このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
自発的K-複合体は、急速でない眼球運動睡眠に特有の脳波学的特徴です。この相性事象は睡眠保護機構であることが示唆されている。不眠症患者は睡眠量および質が悪いと報告しているので、この研究の目的は慢性不眠症の個人のステージ2睡眠における自発的K-複合体の発生を記録することであった。具体的には、自発的なK複合体の数と密度が、精神生理学的不眠症患者で研究された。
設定
この研究は、睡眠および事象関連電位研究所で行われました。
設計
睡眠ポリグラフ記録の4連泊プロトコルの2日目と3日目のステージ2の睡眠中に、自発的なK複合体を記録した。
参加者
このサンプルには、精神生理学的不眠症に罹患している14人の参加者(INS群;平均年齢= 44.1歳)および14人の眠っている人(平均年齢= 38.1歳)が含まれた。参加者は睡眠と心理的評価を受けた。INS群の参加者は、一次精神生理学的不眠症の診断基準を満たした(不眠症の平均期間= 9.6歳)。
介入
適用できません。
結果
自発的K-複合体の総数および段階2の睡眠に費やされた合計時間による密度(1分あたりの自発的K-複合体)をまとめた。分散の反復測定分析は、INS群(313.98と2.66)とGS群(361.10と2.88)の間で自発的K錯体の数と密度にそれぞれ有意差を示さなかった。
結論
これらの結果は、自発的なK複合体の数と密度によって測定されるように、良い睡眠者と比較して、精神生理学的不眠症患者の睡眠保護メカニズムに欠陥がないことを示唆している。
前の記事次の記事
キーワード
Kコンプレックス不眠症睡眠保護メカニズム
著作権©2009 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399909000336