このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症は、PDでは一般的ですが永続的な症状ではありません。

不眠症とうつ病は密接に関連しています。

運動変動およびドーパミン作動薬の使用は、PDのより重度の不眠症と関連しています。
抽象
前書き
不眠症は、縦断設計ではほとんど研究されていないパーキンソン病(PD)の衰弱症状です。不眠症の発生に関連する要因についての知識は、根底にある病態生理学についての理解を深めるための手がかりを提供し、早期発見を促進する可能性がある。
本研究の目的は、PD患者における不眠症の重症度の経時的変化に関連する経過および要因を調べることである。
方法
毎年調査された421人のPD患者を対象とした5年間の縦断的コホート研究(2003年〜2011年)であるSCOPA-PROPARKコホートのデータで分析が行われた。SCOPA-SLEEP-夜間睡眠(NS)問題セクションのスコアの経時的変化に関連する因子を同定するために、線形混合モデルを使用した。どの基線変数が不眠症の異なる側面(睡眠開始または維持困難)と関連しているかを決定するために一般化推定方程式(GEE)分析を行った。
結果
ベースラインのSCOPA-SLEEP-NSスコアは412人の患者に利用可能であり、そのうち110人(27%)が不眠症であった(すなわち、スコア≧7)。残りの302人の患者のうち、99人(33%)が追跡調査中のある時点で不眠症を発症した。より重度の抑うつ症状、運動の変動、より高いドーパミン作動薬用量および睡眠薬の使用は、経時的により高いSCOPA-SLEEP-NSスコアと独立して関連していた。GEE分析では、不眠症の特定の側面に影響を与える独自の一連の決定基は同定されていません。
結論
抑うつ症状の存在、運動の変動、および高用量のドーパミン作動薬の使用は、より重篤な不眠症と関連しています。これらの側面への注意は潜在的にPDの不眠症の症状のより良い管理に貢献するかもしれません。
前号の記事次の記事問題で
キーワード
パーキンソン病不眠症危険因子
©2016 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1353802016303352