このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
背景/目的
不眠症は高齢者人口に大きな影響を与えます。インドの高齢者人口は急増しており、不眠症の疫学はこのグループで詳細に研究される必要があります。
方法
この分野における不眠症の有病率および性質を研究するために、バナラスヒンズー大学医学部のSir Sunderlal病院の老人クリニックに来院している304人の男性および200人の女性のインドの高齢患者に対する標準的なアンケートを用いて観察研究を行った。人口。研究グループの平均年齢は66.47(±6.855)歳でした。様々な群(性別、職業、住居、習慣形成物質使用、鬱病に基づく)における不眠症の分布を、SPSSバージョン16.0 を用いてカイ二乗検定を用いて比較した。
結果
不眠症は研究集団の32%に存在した。増加する年齢と不眠症の間に統計的に有意な関連が見られた(p = 0.035)が、有意な性差は認められなかった(p = 0.173)。早期不眠症は、同定された最も一般的な不眠症のパターンであることが判明した(罹患者全体の39%)。ほとんどの症例は慢性不眠症(89.45%)であり、ある程度の併存症(100%)を伴っていた。心血管疾患が最も一般的な合併症でした(不眠症患者の27.3%)。さらに、不眠症と居住地(p = 0.034)、習慣性物質使用(p = 0.045)およびうつ病(p = 0.045)との間には、正の統計的に有意な相関が見られました。p <0.001)。
結論
インドの高齢者における不眠症の性質と特質は、この研究によって確認されています。原因究明研究の範囲が強調されており、適切な介入に関する点が示唆されている。
前の記事次の記事
キーワード
老年医学睡眠睡眠開始および維持障害
1 。前書き
不眠症は睡眠不足の不満です。睡眠障害国際分類第2版(ICSD-2; 2005)は、睡眠を開始する難しさの苦情など不眠、睡眠困難を維持する、または定義されて目覚め、あまりにも早く、または品質の慢性nonrestorativeか悪い睡眠を。1不眠症は、睡眠障害、睡眠維持、睡眠オフセット不眠、および非回復性睡眠への睡眠障害の性質に従って、そして一過性、短期、および長期/慢性の不眠症に対する訴えの期間に基づいて分類される。3週間以上続く不眠症は慢性であると言われています。2慢性不眠症の多くの患者は、睡眠障害のために明確なまたは単一の識別可能な根本的原因を持っていません。これらの症例は、原発性不眠症の傘下にあります。3 睡眠障害に関する苦情は年齢とともに着実に増加しています。睡眠障害は、65歳以上の地域在住の個人の50%以上、ならびに施設に収容された高齢者の推定3分の2に影響を与えると推定されています。施設に収容された高齢者では、地域在住の高齢者よりも睡眠がさらに邪魔され細分化されます。4 睡眠の質が悪いと、認知機能障害、日中の眠気、生活の質の低下などの結果が生じることがあります。5高齢者の生活の質に影響を及ぼすことに加えて、睡眠に関する問題は、特別養護老人ホームの配置のリスクの増加および死亡率の増加と関連している。6 65歳以上の高齢者における不眠症の年間発生率は約5%です。含む高齢者の乱されたりunrestful睡眠の多くの潜在的な原因がある感情的なストレス、概日リズム障害を含む、老化の生理学的変化、心身症、薬の副作用、そして深刻な基礎疾患が。7、8従って、高齢者人口の大部分は、不眠症の潜在的に可逆的な原因に苦しんでいます。フォーリー他9高齢者の不眠症の事件の7%だけがこれらの危険因子の1つの不在下で起こると見積もっています。頻繁な関連付けは、不眠症および疼痛(関節炎、間に見出される滑液包炎、感覚異常、筋肉痛、組織炎)、胃の問題(胃食道逆流症、消化性潰瘍)、呼吸器疾患(喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸、内因性肺疾患、低酸素症) 、泌尿器科の訴え(前立腺肥大症、泌尿器科機能不全)、および夜間のミオクローヌス(落ち着きのない脚症候群、周期的な四肢運動障害)。
