このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

認知療法および行動療法後の睡眠についての信念の変化を調べた。

すべての治療グループが機能不全の信念の持続的な変化を経験しました。

信念の変化は、不眠症の症状と機能障害の減少に関連していました。

機能不全の信念は、治療後および12ヶ月の追跡調査において臨床的に有意なレベルを下に示した。
抽象
大規模なランダム化比較試験の一部として、188人の参加者が不眠症に対する行動療法(BT)、認知療法(CT)、または認知行動療法(CBT)に無作為化された。この研究の目的は3つありました:(a)睡眠についての機能障害の信念の変化が睡眠の変化、不眠症の症状、そして治療後の機能障害に関連しているかどうかを決定すること。(b)BT、CT、およびCBTが機能不全の信念に対するそれらの効果において異なるかどうかを決定すること。(c)治療が特定の種類の機能不全の信念に及ぼす影響が異なるかどうかを判断すること。信念、睡眠、不眠症の症状、および睡眠関連心理社会的障害は、治療前、治療後、ならびに6ヶ月後および12ヶ月後の追跡調査で評価された。BT、CTの過程で起こる機能不全の信念のより大きな変化 またはCBTは、不眠症の症状の改善と治療後の障害および両方の追跡調査と関連していた。全てのグループが治療中に機能不全の信念の有意な減少を経験し、それは6ヶ月と12ヶ月の追跡調査を通して持続した。BT群と比較して、CT群および/またはCBT群の参加者の大部分は、治療後および12ヶ月の追跡調査において臨床的に有意と見なされるレベルを下回る機能不全信念を支持した。結果は、不眠症治療における機能不全の信念を標的とすることの重要性を実証し、信念がBT単独で有意に修正され得ることを示唆し、そして認知介入が信念の変化を高めるのに特に強力であり得ることを示す。全てのグループが治療中に機能不全の信念の有意な減少を経験し、それは6ヶ月と12ヶ月の追跡調査を通して持続した。BT群と比較して、CT群および/またはCBT群の参加者の大部分は、治療後および12ヶ月の追跡調査において臨床的に有意と見なされるレベルを下回る機能不全信念を支持した。結果は、不眠症治療における機能不全の信念を標的とすることの重要性を実証し、信念がBT単独で有意に修正され得ることを示唆し、そして認知介入が信念の変化を高めるのに特に強力であり得ることを示す。全てのグループが治療中に機能不全の信念の有意な減少を経験し、それは6ヶ月と12ヶ月の追跡調査を通して持続した。BT群と比較して、CT群および/またはCBT群の参加者の大部分は、治療後および12ヶ月の追跡調査において臨床的に有意と見なされるレベルを下回る機能不全信念を支持した。結果は、不眠症治療における機能不全の信念を標的とすることの重要性を実証し、信念がBT単独で有意に修正され得ることを示唆し、そして認知介入が信念の変化を高めるのに特に強力であり得ることを示す。CTおよび/またはCBTグループの参加者の大部分は、治療後および12ヶ月の追跡調査で臨床的に有意と見なされるレベルを下回る機能障害的信念を支持した。結果は、不眠症治療における機能不全の信念を標的とすることの重要性を実証し、信念がBT単独で有意に修正され得ることを示唆し、そして認知介入が信念の変化を高めるのに特に強力であり得ることを示す。CTおよび/またはCBTグループの参加者の大部分は、治療後および12ヶ月の追跡調査で臨床的に有意と見なされるレベルを下回る機能障害的信念を支持した。結果は、不眠症治療における機能不全の信念を標的とすることの重要性を実証し、信念がBT単独で有意に修正され得ることを示唆し、そして認知介入が信念の変化を高めるのに特に強力であり得ることを示す。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症信念睡眠認知行動療法行動実験

このプロジェクトは国立精神保健助成金RO1MH079188(CMM、AGH)によってサポートされていました。臨床試験NCT 00869934。
全文を見る
著作権©2016年発行エルゼビア株式会社

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005789415001124