このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症の認知行動療法(CBT-I)は、大学生の睡眠を改善しました。

睡眠の結果は、一般および高齢者集団で見られたものと同様でした。

ほとんどの心理社会的機能転帰は有意に改善しなかった。

いくつかの心理社会的転帰について中程度の効果の大きさが見出された。

心理社会的な結果は、床の効果によって弱められているかもしれません。
抽象
本研究の目的は、不眠症に対する認知行動療法(CBT-I)が、大学生の不眠症および昼間の機能に対する効果的な介入であるかどうかを試験的に検証することでした。大学生の発達段階およびライフスタイルは一般成人集団とは大きく異なりますが、この年齢層ではCBT-Iの研究はありません。
34人の大学生(年齢18-27歳; M = 19.71、SD = 2.10)が無作為に割り当てられ、6セッションのCBT-Iまたは6週間の待機リスト管理(WLC)のいずれかを完了した。すべての参加者は、1週間の睡眠日記とアクティグラフィー、ならびにベースライン時と治療後の睡眠時および日中の機能に関するアンケートを完了しました。治療群は、 3ヶ月のフォローアップですべての措置を繰り返しました。
CBT-Iは、睡眠効率の後処理の改善に大きなベースラインを示した受け取った学生入眠潜時、多くの覚醒、時間起きて睡眠開始、後の睡眠の質、不眠症の重症度、睡眠、全身倦怠感、そしてよりグローバルな睡眠の質についての機能不全の信念をWLCグループ これらの改善は3か月の追跡調査でも持続しました。CBT-1状態の参加者の94%が少なくとも4セッションの治療を完了した。WLC群よりもCBT-1群の方が有意に多くの参加者が回答し(それぞれ68.8%対7.7%)、寛解した(それぞれ68.8%対15.4%)。
CBT – 私は大学生の不眠症のための効果的な治療法です。この研究は、治療反応が一般集団における研究からの結果と類似していることを見出しました。治療は非常に低い消耗率に基づいて十分に許容されるように見えた。
前の記事次の記事
キーワード
認知行動的治療不眠症カレッジ

この作品は、ノーステキサス大学からの小さな助成金[ G33817 ] によってサポートされていました。
全文を見る
著作権©2014発行Elsevier Ltd.

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005789413001433