このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
睡眠障害は、循環性白血球における全身性炎症および細胞性炎症、ならびに炎症誘発性転写プロファイルの活性化に関連している。不眠症に関連した苦情を標的とする治療が、不眠症の高齢者におけるこれらの炎症のマーカーを逆転させるかどうかは知られていません。
方法
この無作為化試験では、不眠症の高齢高齢者123人を不眠症の認知行動療法(CBT-1)、太極拳(TCC)、または睡眠セミナー教育のアクティブコントロール条件に週4時間で2ヵ月かけて無作為に割り当てた。 7 ヶ月と16ヶ月の経過観察。我々はベースラインと4ヶ月目と16ヶ月目にC反応性タンパク質(CRP)を測定した。ベースラインおよび2、4、7、および16ヶ月目に、toll様受容体4は炎症誘発性サイトカインの単球産生を活性化した。ベースライン時および4ヶ月目のゲノムワイドな転写プロファイリング
結果
睡眠セミナー教育の能動的対照条件と比較して、CBT-1はCRPのレベル(4および16ヶ月、p s <0.05)、炎症性サイトカインの単球産生(2ヶ月のみ、p <0.05)および炎症誘発性遺伝子発現を減少させた。(4ヶ月、p <0.01)。TCCはCRPをわずかに減少させ(4ヶ月目、p= 0.06)、そして炎症誘発性サイトカインの単球産生を有意に減少させ(2、4、7、および16ヶ月;すべてp<0.05)そして炎症誘発性遺伝子発現(4ヶ月、p<。 001)。CBT-1およびTCCにおいて、TELiSプロモーターベースのバイオインフォマティクス分析は、核因子-κBおよびAP-1の活性の低下を示した。 結論 不眠症の高齢者では、CBT − 1は全身性炎症を軽減し、TCCは細胞性炎症反応を軽減し、そして両方の処置は炎症誘発性メディエーターをコードする遺伝子の発現を減少させた。この知見は、炎症に対する不眠症治療の潜在的な有益な効果を理解するための証拠に基づく分子フレームワークを提供し、炎症性疾患のリスクにも影響を及ぼします。 前の記事次の記事 キーワード 老化認知行動療法遺伝子発現炎症不眠症太極拳 著作権©2015生物学的精神医学会。Elsevier Inc.が発行します。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006322315000797

関連記事はこちら