]
CL ソウザ、JM Aldrighi 、G.ロレンツィ フィリオ
Qualidadeが園にEMを行うmulheresにはclimatérioをpaulistanasありません
Rev Assoc Med Bras 、51 (2005 )、pp。170 – 176
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[3]
CN Soares
不眠症と不眠症 – 不快感と症状の変化
改訂Psiq CLIN 、33 (2006 )、頁103 – 109
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[4]
T. ヤング、D. Rabago 、A. Zgierska 、D. オースティン、L. フィン
ウィスコンシン睡眠コホート研究では閉経前、閉経と閉経後の女性における客観と主観的睡眠の質
Sleep 、26 (2003 )、pp。667 – 672
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[5]
H. Hachul 、LDC ブランドン、LRA ビッテンコーチ、V. D’アルメイダ、ML アンダーセン、EC Baracat 、ら。
睡眠検査室と呼ばれる更年期不眠症女性の臨床像
アクタObstet Gynecol Scand 、88 (2009 )、頁422 – 427
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[6]
K. 寺島、A. 三上、N. 橘、T. 熊野・ゴー、Y. 豊島、Y. 杉田、ら。
閉経期不眠症の睡眠特性:睡眠ポリグラフ検査
精神科クリニックNeurosci 、58 (2004 )、pp。179 – 185
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[7]
ML パーリス、SD ヤングステッド
原発性不眠症とその代替治療法の診断
Comp Ther 、26 (2000 )、pp。298 – 306
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[8]
H. Hachulデカンポス、LC ブランドン、V. D’アルメイダ、BH Grego 、LR ビッテンコーチ、S. Tufik 、ら。
不眠症を訴える閉経後女性における睡眠障害、酸化ストレスおよび心血管リスクパラメータ
Climacteric 、9 (2006 )、pp。312 – 319
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[9]
NR メロ、CE フェルナンデス、LM ポンペイ、S。 ウェバ・
クリマテリオ
VerBrásMed 、56 (1999 )
(277〜34)
Google Scholar
[10]
S. Hulley 、D. グラディ、T. ブッシュ、C. Furberg 、D. ヘリントン、B. リッグス、ら。
閉経後の冠状動脈性心臓病の二次予防のためのエストロゲンとプロゲスチンの無作為化試験
J Am Med Assoc 、280 (1998 )
(650〜13)
Google Scholar
[11]
A. Bardel 、MA 刑事ヴァランダー、K. Svardsudd
閉経後の女性で報告ホルモン補充療法と症状
Maturitas 、41 (2002 )、頁。7 – 15
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
[12]
F. クローネンベルク、A. Fugh-バーマン
更年期症状のための補完代替医療:無作為化比較試験のレビュー
Ann Intern Med 、137 (2002 )、pp。805 – 813
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[13]
R. Mazaro・コスタ、ML アンデルセン、H. Hachul 、S. Tufik
薬用植物女性の性的機能不全のための代替治療として:ユートピア的ビジョンや更年期の女性の可能な治療?
J Sex Med 、7 (2010 )、pp。3695 – 3714
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
[14]
P. 因子Litvak 、LF クッシュマン、F. クローネンベルク、C. ウェイド、D. Kalmuss
ニューヨークの女性の間で補完代替医療の利用:パイロット研究
J Altern Complement Med 、7 (2001 )、pp。659 – 666
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[15]
SP Weinrich 、S. ハドック、K. ロビンソン
高齢者における治療マッサージ:研究課題
BR J Nurs 、8 (1999 )、頁。11 – 24
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[16]
H. Hachul 、LC ブランドン、V. D’アルメイダ、LR ビッテンコーチ、EC Baracat 、S. Tufik
イソフラボンが閉経後で不眠症を減少させます
更年期障害、18 (2011 )、pp。178 – 184
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[17]
GC Goats
Massage – 古代美術の科学的根拠:パート2.生理的および治療的効果
Br J Sports Med 、28 (1994 )、pp。153 – 156
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[18]
ギマランイスCM。製品の詳細、心臓血管およびホルモンの投与方法Wistarサブシステムおよびソフトウェアの詳細については、ここをクリックしてください。Dissertação – サンパウロ連邦大学 – UNIFESP。サンパウロ; 1996年
Google Scholar
[19]
HH チャン、J. オーブリー
O奇抜ムンド行うのですか、ではChinês
Pergaminho 、Lisboa (1999 )
Google Scholar
[20]
F. マントが
眠れず、落ち着かない
Nursタイムズ、92 (1996 )、頁。46 – 49
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[21]
T. フィールド
マッサージ療法
Med Clin North Am 、86 (2002 )、pp。163 – 171
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
[22]
高齢者の睡眠を促進するための背中のマッサージと同様のテクニックの
A. シッフ
文学レビュー
Pflege 、19 (2006 )、頁163 – 173
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[23]
YF 周、YL 魏、PL 張、S. ガオ、GL 寧、ZQ 張、等。
心臓と脾臓の両方の欠乏症の不眠症の治療のための三部マッサージ療法に関する多中心制御研究
Zhongguo Zhen Jiu 、26 (2006 )、pp。385 – 388
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[24]
KM Newton 、DSM Buist 、NL Keenan 、LA Anderson 、AZ LaCroix
更年期症状に対する代替療法の使用:集団ベース調査の結果
Obstet Gynecol 、100 (2002年の)、頁。18 – 25
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
25]
DS オリベイラ、H. Hachul 、S. Tufik 、L. ビッテンコーチ
不眠症と閉経後の女性のマッサージの効果-パイロット研究
クリニック、66 (2 )(2011 )、頁343 – 346
CrossRef Google Scholar
[26]
DS オリベイラ、H. Hachul 、V. 後藤、S. Tufik 、LR ビッテンコーチ
閉経後の女性で不眠や更年期症状に対する治療のマッサージの効果
更年期、15 (1 )(2012 2 )、PP。21 – 29
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
ブラジル睡眠協会の責任の下での査読。

資金源: Pesquisa Fundo de Incentivo(AFIP)、CNPq、およびFundaçãoAmparoàPesquisaから、SãoPaulo-FAPESPへの資金援助。
要約を見る
著作権©2014睡眠協会。Elsevier BVによって出版された

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1984006314000327