インドの高齢者人口は、一般医療の水準の向上により急速に伸びています。睡眠と健康の関係の証拠が増えていることを考えると、不眠症の特定は、一般的な加齢性慢性疾患の管理の改善と高齢患者の生活の質の向上につながる可能性があります。Mazzotti他、10 /66 認知症の一部としての10スタディグループは、南インドの65歳以上の高齢者における睡眠障害の有病率が37.7%であることを示しました。この点に関して、北インドの人口ではあまり研究が行われていません。10/66研究グループの調査結果は、民族的および人種的に大きな違いがあるため、インド全体に一般化することはできません。この研究は、不眠症に関する北インドの高齢者のシナリオを強調し、不眠症と性別、識字率/教育、職業、居住地などのさまざまな人口属性との相関関係を見つけることを目的としています。生活習慣、栄養への影響による睡眠習慣そして健康管理へのアクセス。高齢者のうつ病は生活の質を決定する主要な要因であるため、この研究ではうつ病と不眠症の関係を分析しました。最後に、この研究は睡眠障害に関するより複雑な原因究明研究と実験室研究の基礎を築く可能性が高いです。
2 。方法
2009年6月から2011年5月までインドのバラナシにあるSir Sunderlal病院で観察研究が行われた。高齢の患者(60歳以上)から病状が異なり、老人科に初めて通院した。本試験に同意しない患者、何らかの急性疾患を患っている、または入院を必要とする患者、ならびに言語障害、聴覚障害または重度の認知症などの他の身体的制限のために試験に参加できない患者研究から除外された。適格性について評価された1084人の患者がいた。これは試験期間中に新たに登録された高齢の外来患者の総数です。300人の患者は同意を与えなかった。288人の患者が選択基準を満たさなかったか、または1つ以上の除外点があったため除外された:30人が55〜60歳であり、221人が入院を必要とするまたは何らかの急性疾患を患っていた。意味のあるインタビューが不可能だった範囲で。この研究は、男性304名、女性200名を対象としています。名前、年齢、性別、社会経済的地位、学歴、配偶者の有無などの一般情報が収集された。そして、あらかじめ決められた標準的な質問表を使って生活する場所。質問票は、患者の地域の方言における患者の口頭インタビューに基づいて、老人病棟に掲示された居住医師によって記入された。全ての患者は、研究期間にわたって同じ面接官によって面接された。したがって、インタビュアーの標準化は必要ではないと考えられました。患者は、5年間のグループを使用して、年齢層におよび2004年のために提案された修正さプラサド分類に基づいて様々な社会経済グループに分離された 11、 12(表1 )。さらに、分類スキームのカテゴリーIとII、IIIとIV、VとVIを組み合わせて、高、中、低の社会経済的グループを形成した。習慣性物質使用アルコールの量や1日の消費量に関係なく、喫煙または咀嚼によるたばこのほぼ1日の消費量として定義されています。短い形式の老年期うつ病尺度(15項目)は、うつ病のレベルに基づいて参加者を分類するために使用されました。13これは患者の地域の方言に翻訳された形で投与された。
表1。2004年にインドの社会分類を提案。
ソーシャルクラス 1人当たりの月収制限(ルピー:1インドルピー= 0.016 $)
プラサド(1970) 修正案(2004)
I.アッパーハイ ≥100 1万以上 高い
II。高い 50〜99 5000〜9999
III。アッパーミドル 30〜49 3000〜4999 中間
IV。ローワーミドル 15〜29 1500〜2999
V.悪い 15年 500〜1499 低い
VI。非常に貧しいまたは貧困線以下(BPL) 500未満
注意。AK Agarwal著の「社会的分類:現在のシナリオで更新する必要性」、2008年、Indian J Community Med、33、p。50−1 著作権2008、地域医療のインドジャーナル。許可を得て複製しました。
睡眠障害プロトコルに関する国立衛生研究所の合意声明は、患者をスクリーニングするために使用された。14この議定書は、患者に以下の質問をすることを含んでいた。(1)「彼らは彼らの睡眠に満足しているか?」(2)「睡眠または疲労は活動を妨げますか?」(3)「自分のベッドの相手または他の人が、睡眠中に彼らに異常な行動(いびき、呼吸の中断、脚の動きなど)を感じますか?」
プロトコルは、現地の言語で翻訳された形で患者に投与された。インドの人口で使用可能なピッツバーグ睡眠品質指数などの標準化された高齢者睡眠評価指標の翻訳版はないことを強調する必要があります。15睡眠障害の疑いのある患者に、睡眠パターンの歴史、使用した薬、行動パターン/睡眠環境、および現在の疾患との関係について尋ねた。このようにして得られたデータは、あらかじめ設計された症例報告書の形で記録されました。併存疾患の診断的評価には、詳細な病歴および身体検査、ならびに血球数、肝臓および腎臓パネルを含む日常的な検査室検査が含まれた。尿検査、心電図、およびその他の関連調査。
2.1 。統計分析
