このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
家族性成分を含む、不眠症のいくつかの素因が仮定されています。ただし、このトピックに焦点を当てた研究はほとんどありません。本研究の目的は、慢性不眠症の一等親血縁者における不眠症の有病率を評価し、散発性不眠症と家族性不眠症の症状を比較することです。
方法
256人の連続した慢性不眠症が臨床面接、心理測定的質問票、不眠症の家族歴に関する質問票、そして指示された場合は睡眠ポリグラフを完了した。家族における不眠症の基礎率の発生率を推定するために対照群を実施した。
結果
原発性(n = 77)および精神医学的(n = 104)不眠症の患者は間違いなく含まれた。原発性不眠症を有する人々のうち、72.7%が家族性不眠症を報告したのに対し、非不眠症対照群では24.1%を報告した。精神科不眠症のうち、43.3%が家族性不眠症を報告した。母親は、最も頻繁に影響を受けた親戚でした。発端者および一等親血縁者によって評価された不眠症の家族罹患率の間の比較は高い一致を示す。家族性および原発性不眠症では発症時の年齢が若くなる傾向が観察された。
結論
この研究は、発症時の早い年齢の原発性不眠症におけるさらなる遺伝学的研究を正当化する、不眠症の家族性凝集の有意な増加を報告しています。
前の記事次の記事
キーワード
発症年齢家族発生遺伝的不眠症

この論文は2002年のReckyavikのEuropean Sleep Research Societyで口頭発表として発表されました。
著作権©2005 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399904006373