このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
我々は、全国的に代表的な人口ベースのコホートの保険金請求を使用して、長期にわたる医療を求める罹患率および不眠症の発生率を評価した。
方法
参加者は2002年から2009年の間に台湾の国民健康保険登録者から識別されました。不眠症の個人は780.52、307.41、および307.42の国際疾病分類、第9改訂、臨床修正(ICD-9-CM)診断および手順コードを使用して識別されました。
結果
2009年の不眠症の有病率は女性で5.4%、男性で3.0%でした。不眠症の発生率は女性で1.6%、男性で1.3%であった。女性であった患者(オッズ比[OR])、1.82。95%信頼区間[CI]、1.79-1.86)、より年齢が高かった(50-64 歳:OR、23.25; 95%CI、21.07-25.64;約65 歳:OR、24.70; 95%CI、22.40-27.24)そして、中社会経済的地位(SES)グループ(OR、1.19、95%CI、1.16-1.21)にいた人のほうが、不眠症である可能性が高かった。不眠症の有病率について逆U字型の男女比の傾向が見いだされ、この比は更年期移行期の前後でピークに達した。
結論
女性では、不眠症に対するヘルスケアを求める行動の持続がより一般的でした。我々の調査結果は、不眠症の自然治癒を待つのではなく、早期に治療を開始する必要性を強調しています。将来の研究では、不眠の持続の原因を特定し、その増加する有病率を減らすための適切な介入を開発する必要があります。特に不眠症のリスクが高い女性には、不眠症の予防戦略に対するより積極的なアプローチが必要です。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症有病率入射持続性経度アジア人
1
これらの作者も同様にこの研究に貢献しました。
著作権©2013 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945713001780