このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
でプライマリケア 367人の高齢者(高齢者⩾60の人口 を持つ年)変形性関節症(OA)の痛みや不眠、我々はの二次解析による睡眠の短期的な改善と長期的な睡眠、痛み、疲労の結果との関係を調べましたランダム化比較試験データ。実験参加者は、受けた実験的治療にかかわらず、改善者(不眠症重症度指数[ISI]の2ヵ月減少から約30%ベースライン)または非改善者として分類されました。治療群および潜在的な交絡因子を抑制した後、改善していない人 と比較して、改善した人は18ヵ月にわたって有意で持続的な改善を示しました。痛みの重症度(P < 0.001、調整平均差 = -0.51 [95%CI:-0.80、-0.21])、関節炎症状( P <0.001、0.63 [0.26、1.00 ])、および恐怖回避(P = 0.009、-2.27) [-3.95、-0.58])、しかし壊滅的な状況やうつ病にはありません。改良はまた、ISIに有意な持続的改善を示した(P < 0.001、-3.03 [-3.74、-2.32])、ピッツバーグ睡眠品質指数の合計(P < 0.001、-1.45 [-1.97、-0.93])及び一般的な睡眠の質(P < 0.001、-0.28 [-0.39、-0.16])スコア、フリンダース疲労スケール(P < 0.001、-1.99 [-3.01、-0.98])、および睡眠機能不全に関する信念(P = 0.037、-2.44 [-4.74]) -0.15])、しかし睡眠調査票の機能的転帰またはエプワース眠気尺度に改善は見られない。我々は、睡眠の短期間(2ヶ月)の改善は、睡眠、慢性疼痛、および疲労の複数の尺度について長期間(9ヶ月および18ヶ月)の改善を予測すると結論した。これらの改善は、心理的幸福に対する非特異的な利益に起因するものではありませんでした。 うつ病の減少など。これらの所見は、変形性関節症の疼痛および睡眠の強い改善が達成されそして持続されるならば併発性不眠症を有する高齢者における慢性疼痛および疲労のための改善された睡眠の利点と一致する。お試し登録:ClinicalTrials.gov識別子:NCT01142349。 前の記事次の記事 キーワード 老化認知行動療法疲労不眠症疼痛変形性関節症睡眠 著作権©2014国際疼痛学会。Elsevier BVが発行しました。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304395914002188