データ分析は、統計ソフトウェアSPSS(バージョン16.0; SPSS Inc.、イリノイ州シカゴ)を用いて行った。研究された様々なパラメータとの不眠症の関係は、ノンパラメトリック変数についてのカイ二乗検定を使用して分析された。これは、データがカテゴリカルであり、正規分布に従っていないためです。有意差の確率を示すpの臨界値は、比較のために<0.05とした。504人の患者のサンプルサイズで、この調査は10%の許容誤差で不眠症の有病率を検出するために> 80%の検出力を有すると推定された。
3 。結果
分析された高齢患者の約32%に睡眠障害が見られ、初期の不眠症が最も一般的な不満であり、続いて晩期不眠症、中期不眠症、および過傾眠(昼間の眠気;図1)。
フルサイズの画像をダウンロード
図1。北インドの高齢者研究集団における不眠症の有病率(N、%)。
高齢患者では、加齢と不眠症の間に統計的に有意な関連がありました(χ2 = 22.192、p = 0.035)。全体的に、睡眠障害に性差はありませんでした(χ2 = 6.367、p = 0.173; 表2)。不眠症の高齢患者のほとんどは、慢性的な睡眠障害を抱えていました(89.45%)。3週間以内に睡眠障害を経験していたのは17人(10.55%)の患者のみでした(短期不眠症)。2さまざまな社会経済的グループ間で睡眠の愁訴に有意差はなかった(χ2= 3.649、p = 0.887)。早い不眠症はすべての社会経済的階級で最も一般的な不満であり、主婦に最も頻繁に見られた(14.4%)。年金受給者が睡眠障害の最も一般的な影響を受けているグループ(40.4%)でしたが、すべての職業グループ間で睡眠障害に有意差はありませんでした(χ2= 15.278、p = 0.760)。勤務中の労働者と患者は、睡眠障害による影響が最も少なかった。様々な教育グループの高齢患者の睡眠障害に有意差はなかった(χ2 = 17.801、p = 0.122)。未亡人/未亡人は既婚患者(30.4%)よりも睡眠不満(41.3%)を患っていたが、その差は軽微であることがわかった(χ²= 5.000、p = 0.758)。不眠症は農村部の患者(30.3%)よりも都市部の患者(35.7%)でより一般的であり、その差は統計的に有意であった(χ2 = 10.408、p = 0.034;(表3))。非使用者の27.9%と比較した物質(χ2= 4.004、p = 0.045)たばこ使用者の41.66%が睡眠障害を訴えていたのに対し、アルコール使用者の割合は31.5%でした(表3)。
表2。高齢患者における不眠症の年齢と性別の分布
年齢(年) 60〜64 65〜69 70〜74歳 ≥75
苦情 性別
苦情なし(n = 343) 男性(N = 207) 83人(72.1人) 55(72.3) 36(61.0) 33人(61.1人)
女性(N = 136) 72(79.1) 38(63.3) 19(65.5) 7(35.0)
早期不眠症(n = 63) 男性(N = 31) 15(13.0) 6(7.9) 6(10.1) 4(7.4)
女性(N = 32) 10(10.9) 9(15.0) 4人(13.8人) 9(45.0)
中不眠症(n = 38) 男性(N = 28) 7(6.1) 8(10.5) 9(15.2) 4(7.4)
女性(N = 10) 4(4.4) 4(6.6) 1(3.4) 1(5.0)
晩期不眠症(n = 42) 男性(N = 27) 10(8.7) 3人(3.9人) 6(10.2) 8(14.8)
女性(N = 15) 3(3.3) 6(10.0) 3(10.3) 3(15.0)
過眠気(n = 18) 男性(N = 11) 0(0.0) 4(5.2) 2(3.4) 5(9.2)
女性(N = 7) 2(2.2) 3(5.0) 2(6.9) 0(0.0)
データはn(%)として表される。
表3。不眠症と生活の場、習慣性物質使用、および鬱病との関係。ある
不眠症 不眠症なし p
住む所
農村(n = 347) 105 242 0.034
アーバン(n = 157) 56 101
習慣性物質使用
なし(n = 341) 95年 246 0.045
タバコの喫煙(n = 80) 31 49
タバコ咀嚼(n = 64) 29年 35
アルコール(n = 19) 6 13年
老年期うつ病スケール(省略形)
