このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
慢性不眠症障害が一般的な状態であり、これらの個人のかなりの割合が閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)も持っています。これら2つの睡眠障害は異なる病態生理学を有し、そして異なる治療アプローチで管理される。高い併存症率は、不眠症を併発するOSAの集学的治療を検討する新たな研究の触媒となっています。この記事では、我々は説明無作為化臨床試験の認知行動療法不眠症のための(CBT-I)および気道陽圧をOSAの場合は(PAP)。参加者は、3つの治療の組み合わせのうちの1つを受けるように無作為化されます。治療群Aに無作為に割り付けられた個体は、治療群Bにおいて、CBT − 1で始まりPAPが続く順次治療を受ける。CBT − 1およびPAPは同時に投与される。これらの治療群は、個体がPAPのみを受ける対照状態、治療群Cと比較される。不完全な要因研究デザインを採用することで、標準治療のみ(アームC)と比較して集学的治療(アームAおよびB)の有効性を評価することができます。さらに、2つの異なる併用治療シーケンス(アームAおよびアームB)への個体の無作為割付けは、PAPおよびCBT − 1の同時治療と比較した、CBT − 1およびPAPの連続投与の利点を理解することを可能にするだろう。
前の記事次の記事
キーワード
閉塞性睡眠時無呼吸不眠症ランダム化臨床試験不完全な要因計画
著作権©2016 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1551714415301488