このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
(1)幼児の睡眠と摂食、および行動の不眠症、摂食障害および健康管理のある子どもの母親の母親のうつ病に関する母親の認識、および(2)睡眠に関する母親の認識と摂食に関する認識との関連を調査する。
方法
行動不眠症または摂食障害のいずれかを有する6〜36 月齢の小児が採用された。6 歳から36 ヶ月齢の元気な診療所に通った子供たちが採用され、コントロールとして奉仕しました。参加者の母親は、子供の睡眠や摂食習慣に対する認識や認識、そして自分自身の鬱病についての3つの質問票に回答しました。
結果
合計230人の子供(行動不眠症の31人、摂食障害の29人、170人の対照)が登録された。彼らの平均年齢は16.1 ± 7.6 ヶ月でした。母親の認知/睡眠についての認識(母親の認知幼児睡眠調査票、MCISQ)は、行動不眠症群と摂食障害群の間で有意差はありませんでした。MCISQスコアは、行動不眠症群において対照と比較して有意に高かった(P < .02)。摂食障害を持つ子どもの母親は、彼らが自分の子供(供給時にかなり多くの欲求不満や不安なことが報告P < 0.0005)を、十分な食料を得て自分の子供についてはあまり自信が(P < そして、対照と比較して食事時の子供の行動を管理する彼らの能力に自信がありません(P < .02)。MCISQスコアとBeck Depression Inventoryスコアの間(r = 0.29、P < .0002)、およびMCISQスコアと子供の摂食スコアの母親の認識の間(r = 0.26、P < .0002)に有意な正の相関が見られました。。後者は、母親のうつ病を抑制した後も有意なままであった(r = 0.25、P < 0.002)。 結論 行動の不眠症または摂食障害を持つ子供の母親は、睡眠と摂食についての認識に関して、対照の母親とは大きく異なります。乳児の睡眠行動に関する母親の認識は、乳児の摂食に関する認識と相関していた。母親の認知は、子供の睡眠障害と摂食障害の両方における介入の標的として役立つ可能性がある修正可能な要因です。 前の記事次の記事 略語 ICSD睡眠障害の国際分類MCISQ母性認知乳児睡眠調査票BPFAS行動小児科栄養評価尺度BDI-IIベック鬱病目録 – II キーワード 睡眠乳児期不眠症給餌子供母方認知うつ病 1 イスラエルのテルアビブ、テルアビブ大学のサックラー医学部に所属。 著作権©2012 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S138994571200408X