このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

受け入れられない考えと不眠症の関係を調べました。

OCDの許容できない思考ドメインは不眠症と関連していた。

不安感受性認知的懸念がこの関係を媒介した。

所見はOCDと睡眠に関する以前の研究を支持し拡張する。
抽象
強迫性障害(OCD)と不眠症との関係に関する既存の研究は少ないです。さらに、OCDと睡眠障害の間の観察された関係を説明するかもしれない潜在的なメカニズムを調べた研究はありません。精神的無能力化の恐れを反映する、不安感受性(AS)の認知的関心サブスケールは、OCDの症状と不眠症の両方に関連しており、OCD患者の睡眠障害を増加させるメカニズムとして役立つ可能性があります。本研究では、OCD症状と不眠症の関係、およびAS認知問題の潜在的な仲介的役割について検討した。サンプルは、オンラインのクラウドソーシング市場であるAmazonのMechanical Turk(Mturk)を通じて募集された526人の個人で構成されていました。結果は、OCDの許容できない思考ドメインと不眠症の症状との間の明確な関連性を明らかにした。さらに、AS認知の問題がこれらの構成要素間の関係を媒介した。将来の研究は、臨床サンプルと将来のデザインを使用してこれらの発見を再現しようとするはずです。
前の記事次の記事
キーワード
強迫性障害不眠症不安過敏症認知に関する懸念睡眠
著作権©2015 Elsevier Ireland Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165178115003947