このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
研究目的
併発性不眠症/閉塞性睡眠時無呼吸(CIO)を調査した以前の研究は、主に併存患者、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)、および不眠症(INS)をOSA単独の患者と比較することに焦点を当てていました。このアプローチは参考になりますが、併存患者とINSのみの患者との潜在的に興味深い比較を省略します。私たちの研究は、より明確に質問に焦点を当てるために、OSA(存在または不在)とINS(存在または不在)を交差させる不完全要因計画法を使用しました、併存するINSはOSAのエピ現象か独立した障害ですか?
方法
我々の研究は、OSAまたはINSとして特徴付けられる連続的に診断された患者を比較している睡眠センターのデータベースからの記録分析であった。3番目のグループCIOは、OSAグループから派生しました。私たちの研究はアメリカ睡眠医学アカデミー認定睡眠障害センターで行われました。OSA 94人、INS 97人、CIO 108人を含む299人の患者を研究した。患者は15歳から86 歳までの範囲であった。
結果
睡眠ポリグラフ(PSG)、睡眠パターン、睡眠段階、睡眠病理学、自己申告による睡眠障害、自己申告による昼間機能についてグループを比較した。一連のOSA患者から、CIOの有病率は67.4%と推定されます。集団間の人口統計学的差異を管理する多変量共分散分析(MANCOVA)に主に基づいて、CIOとINS単独の間、またはCIOとOSA単独の間に有意差があったとしてもごくわずかであった。
結論
CIOの臨床所見は、PSG所見と自己申告による睡眠開始および睡眠維持障害の両方に関して、INS単独と見分けがつかない。我々はOSAの重症度と同時発生INSの間に弱い関係を観察した。これらのデータは、共存するOSAを伴うINSが独立した、自立的な障害であるという見解と一致しています。私たちは、未知の割合の事例では、OSAが最初にINSを動機付けたと仮定しましたが、その後、INSは永続化され、睡眠の心配と自己破滅的な代償行動によって形を変えました。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症閉塞性睡眠時無呼吸併存する入眠不眠症睡眠維持不眠症日中の障害
著作権©2013 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945713000890