このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
前書き
多くの癌患者は、癌治療の完了後数年間持続し得る睡眠障害を経験する。以前の研究では、鍼治療と鍼治療の変種(鍼治療、耳介治療)が睡眠障害に対する効果的な治療法の選択肢となり得ることが示唆されています。ただし、現在の証拠は癌患者に限られています。
方法
3本の腕による実現可能性研究 不眠症の 7人の癌患者は、耳介療法(精液Vaccariae種子を耳のツボにつける)(n = 4)、自己指圧( n = 1)、または治療なし( n = 2)のいずれかに無作為に割り付けられました。耳介療法または自己指圧療法を受けるように割り当てられた参加者は、就寝前に毎晩1時間毎に経穴を刺激した。参加者の参加期間は5週間でした。主観的な睡眠の質は、ピッツバーグの睡眠の質の指標を使用してベースラインおよび治療後に測定された (PSQI)参加者自身にとっての重要性の懸念に対する治療の影響は、あなた自身の懸念と幸福の尺度(MYCaW)を用いて測定された。各参加者はまた治療ログブックを完成させた。
結果
参加者全員が治療を完了しました。すべての耳介療法および自己指圧療法の参加者は、グローバルPSQIスコアの臨床的に有意な改善を記録しました。耳介治療群では、全世界的PSQIはベースライン時の12.5から治療完了後の8に減少した。自己指圧治療群ではPSQIは15から11に減少したが、無治療群では平均PSQIスコアはベースラインと追跡調査の両方で14.5であった。
結論
限られたサンプルサイズにもかかわらず、耳治療と自己指圧の両方が不眠症の癌患者のための潜在的に有効な治療法を表すかもしれません。肯定的な調査結果はそれ以上の研究が両方の治療法に正当化されることを示唆する。
前の記事次の記事
キーワード
癌不眠症耳治療指圧
全文を見る
著作権©2015 Elsevier GmbH。全著作権所有。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1876382015300251