このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
最近の不眠症と感情障害のモデル間の概念的な類似性は、これらの困難の根底にあるまたは維持する共通の要因があるかもしれないことを示唆している。情緒障害に関連して記載されているのと同様の不適応認知および行動過程が、原発性不眠症の維持における重要なメカニズムとして引用されてきた。残念ながら、この潜在的な重複に関する研究は欠けています。本研究では不安と気分障害を持つ59人の外来患者における不安感受性(AS)、機能不全の信念、疲労、安全行動、および不眠症の重症度の間の関係を調べた。ASはそうではなかったが、主要な不眠症プロセス(機能不全の信念、疲労、安全行動)はすべて、併存症サンプルの不眠症の重症度に関連していた。しかし、仮説としては、ASは機能不全の信念と疲労の関係を不眠症の重症度と和らげました。主要な不眠症プロセスと不眠症の重症度との関係は、ASが高い人の間で最も強かった。結果は、一般的なメカニズムが不眠症と感情障害に関与しているという仮説を支持しています。ASは不安や気分障害の文脈で睡眠障害の維持のためのメカニズムとして機能するかもしれない、将来の研究のための有望な道を示唆している。
ハイライト
►不安や気分障害のある外来患者の主要な不眠症の過程を調べました。►機能不全の信念、疲労、および安全行動はすべて不眠症の重症度を予測しました。►不安感受性(AS)はこれらの関係を緩和しました。►高ASは不眠症のプロセスと不眠症の重症度との関係を強化します。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症不安うつ病経診診断
全文を見る
著作権©2012 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005796712000691