≦5(n = 288) 68 220 <0.001 6〜9(n = 105) 41 64 10以上(n = 111) 52 59 ある 習慣性物質の使用については、比較は非使用者と使用者の間で行われます。 不眠症を訴える患者における併存疾患の存在を分析した。心血管疾患が最も一般的でした(不眠症患者の27.3%)。試験デザインは、特定の併存疾患の存在と不眠症との相関関係を許容しなかった。睡眠障害を有しない患者の35.86%と比較して、鬱病を有する不眠症の患者の57.76%が存在し、関連性は統計的に有意であると見出された(χ2= 34.689、p <0.001; 表3)。早期不眠症は、うつ病患者の最も一般的な不満でした(18.1%)。 4 。討論 主観的および客観的な睡眠の質の尺度の両方が、加齢に伴う睡眠の変化をサポートします。主観的には、高齢者は早い時間に目覚め、入眠時間が長くなり、就寝時間、夜間の目覚め、そして昼寝をし、そして若年成人と比較して総睡眠が減少すると報告している。この研究は、北インドの人口に焦点を当てながら、インドの視点から不眠症を垣間見ることを提供します。この研究によると、病院に通う北インドの老人人口における不眠症の有病率は32%です。この割合は、Foley et al 16によって示された有病率よりも少ない。65歳以上の9000人を超える地域在住成人を対象とした多施設共同研究では、患者の57%が睡眠の開始と維持が困難であると報告していた。これはまた、Mazzottiらのよりやや低い10約37%の推定。ある程度まで私たちの研究で得られたやや低い割合は、当社の約40%に形成された以前の研究に含まれていない60〜65歳の患者を含めることによって影響されている可能性が試験集団を、より少ない睡眠不満を持っていました。10/66 認知症研究グループはまた、睡眠障害に対する女性の嗜好を示しました。10年しかし、我々の研究では睡眠障害において性差が有意に見られなかった。5〜102歳の患者3,577人を対象とした65の研究を対象としたメタアナリシスでは、年齢に関連した睡眠の変化が若年および中年の成人ですでに見られ、徐波睡眠の割合はおよその割合で直線的に減少する60歳までの10歳につき2%。17我々の研究では、高齢患者における年齢と睡眠の問題の増加との間に統計的に有意な関連が見られた(χ2 = 22.192、p = 0.035)。この研究は相関的なデザインにすぎないので、年齢の増加が実際に我々の研究集団の不眠症の素因となるかどうかを結論付けることはできません。この発見はまたTsou 18によって報告された研究とは異なる。台湾北部出身で、高齢者は地域在住の高齢患者の不眠症罹患率と関連していなかった。19追加の調査が必要です。睡眠開始または早期不眠症が、我々の患者グループにおいて最も一般的な不眠症パターンであることがわかった。これは、高齢患者におけるより大きな睡眠維持問題のしばしば報告された発見とは異なります。考えられる理由は、我々の研究で都市部と農村部の高齢患者の間で不眠症罹患率が全体として有意に異なることであろう。より多くの睡眠障害を抱えていた都会の高齢の患者は、睡眠の開始を危うくしたかもしれないストレス関連の問題を抱えていたかもしれません。16 この研究は、心血管障害が不眠症患者の最も一般的な合併症であることを検出しました。1998年の3,000名を超える成人を対象とした研究では、心筋梗塞、狭心症、鬱血性心不全、または糖尿病の患者の30〜50%が不眠症であることがわかりました。20不眠症は、心血管疾患における原因因子または同一の結果かもしれません。不眠症の併存疾患である睡眠時無呼吸症候群は、心血管疾患の主要な危険因子です。21さらに、全身性炎症誘発状態は病因における共通の糸と考えられてきた不眠症および心血管疾患 睡眠不足は炎症誘発性サイトカインをアップレギュレートすることが実証されていますが、これらの要因は心血管疾患を引き起こす上で主要な役割を果たすことが知られています。22、23 不眠や心血管疾患、うつ病との使用のいずれかの分析で催眠剤は重要な交絡因子であるかもしれません。24、25 、このような分析があるため、研究デザインの我々の研究では不可能でした。併存疾患の存在は、年齢、服用している薬物、またはライフスタイルなどの他の要因によっても混同される可能性があります。この研究は横断的なものであるため、3次医療を受診した患者に対してのみ実施されました入院中であり、グループ間の交絡の可能性があるため無作為化されていないため、不眠症と心血管疾患のこの関連は慎重に解釈する必要があります。さらなる原因効果研究は、不眠症に対する心血管疾患の実際の寄与を詳しく説明するため、またはその逆である。 都市部の患者は、農村部の患者(30.3%)と比較して睡眠障害の有病率が高く(35.7%)、統計的に有意であることが証明されました(p = 0.034)。調査結果は不眠症が生活様式およびストレス問題によって深く影響されるという仮説に導くかもしれません。