このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
神門ポイントで指圧すると(HT7として指数表示)不眠症を改善することができますが、長期介護施設の居住者のためにその有効性を評価するための縦断的な研究はありません。現存する文献からの証拠は、指圧を止めた後にその有効性がどれだけ長く維持され得るかを示すものではない。
目的
本研究の目的は、不眠症のある長期介護施設の居住者にとって、Shenmenポイントに対する指圧の有効性を評価することであった。
方法
長期介護施設で不眠症の50人の住民が無作為化対照試験に登録され、25人が実験群に、25人が対照群に割り当てられた。5週間の間、実験群は両方の手首のHT7点に標準指圧を受けたが、対照群は同じ場所に軽い触覚のみを受けた。不眠症は、Athens Insomnia Scale-Taiwanフォーム(AIS-T)を用いて測定した。参加者の自己申告スコアは、ベースライン時、5週間の間、そして介入後に行われた。本研究は治療意図の手順について分析された。
結果
実験群は、介入期間中だけでなく、一般化推定式によって示されるように、介入後にも広がる、対照群と比較して、AIS-Tに関して有意に良好なスコアを有する(p < 0.05)。 結論 定期的に指圧を提供することは、長期介護施設の居住者の不眠症を改善する可能性があります。HT7のポイントで指圧は介入後2週間まで不眠症を改善することがあります。 前の記事次の記事 キーワード 指圧アテネ不眠症スケール不眠症 著作権©2009 Elsevier Ltd.すべての権利予約。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0020748909003952