このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
本研究では、以下の目的を調査する集団ベースのサンプルを利用した。不眠症に基づく高齢者
方法
1657中年の成人(48.16パーセントの男性が、平均年齢 = 55.35 ± 4.03 歳)と405人の高齢者(48.40パーセントの男性、平均年齢 = 70.13 ± 3.88 歳)韓国ゲノムとの疫学研究(KoGES)を4つの群に分類しました – 不眠症(NI)、単発性不眠症(SEI)、持続性不眠症(PI − R)、および2年間隔の5時点にわたる不眠症の進行に基づく持続性不眠症(PI − O)。彼らの精神運動のパフォーマンス警戒タスク(PVT)と主観的な日中の眠気が異なる不眠グループ間で比較し、その結果を中年の成人および高齢者の間で比較しました。
結果
共分散の分析は、不眠症群に基づく中年成人の不眠症群間で主観的な昼間の眠気が有意に異なることを示した(P = < .0001)が、客観的警戒行動には影響しませんでした。対照的に、高齢者は、不眠症群に基づいて、有意に異なるPVT反応時間を示したが、日中の眠気は示さなかった(P = 0.03)。 結論 不眠症は、年齢層に基づいて、精神運動能力と主観的眠気に異なる影響を及ぼす。高齢者の不眠症が警戒行動に与える影響を増幅する一方で、高齢者の知覚される眠気を軽減する、加齢に関連する根本的なプロセスがあるかもしれません。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症疫学老化日中のパフォーマンス 著作権©2013 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399913003024