最近の総合的なレビューでも同様に、奇妙な勤務シフト、ライフスタイルのストレス、コーヒーなどの精神活性物質の使用など、複数の都市化問題を非難していることが示唆されています。26 この研究はまた、不眠症とうつ病の間に正の相関関係を見いだしました。これは、うつ病が睡眠障害と正の相関を持つことがわかっているという以前の研究を裏付けるものです。27 研究は、うつ病は不眠症、またはその逆の原因だったかどうかにかな泌尿生殖器や心臓血管系の問題や甲状腺機能低下症などの一般的な併存プロセスの両方た結果かどうかはコメントするように設計されていませんでした。それは以前に不眠症は、単にバリアントうつ病であると考えられていたが、最近のデータは、二つの間のより複雑な関係を示唆精神神経疾患の遺伝学のレベルで神経伝達の一般的なものの、および神経可塑性生合成経路が働いたことがまだあります。28年、29薬物乱用は、睡眠障害と正の相関関係を持つ別の属性であることがわかった(p = 0.045)。不眠症の高齢者薬物乱用者は40.5%であり、これは習慣形成剤を使用していない患者よりも有病率が高かった。アルコール乱用は、高齢患者の睡眠障害を悪化させることが実証されています。30 禁煙はしばしば不眠症の原因となりますが、たばこの喫煙自体は、若い成人集団で示唆されているように、高齢者の睡眠障害の原因となる可能性があります。31、32 不眠症における薬物乱用の役割を調査しているインドの高齢者集団での研究はありません。アルコール摂取者と比較してタバコ使用者の睡眠障害の有病率が低いのは、ニコチンの固有の刺激作用およびアルコールの中枢神経系抑制作用によって説明されるかもしれません。 私たちの研究は睡眠パターンと関連障害の実験室評価の欠如に苦しんでいます。不眠症以外に、ミオクローヌス障害、概日リズム異常、および呼吸器障害などの他の睡眠障害を研究する必要があります。サンプルサイズが小さいこと、およびこの研究が病院の訪問者のみに焦点を合わせているという事実は、この研究の他の欠点です。 5 。結論 この病院ベースの研究は、インドの高齢者の睡眠シナリオに関して重要な結論を導きます。インドの高齢者における不眠症の有病率は32%と推定されています。それは不眠症と年齢の増加、居住地(農村部または都市部)、鬱病、そして中毒との間に正の相関関係を描く。従ってそれは顕著な介入の場所を識別し、高齢者集団における不眠症の重要性を評価する。それはまた、研究によって強調された身体的または社会的属性のいずれかが実際に不眠症の病因において原因となる役割を持っているかどうかを決定するためのコホート研究の基礎を築く。これらの関連性の生理学的および分子的根拠を決定するためにさらなる研究も必要です。不眠症の実際の有病率と発生率のデータを決定するために、農村部と都市部の両方の環境からの幅広い集団を含むインド亜大陸での多施設観察研究の必要性もある。 利益相反 作者は宣言する利益の衝突を持っていません。 参考文献 1 米国睡眠医学アカデミー 睡眠障害の国際分類:診断およびコーディングマニュアル (第2版)、睡眠医学のアメリカアカデミー、ウェストチェスター、イリノイ(2005 ) Google Scholar 2 AD クリスタル 不眠症の定義、用語、および分類が臨床診療に及ぼす影響 JアムGeriatr SOC 、53 (補遺7。 )( 2005 )、頁S258 – S263 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 3 S. Ancoli -Israel 、L. Aayalon 高齢者における睡眠障害の診断と治療 アムJ Geriatr精神医学、14 (2006 )、頁。95 – 103 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 4 JJ ハリントン、T。 リー – チオン Jr. 睡眠以上の患者 Clin Chest Med 、28 (2007 )、673 – 684 頁。 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 5 MH ボンネット、DL アラン 我々は慢性的な睡眠不足です Sleep 、18 (2013 )、pp。908 – 911 Google Scholar 6 CP ポラック、D. Perlick 、JP Linsner 、J. Wenston 、F. 謝 死と介護ホームの配置の予測因子として高齢社会における睡眠の問題 J Community Health 、15 (1990 )、pp。