このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

CBT – 私は退役軍人の間で不眠症の大幅な全体的な改善と関連していた。

セラピストによる患者のCBT-1への順守は、不眠症の重症度の低下と有意に関連していました。

不眠症の変化に対する治療的提携の効果は、CBT-1の順守について調整した後では有意ではなかった。
抽象
本稿では、退役軍人における不眠症に対する認知行動療法(CBT-I)の有効性と、CBT-Iの転帰に対する2つのプロセス基準の効果:1)患者遵守のセラピスト評価と2)治療提携の患者評価。データは、退役軍人局CBT-Iトレーニングプログラムの316人のセラピストと、トレーニングを受けているセラピストからCBT-1を受けている696人の患者からのものです。混合効果モデルの結果は、不眠症重症度指数のスコアがベースライン時の20.7から CBT-1の典型的な経過中の10.9(d = 2.3)に減少したことを示している。最も低い3分の1の順守を有する患者と比較して最も高い3分の1を有する患者は、平均して、ISIスコアにおける4.1ポイントの大きな減少を達成した(d)。 = 0.95)。不眠症の重症度の変化に対する治療的提携の効果は、CBT-1の順守について調整した後では有意ではなかった。これらの結果は、CBT-1における大規模トレーニングとその実施の有効性と実現可能性を裏付けており、患者の服薬遵守により重点的に取り組むことで結果が向上する可能性があることを示している。現在の知見は、CBT-1セラピストとトレーニングプログラムが患者の遵守への参加と遵守の向上により重点を置いていることを示唆しています。
前の記事次の記事
キーワード
認知行動療法不眠症普及退役軍人遵守アライアンス
1
共著者
全文を見る
エルゼビア株式会社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005796713001976