このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
前書き
一般集団における不眠症には様々な薬理学的および非薬理学的治療が有効であるが、パーキンソン病における不眠症は重要な点で異なり、異なる治療を必要とする可能性がある。パーキンソン病における効果的な不眠症治療法を決定的に示した研究はない。
方法
パーキンソン病の不眠症患者を対象とした非活性プラセボと比較して、非薬理学的治療(明かりのある治療を伴う認知行動療法)またはドキセピン(10 mg /日)を評価する3群6週間の無作為化予備試験を実施しました。睡眠転帰には、不眠症の尺度、臨床的な世界的印象、睡眠日記およびアクティグラフィーが含まれていた。二次的な結果には、運動の重症度、疲労、鬱病および生活の質が含まれていました。
結果
18人の患者が各群6人に無作為に割り付けられた。プラセボと比較して、ドキセピンは不眠症重症度指数(-9±5.4対-2±3.9、p = 0.03)、SCOPA-夜間スコア(-5.2±1.5対-2.3±2.8、p = 0.049)を改善した。ピッツバーグ睡眠品質指数 – 睡眠障害はサブスケール(-0.5±0.5対0.2±0.4、p = 0.02)であり、患者および検査者評価の臨床的世界規模の変化の変化(1.7±0.8対0.5±0.8、p = 0.03および1.4) ±0.5対0.3±0.5、p = 0.003)。二次転帰では、ドキセピンは疲労重症度スケールを減少させ(p = 0.02)、モントリオール認知評価のスコアを改善しました(p = 0.007)。非薬理学的治療は、不眠症重症度指数を減少させ(-7.8±3.8対-2.0±3.9、p = 0.03)、臨床的に世界的な変化の印象(p = 0.006)を報告したが、パーキンソン病の減少と関連していたアンケート-39。アクティグラフィーの結果を含む他の一次的および二次的結果に変化はなかった。有害事象は全群で同程度であった。
結論
ドキセピンおよび非薬理学的治療は、パーキンソン病における不眠症を実質的に改善した。これらの潜在的な利益は完全な確認のある無作為化比較試験で再現されなければなりません。
前の記事次の記事
キーワード
パーキンソン病不眠症処理
クラウン版権©2013 Elsevier Ltd.に帰属。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1353802013001193

関連記事はこちら