このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
催眠依存を伴う慢性不眠症の人の人格障害の有病率および不眠症パラメータとのそれらの関係を決定すること。
方法
催眠依存を伴う慢性不眠症の成人84人がSCID-IIパーソナリティアンケート、2週間の睡眠日誌、睡眠ポリグラフ、および不眠症の重症度、影響、疲労の重症度、うつ病、不安、および生活の質の尺度を完成した。頻度、被験者間t検定および階層的回帰モデルを実施した。
結果
クラスターCの人格障害は最も蔓延していた(50%)。強迫性格性障害(OCPD)が最も一般的でした(n = 39)。人格障害のない参加者と比較したこれらの個人は、客観的および主観的な睡眠パラメータに違いはありませんでした。しかし、彼らは不眠症に関連した昼間の機能が劣っていました。OCPDおよび回避性人格障害の特徴は、昼間の機能低下と関連していた。OCPDの特徴はより大きな疲労の重症度に関連しており、そして目覚め時間の過大評価は傾向があった。統合失調症および統合失調症の特徴は、不眠症の重症度と正に関連していた。依存性人格障害の特徴は、起きている時間を過小評価することに関連していました。
結論
催眠薬依存を伴う慢性不眠症患者では、クラスターCの人格障害が非常によく見られました。クラスターCおよびAの人格障害の特徴は、貧困に関連する昼間の機能低下、疲労、および夜間の覚醒の推定と様々に関連していた。将来の介入はこれらの人格特性に対処する必要があるかもしれません。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症催眠依存人格障害クラスターC人格障害睡眠覚醒知覚デイタイム機能
著作権©2012 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945712002213