123 – 135 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 7 S. Subramanian 、S. Surani 高齢者の睡眠障害 老年医学、62 (2007 )、頁。10 – 32 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 8 V. Verhoeven 、ML ハルトマン、J. Wens 、B. Sabbe 、P. Dieleman 、G. Tsakitzidis 、ら。 ベルギーの特別養護老人ホームにおけるハッピーピル:処方パターンおよび転倒リスクとの関係を決定するためのコホート研究 J CLIN Gerontol Geriatr 、5 (2014 )、頁。53 – 57 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 9 DJ フォーリー、A. Monjan 、EM Simonsick 、RB ウォレス、DG ブレザー 発生率と高齢者の間で不眠症の緩解:3年間で6,800名の疫学研究 睡眠、22 (補遺2 )(1999 )、頁S366 – S372 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 10年 DR Mazzotti 、C. Guindalini 、AL ソーサ、CP フェリ、S. Tufik 有病率と低・中所得国における高齢者における睡眠の苦情のための相関:66分の10認知症研究グループの調査 Sleep Med 、13 (2012 )、697 – 702 頁 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 11 インドの家族の社会的分類で提案された BG Prasad Changes J Indian Med Assoc 、55 (1970 )、pp。198 – 199 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 12年 AK Agarwal 社会分類:現在のシナリオで更新する必要性 インドJコミュニティメッド、33 (2008 )、頁。50 – 51 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 13年 JI シェイク、JA 野蛮 老年うつ病スケール(GDS):最近の証拠と短い版の開発 Clin Gerontologist 、5 (1986 )、pp。165 – 173 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 14年 米国国立衛生研究所(NIH)の合意声明 高齢者の睡眠障害 Int J Technol Assess 、8 (1992 )、pp。211 – 212 Google Scholar 15年 DJ Buysse 、CF レイノルズ 3世、TH モンク、SR バーマン、DJ クッパー The Pittsburgh Sleep Quality Index:精神科の実践と研究のための新しい楽器 Psychiatry Res 、28 (1989 )、pp。193 – 213 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 16 DJ フォーリー、AA Monjan 、SL ブラウン、EM Simonsick 、RB ウォレス、DG ブレザー 高齢者の間でスリープからの苦情:3つの地域社会の疫学研究 Sleep 、18 (1995 )、pp。425 – 432 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 17年 MM Ohayon氏、MA Carskadon 、C. Guilleminault 、MV Vitiello 健常者では、古い時代に子供の頃からの定量的睡眠パラメータのメタ分析:人間の寿命全体に規範的な睡眠値を開発 Sleep 、27 (2004 )、pp。1255 – 1273 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 18年 MT Tsou 台湾北部の地域在住高齢者における不眠症の有病率と危険因子 J CLIN Gerontol Geriatr 、4 (2013 )、頁。75 – 79 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 19年 CL Chu 、 台湾における高齢者の LK Chen 不眠症およびベンゾジアゼピンの使用 J CLIN Gerontol Geriatr 、4 (2013 )、頁。