このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

検証された尺度を用いて一般集団における不眠症の有病率を推定する。

精神障害の診断と統計のマニュアル、第4版(DSM-IV)、精神障害の診断と統計のマニュアル、第5版(DSM-5)、国際疾病分類、第10改訂(ICD-10)、および睡眠の国際分類障害、第2版(ICSD-2)不眠症は、それぞれ22.1%、10.8%、4.7%、および15.1%と診断されます。

不眠症の罹患率は香港とアメリカで似ています。

不眠症の症状の中で、非回復性睡眠は量的基準によって最も影響を受けます。
抽象
目的
症状、定量的基準、ならびに精神障害の診断および統計マニュアル、第4版および第5版(DSM-IVおよびDSM-5)、国際疾病分類、第10改訂(ICD-10)に従った不眠症の有病率を比較する。アメリカの不眠症調査(AIS)で使用されているのと同様の方法論を採用することにより、睡眠障害の国際分類、第2版(ICSD-2)、および香港と米国の間の不眠症障害の有病率を比較する。
方法
人口ベースの疫学調査の回答者(n = 2011)は、DSM-IV、DSM-5、ICD-10、およびICSD-2不眠症を発生させる検証済み尺度である要約不眠症アンケート(BIQ)を完成させた。
結果
1週間に3日以上起きた睡眠困難、睡眠困難、早すぎる覚醒、および回復不能睡眠の加重有病率は、それぞれ14.0%、28.3%、32.1%、および39.9%でした。定量的基準が含まれている場合、有病率は、非回復性睡眠について39.9%から8.4%に、そして眠りに落ちることが困難について14.0%から12.9%に最も低下した。DSM-IV、ICD-10、ICSD-2、および3つの不眠症障害のいずれかの加重有病率は、それぞれ22.1%、4.7%、15.1%、および22.1%でした。DSM-5不眠症障害では、10.8%でした。
結論
AISにおけるDSM-IV、ICD-10、およびICSD-2の22.1%、3.9%、および14.7%と比較して、不眠症の罹患率の異文化間の差は予想されるよりも小さい。罹患率はDSM-IVからDSM-5に半減しています。おそらくその診断基準の1つである過度の懸念および先入観が不眠症の人々に常に存在するわけではないため、ICD - 10不眠症障害は最も低い有病率を有する。
前の記事次の記事
キーワード
DSM-5DSM-IV-TRICD-10ICSD-2不眠症有病率
著作権©2014 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945715000350