このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
鬱病および不眠症は、高齢者の間で一般的な精神障害であり、いくつかの社会的要因および健康的要因に関連すると報告されている。ただし、食物摂取量に関連してそれらの発生はめったに調査されていません。したがって、この研究は、マレーシアの政府資金による施設に居住する71人の高齢者の間の食物摂取に重点を置いて、うつ病と不眠症の決定要因を同定することであった。インタビューベースの質問票は、社会人口学、健康状態および機能的状態、うつ病、不眠症および食物摂取に関する情報を得るために使用された。合計71.8%の被験者がうつ病を患い、53%が不眠症を患っていた。不眠症のある患者[調整後オッズ比(AOR)19.55、95%CI = 4.04から94.64]は、IADLの> 4件の商品(AOR行うことができないヘルプ/必要 = 16.65、95%CI = 3.95から70.22)を、高血圧症(AORあっ = 7.66、95%CI = 1.37から42.76)を、> 50%でした家禽や魚の浪費(AOR = 3.66、95 %CI = 1.06-12.60)と野菜の浪費(AOR 3.31、95 %CI = 1.03-10.60)のほうが、うつ病になる可能性が高かった。うつ病(AOR 19.55、95 %CI = 4.04–94.64)、4項目を超えるIADL(AOR 2.97、95 %CI = 1.12–7.84)を実行するために援助を必要とする/不可能な患者AOR 5.01、95 %CI = 1.37-18.27)、野菜の廃棄率が50%超(AOR 3.91、95%CI =) 1.42-10.82)は、不眠症を発症する危険性がより高かった。鬱病および不眠症は、半数以上の対象に影響を及ぼし、相互に関連し、そして機能的不能、社会経済的要因および特定の食物の高い食物浪費と関連していた。
前の記事次の記事
キーワード
うつ病高齢者、食物摂取量、食物廃棄物不眠症
著作権©2011 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1876201811000773