このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
大学生における不眠症治療のための鍼治療とカッピングの臨床治療効果を観察すること。
方法
不眠症を患っている92人の大学生は無作為に治療群(52例)と対照群(40例)に分けられた。鍼治療とカッピングは、治療群では脳の利益と精神の平静化のために使用され、症状と徴候の従来の区別は対照群で使用された。治療効果、治療回数、自己評価睡眠尺度(SRSS)、および減点率は、治療の1か月後に評価した。
結果
2群間で有効率に有意差があった(P <0.05)。中等度不眠症の症例では、有効率は対照群よりも治療群のほうが明らかに良かった(P <0.05)。そして軽度および中等度不眠症の症例では、前者の平均治療回数は群より有意に少なかった。後者のそれ(P <0.01)。SRSSは両群間で有意差があった(P <0.05)両群(P <0.01、P <0.05)で減少した。前者の減算率は後者のそれより大きかった(P <0.05)。 結論 治療群における治療効果は、対照群における治療効果よりも優れており、治療が少なく中等度の不眠症の症例において優位性を示し、そしてより改善されそして治癒された速度である。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症睡眠鍼カッピングを上下に動かす大学生 全文をPDFでダウンロードする 参考文献 1 G 王、JX 張、YY Xu 、等。 一般集団における睡眠の質の現状 J of Health Psychology 、10 (2002 )、pp。430 – 432 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2 JM リー、J ・チェン、SF 殷、ら。 様々な職を持つ人々の睡眠状況の調査 J of Health Psychology 、8 (2000 )、pp。596 – 600 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 3 JM Li 自己評価睡眠スケーリング(SRSS) J of Health Psychology 、8 (2000 )、pp。353 – 354 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 4 JM リー、SF 殷、JX ドゥアン、ら。 SRSSによって推定された13273人の正常被験者における睡眠状況の分析 J of Health Psychology 、8 (2000 )、pp。351 – 353 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 5 CS ヤン 鍼灸治療、上海科学技術出版社、上海(1985 )、頁。65 – 66 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 6 XM シェン 子供たちの睡眠とその睡眠障害、People’s Medical Publishing House 、北京(2002 )、p。11 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 7 YL Lian 中国の鍼灸における100の重要なポイントのワーキングワンダー、Neimenggu科学技術出版社、Huhehaote (2003 )、p。41 268。 Scopus Google Scholarでレコードを表示する この研究は、聊城大学科学研究プロジェクト(X051024)からの助成金によって支援されました。 要約を見る 著作権©2010年の伝統的な中国医学のジャーナルの編集委員会。Elsevier(Singapore)Pteによって発行されました。株式会社 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0254627210600386