このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

メタ認知的側面は、原発性不眠症の顕著な精神的パターンです。

メタ認知的信念は、原発性不眠症の病因および/または維持において基本的なものと見なされるのに適格である。

Metacognitionsアンケート-Insomnia:MCQ-I-規模は、原発性不眠症患者を定義する上でより高い感度を示しました。

MCQ – 私は原発性不眠症のメタ認知モデルを開発するのに役立ちます。
抽象
目的
メタ認知的側面が原発性不眠症(PI)の特定の精神的なパターンであるのか、それとも睡眠変化の非特異的な相関関係であるのかを特定すること。
方法
睡眠の質(ピッツバーグ睡眠の質指数:PSQI)、不安(自己評価不安状態:SAS)、うつ病(ベックうつ病目録:BDI)およびメタ認知(メタ認知アンケート – 不眠症:MCQ-I)は、PI患者24名で評価されました、13いびきと17人の健康なコントロール。ランク変換されたPSQI、BDI、SASおよびMCQ − 1スコアを、グループ間因子としての一元配置分散分析にかけた。PSQIは、共変量としてMCQ − 1、BDIまたはSASを用い、中間因子として群を用いた三元共分散分析(ANCOVA)にかけられた。事後分析は、Sidak補正とのペアワイズ比較を用いて行った。
結果
予想通り、PSQIスコアは3つのグループを有意に区別していました:PIは最高スコアを持ち、その後にいびきと健常者が続きました。PI被験者は、いびきをかいた人および健康な対照よりも有意に高いMCQ-1スコアを示した。後者のグループ間に違いは見られなかった。共変量としてMCQ-1を用いたPSQIのANCOVAは、PIといびきをかく人との間の睡眠の質の差を廃止したが、BDIまたはSASの共変量は群間の睡眠の質の差を変化させなかった。
結論
これらの予備的結果は2つの主な結論を導く:(i)いびきをかく人および健康な対照と比較した場合、メタ認知的側面はPIにおいてより顕著である。(ii)MCQIは、PSQIと比較して、PI患者の定義においてより高い感度を示す。これらの所見がさらなる研究によって確認され拡大されれば、原発性不眠症の特定のメタ認知モデルの開発が正当化されるかもしれない。
前の記事次の記事
キーワード
認知行動療法不眠症邪魔なネガティブな考えメタ認知的信念原発性不眠症のモデル睡眠の質が悪い
著作権©2014 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945714001580