67 – 68 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 20 DA Katz 、CA McHorney 慢性疾患患者における不眠症の臨床的相関 Arch Intern Med 、158 (1998 )、1099 – 1107ページ Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 21 E. シャハル、CW ホイットニー、S. レッドライン、ET リー、AB ニューマン、FJ ニエト、ら。 睡眠呼吸障害と心血管疾患:Sleep Heart Health Studyの横断的結果 アムJ Respirクリティカルケアメッド、163 (2001年)、頁。19 – 25 CrossRef Google Scholar 22 JT Willerson 、 心血管危険因子としての PM Ridker 炎症 循環、109 (2004年の)、頁。2 – 10 Google Scholar 23 MR アーウィン、M. 王、D. リベイロ、HJ チョ、R. オルムステッド、EC ブリーン、ら。 睡眠喪失は細胞性炎症シグナル伝達を活性化する Biol Psychiatry 、64 (2008 )、pp。538 – 540 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 24 K. シュピーゲルホルダー、C。 ショルテス、D。 リーマン 不眠症と心血管疾患との関連 NATサイスリープ、2 (2010 )、頁。71 – 78 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 25年 FY Hsiao 、PH Hsieh 、CS Gau 高齢者におけるz-睡眠薬の処方における10年間の傾向:台湾における全国的な横断的研究 J CLIN Gerontol Geriatr 、4 (2013 )、頁。37 – 41 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 26 RR Grunstein グローバルな睡眠と健康問題に関する展望 Jナショナル・インスト公衆衛生、61 (2012 )、頁。35 – 42 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 27年 M. Vandeputte 、A. デWeerd 睡眠障害や抑うつ感情:ベック抑うつ尺度とグローバル調査 Sleep Med 、4 (2003 )、pp。343 – 345 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 28年 R. Manber 、AS Chambers 不眠症と鬱病:多面的な相互作用 Curr Psychiatry Rep 、11 (2009 )、pp。437 – 442 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 29年 RM ベンカ、MJ ピーターソン 不眠症とうつ病 Sleep Med 、9 (2008 )、pp。S3 – 9 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 30 PA Tabloski 、O. Maranjian Church Insomnia、地域在住の高齢者におけるアルコールと薬物の使用 J Subst Use 、4 (1999 )、pp。147 – 154 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 31 JR ・ヒューズ、SW ガスト、K. スクーグ、RM キーナン、JW フェンウィック タバコ離脱症状:複製および拡張 アーチゲン精神医学、48 (1991 )、頁。52 – 59 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 32 T. ロス ワークショップ参加者。睡眠障害の効果的な管理は物質依存を軽減しますか? 薬、69 (2009 )、頁。65 – 75 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 著作権©2014発行Elsevier台湾LLC。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2210833514000598