このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
実際の診療における不眠症の診断率や治療法の相関関係に関する情報はほとんどありません。研究の目的は、全国的に退役軍人健康管理局(VHA)において、1年の有病率、向精神薬による薬物療法、および診断された不眠症の臨床的相関を同定することでした。
方法
この研究では、2010年にVHA治療を受けているすべての個人の全国管理データを使用した。併存疾患の診断に加えて、不眠症の受信は、関連する国際疾病分類(ICD)-9診断コードを使用して識別された。不眠症に関連する向精神薬処方フィルおよび併存疾患の調整平均数は、二変量および多変数回帰モデルを使用して同定された。
結果
2010年にVHA治療を受けている5,531,379人のうち、190,378人(3.4%)が不眠症の診断を受けています。臨床的特徴を制御して、不眠症の診断の存在は、年間を通して平均4回の向精神薬の処方薬充填と関連していた。人口学的特性の中で、イラク/アフガニスタンにおける最近の対立への展開(調整後オッズ比(AOR) = 1.62)は、最も強い独立した関連性を示したが、予想外に、年齢は不眠症との関連性を示さなかった。診断変数の中で、心的外傷後ストレス以外の不安障害(AOR = 2.12)および大うつ病以外のうつ病性障害(AOR = 2.05)は、不眠症との最も強い独立した関連性を示した。
結論
不眠症の診断は、全国VHA管理データにおける精神医学的共存症の存在を控除した、より向精神的な処方箋の充填と関連しており、診断された不眠症の有病率は一般集団の系統的調査で見られるものより低い。最適な治療への障害。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症疫学退役軍人精神障害薬理疫学睡眠障害
Elsevier BVによって出版された

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945714000392