このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
不眠症の広範な有病率および重要な影響にもかかわらず、その病態生理学についてはほとんど知られていない。利用可能なモデルは、主に心理学の分野に存在し、不眠症管理に対する行動療法アプローチの実証された有効性に由来する。ただし、これらのモデルは、慢性原発性不眠症の解剖学的または生理学的基盤についてはほとんど具体的な予測を提供します。一方、睡眠生理学に関するデータの増加は、考えられる病態生理学的メカニズムの合理的に制限された概観、ならびに将来の研究を導くための不眠症の生理学的モデルの開発を支持している。
実用的なステップとして、これらのモデルは、併存性不眠症とは対照的に、一次性不眠症に焦点を当てています。哺乳類の脳における睡眠の調節および覚醒の現在の理解は、4つの広い候補領域を支持している:1)睡眠恒常性の中断。2)概日時計の中断。3)睡眠状態の発現に関与する内因性システムの崩壊。または4)通常の睡眠 – 覚醒調節を乗り越えることができる外因性システムの混乱(多動)。
このレビューは4つの候補病態生理学的メカニズムのそれぞれとそれぞれを支持する利用可能なデータを調べます。各モデルの生存率を直接テストする研究はまだ利用可能ではないが、原発性不眠症に関する記述的データは、原発性慢性不眠症の病理学における機能不全の外因性ストレス反応システムの関与を支持している。
前の記事次の記事
キーワード
一次性不眠症生理学的モデル睡眠覚醒ホメオスタット概日時計応力応答
2008年1月にオンラインで入手可能
著作権©2007 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945708700030