このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
概日リズムは24時間にわたる睡眠能力に強い影響を与えます。最大の眠気は、より低い内因性の中核体温の段階で起こる。この期間は2つの警戒期間によって囲まれています。すなわち、 最低気温の6〜10 時間前の「覚醒維持ゾーン」と、4〜7の「覚醒ゾーン」です。 最低後のh。それゆえ、概日リズムが試みられた睡眠期間に関して早くドリフトする場合、目覚めゾーンは通常の睡眠期間の終わりに衝突し、早すぎる目覚めおよび早朝の目覚め不眠症の発症をもたらし得る。同様に、概日リズムの遅延は、就寝時刻に覚醒維持域を課し、睡眠不眠を引き起こす可能性がある。したがって、これら2つのタイプの不眠症は、明るい光や、おそらくメラトニン投与などの時間生物学的効果で治療できるはずです。通常の起床時の明るい光刺激とメラトニン投与4–8 通常の就寝前のhは、概日リズムをより早い段階に進めることができます。朝の明るい光が睡眠時不眠症に対して有効であったが、夕方のメラトニン投与はまだ試験されていない。早朝の目覚め不眠症は、夕方の明るい光によって課される位相遅れで治療されたが、朝のメラトニン投与ではまだ治療されていない。それぞれ、概日の遅れまたは進行の証拠を示す、慢性的な睡眠の開始および早朝の目覚め不眠症の治療のためのブライトライト療法などの時間生物学的操作の考慮を正当化するのに十分な証拠がある。
前の記事次の記事
キーワード
概日リズム入眠不眠症早朝の不眠症進行性睡眠相症候群遅延睡眠相症候群不眠症治療
著作権©2006 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945706006265