このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

この研究は、精神科入院患者におけるCBT-1の有効性に関する証拠を提供します。

主観的睡眠の質(PSQI)に関するCBT-Iのための管理されたDBAS、PSAS、SHP、およびBZDの使用。

対象は鬱病性障害および併発性不眠症の患者であった。

読者は精神科入院患者のためのCBT-Iについての包括的な概念を持つことができます。
抽象
目的
我々は、うつ病および併発性不眠症と診断された入院患者における不眠症に対する認知行動療法(CBT-1)の効果を評価した。
方法
この研究では、前向き並列グループデザインを使用しました。実験群は6週間にわたって週1回90分以内にCBT-1を受け、対照群は不眠症のための健康教育マニュアルしか持っていない。以下の質問票がベースラインで投与された:鬱病に対するハミルトン評価尺度(HAM − D)、睡眠に関する機能障害的信念および態度(DBAS)、睡眠前覚醒尺度(PSAS)、睡眠衛生診療(SHP)、およびピッツバーグ睡眠品質指数。質問票は、6週間のCBT-I介入の完了後およびCBT-Iの完了から1か月後に再登録され、CBT-I介入の効果を経時的に判定した。
結果
その結果、1ヵ月の追跡評価でPSQIスコアの有意差が観察されたが、2群間のCBT-I介入の完了時にPSQIスコアの有意な群間差は見られなかった。
結論
結論として、我々はBZD用量と傾向スコアをコントロールした後にCBT-Iを受けた患者で全体的な睡眠の質が有意に改善され、CBT-Iが鬱病患者の睡眠の質を改善するための有用な臨床戦略を表すことを示唆するそして不眠症を併発します。
前の記事次の記事
キーワード
認知行動療法睡眠の質睡眠衛生うつ病不眠症
全文を見る
著作権©2015 Elsevier Ltd.すべての権利予約。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005796715300231